京都のミクロバイオスフィア

奈良で行われている「はならぁと」という芸術イベントに行ってきた。様々なエリアで同時開催されるこのお祭りで、3軒回って特に印象に残ったのは、遊郭跡で展示していた吊り下げランプの中に苔と植物を閉じ込めた作品だ。ワンタイムで無い、運用をきちんと考えて植物と向き合いながら、こう言った作品を作れるという事の素晴らしさを感じた。 ⚫︎作者のウェブサイト 盆栽と宇宙とランプ。直径20cmの球体からのぞく自然の神秘。 植栽家 Re:planter 村瀬貴昭 天井から吊るされたひとつのランプ。中をのぞくと、そこは遠い国の無人島、はたまた宇宙に浮かぶ惑星のような世界。白砂の砂漠や苔の丘、岩場が広がり、その上でさまざまな木々が枝葉を伸ばす。ときには水もあり、魚が生息しているものも…。これは、植栽家Re:planterこと村瀬貴昭さんが手がける照明器具「SpaceColony(スペースコロニー)」シリーズ。持ち主自らが剪定や水やりをし、慈しみながら育てていくスタイルも新鮮で、今関西のカフェやギャラリーショップを中心に、東京や海外までファンがぞくぞくと増え続けている。人々を惹き付けるSpaceColonyの魅力とは? そしてRe:planterとは一体何者か? 左京区のラボを訪ねてきました。(http://www.seigensha.com/magazine/kyotokyoten18)

京都のミクロバイオスフィア

奈良で行われている「はならぁと」という芸術イベントに行ってきた。様々なエリアで同時開催されるこのお祭りで、3軒回って特に印象に残ったのは、遊郭跡で展示していた吊り下げランプの中に苔と植物を閉じ込めた作品だ。ワンタイムで無い、運用をきちんと考えて植物と向き合いながら、こう言った作品を作れるという事の素晴らしさを感じた。 ⚫︎作者のウェブサイト 盆栽と宇宙とランプ。直径20cmの球体からのぞく自然の神秘。 植栽家 Re:planter 村瀬貴昭 天井から吊るされたひとつのランプ。中をのぞくと、そこは遠い国の無人島、はたまた宇宙に浮かぶ惑星のような世界。白砂の砂漠や苔の丘、岩場が広がり、その上でさまざまな木々が枝葉を伸ばす。ときには水もあり、魚が生息しているものも…。これは、植栽家Re:planterこと村瀬貴昭さんが手がける照明器具「SpaceColony(スペースコロニー)」シリーズ。持ち主自らが剪定や水やりをし、慈しみながら育てていくスタイルも新鮮で、今関西のカフェやギャラリーショップを中心に、東京や海外までファンがぞくぞくと増え続けている。人々を惹き付けるSpaceColonyの魅力とは? そしてRe:planterとは一体何者か? 左京区のラボを訪ねてきました。(http://www.seigensha.com/magazine/kyotokyoten18)

The man has a laundry in the Chao Phraya River

チャオプラヤの流れは、雄大で 見る物の気持ちを洗い流している。ガンジス川のように聖域では無いかも知れないが、それでも人々の生活の一部として溶け込んでいる。

The man has a laundry in the Chao Phraya River

チャオプラヤの流れは、雄大で 見る物の気持ちを洗い流している。ガンジス川のように聖域では無いかも知れないが、それでも人々の生活の一部として溶け込んでいる。

The Wat is made of cloud

サンセットは、雲で出来たワット(お寺)の中に消えて行った。

The Wat is made of cloud

サンセットは、雲で出来たワット(お寺)の中に消えて行った。

The Toyota car that special customized

かつてトヨタ車の中でこれほどまでにカスタマイズされた車体をみた事があるだろうか。バンパーをステンレスでつくり、屋根を載せて、デコレーション・電飾を施し、さらにはそのうえに祠(ほこら)まで備える念のいれよう。カーナンバーが付いているので、ひょっとしたら現役で走っているのかもしれない。もしそうだとしたら、その勇姿をみてみたいものだ。

The Toyota car that special customized

かつてトヨタ車の中でこれほどまでにカスタマイズされた車体をみた事があるだろうか。バンパーをステンレスでつくり、屋根を載せて、デコレーション・電飾を施し、さらにはそのうえに祠(ほこら)まで備える念のいれよう。カーナンバーが付いているので、ひょっとしたら現役で走っているのかもしれない。もしそうだとしたら、その勇姿をみてみたいものだ。

The people play in the park in Bangkok-holiday

A girl playing Badminton.A couple talking about trip.A man doing Tai Chi.

The people play in the park in Bangkok-holiday

A girl playing Badminton.A couple talking about trip.A man doing Tai Chi.

Hydrangea Temple of Kyoto in Japan

Temple has been worshiped by men and women between 1300years. It is a temple that are deified spirits Kanzeon Bosatsu Buddha-like. There is a hydrangea of 10 000 pieces out of 100 kinds.

Hydrangea Temple of Kyoto in Japan

Temple has been worshiped by men and women between 1300years. It is a temple that are deified spirits Kanzeon Bosatsu Buddha-like. There is a hydrangea of 10 000 pieces out of 100 kinds.

Lampang of Thailand

ランパーン Lampang ลำปาง 東南アジアの先住民族として、紀元前より独自の文化を持っていたモーン族。そのハリプンチャイ王国の副都として発展したランパーンは、後にクメールやランナー、ビルマの各王朝による支配を受け、さまざまな文化の影響が色濃く残る町です。旧市街地に残る二階建ての木造家屋は、歳月を経てより趣を増し、城壁や砦の遺跡、ランナー様式の寺院と共に、歴史的な遺産となっています。小ぢんまりとした町なかを、移動や散策をする際には、街の空気を肌で感じられる、名物の花馬車がおすすめです。

Lampang of Thailand

ランパーン Lampang ลำปาง 東南アジアの先住民族として、紀元前より独自の文化を持っていたモーン族。そのハリプンチャイ王国の副都として発展したランパーンは、後にクメールやランナー、ビルマの各王朝による支配を受け、さまざまな文化の影響が色濃く残る町です。旧市街地に残る二階建ての木造家屋は、歳月を経てより趣を増し、城壁や砦の遺跡、ランナー様式の寺院と共に、歴史的な遺産となっています。小ぢんまりとした町なかを、移動や散策をする際には、街の空気を肌で感じられる、名物の花馬車がおすすめです。

We went boating on the mouth of a Love-river at night in Taiwan

この夜の高雄運河に、船を浮かべて、その外を眺めると、揺らめく白や、青や、黄や、様々な色の光がきらめき心を打たれるでしょう。黒い河と空が同じような気がして、天地がひっくり返ると、そこは銀河鉄道の夜のようなふわふわとした心地になるのです。 銀河鉄道の夜 宮沢賢治 一、午后ごごの授業 「ではみなさんは、そういうふうに川だと云いわれたり、乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。」先生は、黒板に吊つるした大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった銀河帯のようなところを指さしながら、みんなに問といをかけました。 カムパネルラが手をあげました。それから四五人手をあげました。ジョバンニも手をあげようとして、急いでそのままやめました。たしかにあれがみんな星だと、いつか雑誌で読んだのでしたが、このごろはジョバンニはまるで毎日教室でもねむく、本を読むひまも読む本もないので、なんだかどんなこともよくわからないという気持ちがするのでした。 ところが先生は早くもそれを見附みつけたのでした。 「ジョバンニさん。あなたはわかっているのでしょう。」 ジョバンニは勢いきおいよく立ちあがりましたが、立って見るともうはっきりとそれを答えることができないのでした。ザネリが前の席からふりかえって、ジョバンニを見てくすっとわらいました。ジョバンニはもうどぎまぎしてまっ赤になってしまいました。先生がまた云いました。 「大きな望遠鏡で銀河をよっく調べると銀河は大体何でしょう。」 やっぱり星だとジョバンニは思いましたがこんどもすぐに答えることができませんでした。 先生はしばらく困ったようすでしたが、眼めをカムパネルラの方へ向けて、 「ではカムパネルラさん。」と名指しました。するとあんなに元気に手をあげたカムパネルラが、やはりもじもじ立ち上ったままやはり答えができませんでした。

We went boating on the mouth of a Love-river at night in Taiwan

この夜の高雄運河に、船を浮かべて、その外を眺めると、揺らめく白や、青や、黄や、様々な色の光がきらめき心を打たれるでしょう。黒い河と空が同じような気がして、天地がひっくり返ると、そこは銀河鉄道の夜のようなふわふわとした心地になるのです。 銀河鉄道の夜 宮沢賢治 一、午后ごごの授業 「ではみなさんは、そういうふうに川だと云いわれたり、乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。」先生は、黒板に吊つるした大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった銀河帯のようなところを指さしながら、みんなに問といをかけました。 カムパネルラが手をあげました。それから四五人手をあげました。ジョバンニも手をあげようとして、急いでそのままやめました。たしかにあれがみんな星だと、いつか雑誌で読んだのでしたが、このごろはジョバンニはまるで毎日教室でもねむく、本を読むひまも読む本もないので、なんだかどんなこともよくわからないという気持ちがするのでした。 ところが先生は早くもそれを見附みつけたのでした。 「ジョバンニさん。あなたはわかっているのでしょう。」 ジョバンニは勢いきおいよく立ちあがりましたが、立って見るともうはっきりとそれを答えることができないのでした。ザネリが前の席からふりかえって、ジョバンニを見てくすっとわらいました。ジョバンニはもうどぎまぎしてまっ赤になってしまいました。先生がまた云いました。 「大きな望遠鏡で銀河をよっく調べると銀河は大体何でしょう。」 やっぱり星だとジョバンニは思いましたがこんどもすぐに答えることができませんでした。 先生はしばらく困ったようすでしたが、眼めをカムパネルラの方へ向けて、 「ではカムパネルラさん。」と名指しました。するとあんなに元気に手をあげたカムパネルラが、やはりもじもじ立ち上ったままやはり答えができませんでした。

The burning dead grass in early spring at Wakakusayama in Nara.

[google-map-v3 width=”91%” height=”350″ zoom=”12″ maptype=”roadmap” mapalign=”center” directionhint=”false” language=”default” poweredby=”false” maptypecontrol=”true” pancontrol=”true” zoomcontrol=”true” scalecontrol=”true” streetviewcontrol=”true” scrollwheelcontrol=”false” draggable=”true” tiltfourtyfive=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkerlist=”34.680142,135.838643{}photo.png{}浮見堂” bubbleautopan=”true” showbike=”false” showtraffic=”false” showpanoramio=”true”]

The burning dead grass in early spring at Wakakusayama in Nara.

[google-map-v3 width=”91%” height=”350″ zoom=”12″ maptype=”roadmap” mapalign=”center” directionhint=”false” language=”default” poweredby=”false” maptypecontrol=”true” pancontrol=”true” zoomcontrol=”true” scalecontrol=”true” streetviewcontrol=”true” scrollwheelcontrol=”false” draggable=”true” tiltfourtyfive=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkermashupbubble=”false” addmarkerlist=”34.680142,135.838643{}photo.png{}浮見堂” bubbleautopan=”true” showbike=”false” showtraffic=”false” showpanoramio=”true”]

龍馬の見た、土佐湾「黒潮町の日の出」

坂本龍馬の生まれた土佐は、非常に雄大で全てを飲み込むような自然がある。

龍馬の見た、土佐湾「黒潮町の日の出」

坂本龍馬の生まれた土佐は、非常に雄大で全てを飲み込むような自然がある。

赤ちゃん

関西を離れて暮らしている、兄夫婦が子供を連れて実家にやって来たので、久々の家族集合。生後6ヶ月とは思えない風貌を漂わせて、だけど、繊細で純粋な細部と、持ち前の奔放さを当然と兼ね備え、世界の中心を主張する。今はまだ一人では何もできないけれど、ずっと考え、何かを感じ取り、その止むなき好奇心を素直に表現する。まさに、その類い稀なる能無しぶりこそ、常に大人を超える無限の可能性の現れなのだと、再確認した良い一日でした。

赤ちゃん

関西を離れて暮らしている、兄夫婦が子供を連れて実家にやって来たので、久々の家族集合。生後6ヶ月とは思えない風貌を漂わせて、だけど、繊細で純粋な細部と、持ち前の奔放さを当然と兼ね備え、世界の中心を主張する。今はまだ一人では何もできないけれど、ずっと考え、何かを感じ取り、その止むなき好奇心を素直に表現する。まさに、その類い稀なる能無しぶりこそ、常に大人を超える無限の可能性の現れなのだと、再確認した良い一日でした。

友達の家で猫

子供の頃から好きなのは、犬で今でも好きなんだけど、猫というのも悪くないと思う。というのも、フィンランド人の友人サミ宅の猫が可愛かったから。という単純な理由です。

友達の家で猫

子供の頃から好きなのは、犬で今でも好きなんだけど、猫というのも悪くないと思う。というのも、フィンランド人の友人サミ宅の猫が可愛かったから。という単純な理由です。

天王寺動物園のカバ

ずいぶん前に、天王寺動物園で撮った写真「自然が好きと言う言葉に 人工が好きと言う意味が 含まれているような景色」(http://sogoods.net/wp/archives/446)が個人的に気に入っていて、今のカメラで、撮り直しを思いついたので、昨日訪れた。だけれども、やっぱり、過ぎ去った日々とタイミングは帰らず、いまいち心に響く写真が撮れなかった。 良かった事と言えば、カバの面白さに気づいた事かもしれない。丁度餌やりの時間に見ることができて、その荒々しい動作と、意外と滑らかな表皮、太陽光が水を通過し織りなす光のベールが「もっと見たい」と僕を誘う。最初は、バカにしてたけど、カバ良し。「覆水盆に返らず」と言うけれど、それが、何もしない事の言い訳にはならないなあ。こうして、新しい発見があったのだから。

天王寺動物園のカバ

ずいぶん前に、天王寺動物園で撮った写真「自然が好きと言う言葉に 人工が好きと言う意味が 含まれているような景色」(http://sogoods.net/wp/archives/446)が個人的に気に入っていて、今のカメラで、撮り直しを思いついたので、昨日訪れた。だけれども、やっぱり、過ぎ去った日々とタイミングは帰らず、いまいち心に響く写真が撮れなかった。 良かった事と言えば、カバの面白さに気づいた事かもしれない。丁度餌やりの時間に見ることができて、その荒々しい動作と、意外と滑らかな表皮、太陽光が水を通過し織りなす光のベールが「もっと見たい」と僕を誘う。最初は、バカにしてたけど、カバ良し。「覆水盆に返らず」と言うけれど、それが、何もしない事の言い訳にはならないなあ。こうして、新しい発見があったのだから。

無錫旅情(むしゃくりょじょう)

  ツアーガイドが付く海外旅行に初めて行った。と言うのも、とにかく安いツアーを(フリープランだろうと思って)選択したので、まさか観光ガイドが付いていると思わなかった。ともあれ、こうして「2日で上海と無錫と蘇州を堪能する弾丸トラベルな」貴重な経験ができた事を感謝して、記録の為に写真を残す。   僕は正直な所、中国に対してそこまで魅力を感じていなかったのだけれど、今回の旅行を通して、大変な魅力を感じた。語弊はあるかもしれないが、僕は中国の中に、バンコクと似たようなモノを感じたのだ。中国は、ご存知の通り領土が広大で、何でもある所があれば、何にもない所があり、何でも買える所があれば、またその逆も然り。人種のるつぼのような所があれば、閉鎖的な社会があり、巨大な建物や組織が動く所があれば、一人一人が好き勝手な事をする。     すなわち、とらえどころが無い国だ。     もし、お金が沢山あればその使い方には困らない。しかし、お金があまりなくてもそれなりに楽しみ方がある。僕たち旅行者にとっては、その良い部分をつまみ食いし、小汚くも優雅な楽しみが無限にある。そういう国だ。   水も汚い。空気は悪い。街は汚い所と、キレイな建物が混在している。だけれども、街には美味しい料理と、希望と夢を実現する機運にあふれている。   また、今回、ちょっとしたミクロ・パラダイムシフトがあった。(大げさに言えば)(中国に住んでいてメディアに触れる機会の少ない)中国人は日本人や日本の事を、誰もが嫌いだと思っていたけれど、数少ない出会った人々はそうではなかった。   人と人が出会い、話をする。そこに介在するのは、国ではなくてやっぱり、今向き合っている人間同士がどのようにコミュニケーションをとるのかと言う事だ。もちろん難しい話は沢山あるけれど、簡単な話はそういう事なのだと思う。   なぜ僕が知らない誰かを恨み、なぜ知

無錫旅情(むしゃくりょじょう)

  ツアーガイドが付く海外旅行に初めて行った。と言うのも、とにかく安いツアーを(フリープランだろうと思って)選択したので、まさか観光ガイドが付いていると思わなかった。ともあれ、こうして「2日で上海と無錫と蘇州を堪能する弾丸トラベルな」貴重な経験ができた事を感謝して、記録の為に写真を残す。   僕は正直な所、中国に対してそこまで魅力を感じていなかったのだけれど、今回の旅行を通して、大変な魅力を感じた。語弊はあるかもしれないが、僕は中国の中に、バンコクと似たようなモノを感じたのだ。中国は、ご存知の通り領土が広大で、何でもある所があれば、何にもない所があり、何でも買える所があれば、またその逆も然り。人種のるつぼのような所があれば、閉鎖的な社会があり、巨大な建物や組織が動く所があれば、一人一人が好き勝手な事をする。     すなわち、とらえどころが無い国だ。     もし、お金が沢山あればその使い方には困らない。しかし、お金があまりなくてもそれなりに楽しみ方がある。僕たち旅行者にとっては、その良い部分をつまみ食いし、小汚くも優雅な楽しみが無限にある。そういう国だ。   水も汚い。空気は悪い。街は汚い所と、キレイな建物が混在している。だけれども、街には美味しい料理と、希望と夢を実現する機運にあふれている。   また、今回、ちょっとしたミクロ・パラダイムシフトがあった。(大げさに言えば)(中国に住んでいてメディアに触れる機会の少ない)中国人は日本人や日本の事を、誰もが嫌いだと思っていたけれど、数少ない出会った人々はそうではなかった。   人と人が出会い、話をする。そこに介在するのは、国ではなくてやっぱり、今向き合っている人間同士がどのようにコミュニケーションをとるのかと言う事だ。もちろん難しい話は沢山あるけれど、簡単な話はそういう事なのだと思う。   なぜ僕が知らない誰かを恨み、なぜ知

少しづつ集まってきた、包丁の写真

今日、久しぶりに包丁を研いだ。我ながら、キレイな包丁がそろってきたなと感心する。おいしい料理が自分で作れるにせよ、作れないにせよ。愛着をもてるかどうか、手入れができるかどうか、と言う事は、非常に大切な要素だと思う。※左から、グローバル/ジンナイフ/タダフサ/グリーンリバーワークス:それぞれがそれぞれに思い出がある。

少しづつ集まってきた、包丁の写真

今日、久しぶりに包丁を研いだ。我ながら、キレイな包丁がそろってきたなと感心する。おいしい料理が自分で作れるにせよ、作れないにせよ。愛着をもてるかどうか、手入れができるかどうか、と言う事は、非常に大切な要素だと思う。※左から、グローバル/ジンナイフ/タダフサ/グリーンリバーワークス:それぞれがそれぞれに思い出がある。

夜桜とニワトリの供宴

今年も、お花見の季節はあっという間にすぎてゆく。明日、明後日にお花見をしようと思っていたら、どうも悪天候の恐れがあったので、近所の公園に花見に行きました。そしたら、どこからともなく「コケコッコーッ!」と聞こえて来たので、まさかと思っていたら、僕らの気持ちと同調したのか、ニワトリさんも今週末の悪天候を予想して今日のうちに、夜桜を楽しんでいたのでした。※名前は「クックドゥルドゥルドゥー」からとった「ドゥー」というようで、ひよこの時から飼っているみたいです。

夜桜とニワトリの供宴

今年も、お花見の季節はあっという間にすぎてゆく。明日、明後日にお花見をしようと思っていたら、どうも悪天候の恐れがあったので、近所の公園に花見に行きました。そしたら、どこからともなく「コケコッコーッ!」と聞こえて来たので、まさかと思っていたら、僕らの気持ちと同調したのか、ニワトリさんも今週末の悪天候を予想して今日のうちに、夜桜を楽しんでいたのでした。※名前は「クックドゥルドゥルドゥー」からとった「ドゥー」というようで、ひよこの時から飼っているみたいです。

保護中: Thailand 2013 / My people, my friends.

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

保護中: Thailand 2013 / My people, my friends.

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

Thailand 2013 / Bangkok

バンコクは、僕にとってのサンクチュアリであって、全てのショックの始まりでもありました。初めて海外旅行に行った時、自分が居ても居なくても変わらない世界があるにもかかわらず、僕の考える事は全て自分が中心でした。その考え方が変わるのに、優れた理論も訓練も要りません。ただ、ここの地に立って様々な人種と階級の狭間を見て、体感する事こそが唯一の方法なのですから。

Thailand 2013 / Bangkok

バンコクは、僕にとってのサンクチュアリであって、全てのショックの始まりでもありました。初めて海外旅行に行った時、自分が居ても居なくても変わらない世界があるにもかかわらず、僕の考える事は全て自分が中心でした。その考え方が変わるのに、優れた理論も訓練も要りません。ただ、ここの地に立って様々な人種と階級の狭間を見て、体感する事こそが唯一の方法なのですから。

Thailand 2013 / Chiengmai

人生で二度目のチェンマイは、やっぱりどこか懐かしくて、居心地が良かったです。僕の友達の結婚式がここチェンマイからバスで2時間程のランパーンで行われ、これからも幸せな日々を過ごしてゆくのです。日本とタイは凄く離れていますが、お互いが今は様々なネットワークでつながっています、僕はこの不思議な感覚をありがたいと思い。激動する時代の波に呑まれてゆく感覚を味わったのです。

Thailand 2013 / Chiengmai

人生で二度目のチェンマイは、やっぱりどこか懐かしくて、居心地が良かったです。僕の友達の結婚式がここチェンマイからバスで2時間程のランパーンで行われ、これからも幸せな日々を過ごしてゆくのです。日本とタイは凄く離れていますが、お互いが今は様々なネットワークでつながっています、僕はこの不思議な感覚をありがたいと思い。激動する時代の波に呑まれてゆく感覚を味わったのです。

黄昏(たそがれ)のバラタヌキ

黄昏(たそがれ)時に見るものは何でもはっきりとしなくて輪郭がぼんやりとしています。誰が誰かもわかりにくく、じっくりと向き合わないといけません。黄昏の別の意味は、人生の盛りを過ぎたと言う事です。日が昇って、燦々とあたりを照らし 仕事を終えて日が沈み。勢力を衰えを感じさせるからかもしれません。しかし、この黄昏だからこそ一段と魅力を発揮する事もたくさんあります。薄暗い野に咲く花は僕を釘付けにし、やっと活動を始める動物達はここから本番を迎えます。

黄昏(たそがれ)のバラタヌキ

黄昏(たそがれ)時に見るものは何でもはっきりとしなくて輪郭がぼんやりとしています。誰が誰かもわかりにくく、じっくりと向き合わないといけません。黄昏の別の意味は、人生の盛りを過ぎたと言う事です。日が昇って、燦々とあたりを照らし 仕事を終えて日が沈み。勢力を衰えを感じさせるからかもしれません。しかし、この黄昏だからこそ一段と魅力を発揮する事もたくさんあります。薄暗い野に咲く花は僕を釘付けにし、やっと活動を始める動物達はここから本番を迎えます。

野生ザルの王国、イエイとする王猿

野生ザルの王国 淡路島モンキーセンター:当センターは、古来より柏原山系(569m)に生息していた野生ザルに餌付けを行い(1967年)、これらを自然のかたちでふれあっていただく施設として、開園いたしました。サルの数は現在約200頭で、性格はとてもおとなしく、サル同士で面倒をよくみるなど、仲の良い円満なサル社会を形成している群れとして、学術的にも貴重な資料的存在とされております。一頭一頭に名前をつけ、個体識別をし、サルの生態を観察、そして人と野生動物の良い関係を模索しながら、皆様に楽しくふれあって頂ける広場づくりをめざしています。

野生ザルの王国、イエイとする王猿

野生ザルの王国 淡路島モンキーセンター:当センターは、古来より柏原山系(569m)に生息していた野生ザルに餌付けを行い(1967年)、これらを自然のかたちでふれあっていただく施設として、開園いたしました。サルの数は現在約200頭で、性格はとてもおとなしく、サル同士で面倒をよくみるなど、仲の良い円満なサル社会を形成している群れとして、学術的にも貴重な資料的存在とされております。一頭一頭に名前をつけ、個体識別をし、サルの生態を観察、そして人と野生動物の良い関係を模索しながら、皆様に楽しくふれあって頂ける広場づくりをめざしています。