歌って価値があるなと思える瞬間「崎山蒼志」

youtubeを見ていると、あぁ今の時代は、才能を発表出来るところがたくさんあると思う。天才の片鱗が抑えきれなくて、埋もれてしまわない時代なのだ。出逢えた瞬間に、問答無用で素晴らしいと感じるのだ。歌という媒体を通して、この感情を表現できるのだから、本当に価値がある。

歌って価値があるなと思える瞬間「崎山蒼志」

youtubeを見ていると、あぁ今の時代は、才能を発表出来るところがたくさんあると思う。天才の片鱗が抑えきれなくて、埋もれてしまわない時代なのだ。出逢えた瞬間に、問答無用で素晴らしいと感じるのだ。歌という媒体を通して、この感情を表現できるのだから、本当に価値がある。

それでも夜は明ける

人は生まれた環境や置かれた環境で全てが決まるのでは無い。けれど、運命に巻き込まれることがあると分かっている。それでもあきらめないところから奇跡は始まるのだ。心を壊さないことから希望が生まれるのだ。 1841年、ニューヨーク。家族と幸せな日々を送っていたバイオリン奏者ソロモンは、ある日突然誘拐され、奴隷にされる。彼を待ち受けていたのは、狂言的な選民思想を持つエップスら白人による目を疑うような差別、虐待、そして“人間の尊厳”を失った数多の奴隷たちだった。妻や子供たちと再び会うために生き抜いた11年8カ月と26日間とはー。 Amazon

それでも夜は明ける

人は生まれた環境や置かれた環境で全てが決まるのでは無い。けれど、運命に巻き込まれることがあると分かっている。それでもあきらめないところから奇跡は始まるのだ。心を壊さないことから希望が生まれるのだ。 1841年、ニューヨーク。家族と幸せな日々を送っていたバイオリン奏者ソロモンは、ある日突然誘拐され、奴隷にされる。彼を待ち受けていたのは、狂言的な選民思想を持つエップスら白人による目を疑うような差別、虐待、そして“人間の尊厳”を失った数多の奴隷たちだった。妻や子供たちと再び会うために生き抜いた11年8カ月と26日間とはー。 Amazon

久保田利伸とジャミロクワイをカクテルした感じ「サチモス」

いま話題になっているらしい「サチモス」久保田利伸のような声にソウルがこもっているような雰囲気と、ジャミロクアイみたいなミックス感。 Suchmos(サチモス)は、2013年1月に結成された全員神奈川県出身の6人組ロックグループ。そのサウンドはACID JAZZ、HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされており、実に幅広い世代から支持されている。バンド名の由来は、ルイ・アームストロングの愛称であったサッチモから引用。 ジャミロクワイ (Jamiroquai) は、イギリスのバンド。アシッドジャズの世界では最も成功したグループのひとつ。その初期の音楽活動においてインコグニート、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ、ガリアーノ、コーデュロイ等のロンドンを本拠地とした面々と共に、1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するものとなった。

久保田利伸とジャミロクワイをカクテルした感じ「サチモス」

いま話題になっているらしい「サチモス」久保田利伸のような声にソウルがこもっているような雰囲気と、ジャミロクアイみたいなミックス感。 Suchmos(サチモス)は、2013年1月に結成された全員神奈川県出身の6人組ロックグループ。そのサウンドはACID JAZZ、HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされており、実に幅広い世代から支持されている。バンド名の由来は、ルイ・アームストロングの愛称であったサッチモから引用。 ジャミロクワイ (Jamiroquai) は、イギリスのバンド。アシッドジャズの世界では最も成功したグループのひとつ。その初期の音楽活動においてインコグニート、ブラン・ニュー・ヘヴィーズ、ガリアーノ、コーデュロイ等のロンドンを本拠地とした面々と共に、1990年代始めのアシッドジャズ界を代表するものとなった。

スウィングする時の「フレンズ」

「おかもとえみ」さんという女性の声が、引いては押し寄せる波のような気持ちい反復感。そのほかの曲もすごく好き。

スウィングする時の「フレンズ」

「おかもとえみ」さんという女性の声が、引いては押し寄せる波のような気持ちい反復感。そのほかの曲もすごく好き。

古くて新しい「エイリアンズ」キリンジ

新しいなぁ〜と思って聴いていたら、それが昔の曲だったということは、音楽・芸能情報に疎い僕にはよくあること。そうは言ったって古くから知ってるということはその分幸せだけど、遅すぎるってことはないと思いたい。

古くて新しい「エイリアンズ」キリンジ

新しいなぁ〜と思って聴いていたら、それが昔の曲だったということは、音楽・芸能情報に疎い僕にはよくあること。そうは言ったって古くから知ってるということはその分幸せだけど、遅すぎるってことはないと思いたい。

いつだって新鮮な空気が吸いたい「琥珀色の街、上海蟹の朝 」くるり

淡々とした音楽と、なんともいえない歌詞。この二つが足されると、こんなにもいつも新鮮な気持ちにさせてくれる音楽となるのだ。 くるり – 琥珀色の街、上海蟹の朝 / Quruli – Amber Colored City, The Morning of The Shanghai Crab (Japanese ver.)

いつだって新鮮な空気が吸いたい「琥珀色の街、上海蟹の朝 」くるり

淡々とした音楽と、なんともいえない歌詞。この二つが足されると、こんなにもいつも新鮮な気持ちにさせてくれる音楽となるのだ。 くるり – 琥珀色の街、上海蟹の朝 / Quruli – Amber Colored City, The Morning of The Shanghai Crab (Japanese ver.)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「夜を越えて」がカッコイイ

今更だけど、アジカンと巷で呼ばれていた時期を外してしまったこの僕にも、やっとブームが訪れてきました。どこか夏の夜のジトっとしたような まとわりつく空気が、気持ちの高鳴りを一方で抑えながらも、ふつふつと湧き立たせるよう。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「夜を越えて」がカッコイイ

今更だけど、アジカンと巷で呼ばれていた時期を外してしまったこの僕にも、やっとブームが訪れてきました。どこか夏の夜のジトっとしたような まとわりつく空気が、気持ちの高鳴りを一方で抑えながらも、ふつふつと湧き立たせるよう。

グルーヴィーな新しいサウンド「Nulbarich」が心地いい

ナルバリッチが奏でる音楽は、心地よい風が吹いている。どれ聴いたってこれがいいんだな。 Nulbarichっていう“Null”と“But”と“Rich”の単語が相反する言葉で繋がって造語になっているものにしました。“Null”というのがいわゆる何もないという意味だけど、満たされているという意味を込めてNulbarichという名前にしました。 突如シーンに登場したにも関わらず、そのケタ外れの才能と唯一無二のグルーヴで、業界関係者・早耳リスナーを驚愕させ、各方面で話題のNulbarich。バンド初のフル音源となる本作に収録される新曲「Lipstick」がバンドのオフィシャルTwitter(@nulbarich)上で公開された。また、アルバム全10曲の内、シングル収録曲とイントロを除く計7曲の音源が今後1週間ごとに1曲ずつ公開される。

グルーヴィーな新しいサウンド「Nulbarich」が心地いい

ナルバリッチが奏でる音楽は、心地よい風が吹いている。どれ聴いたってこれがいいんだな。 Nulbarichっていう“Null”と“But”と“Rich”の単語が相反する言葉で繋がって造語になっているものにしました。“Null”というのがいわゆる何もないという意味だけど、満たされているという意味を込めてNulbarichという名前にしました。 突如シーンに登場したにも関わらず、そのケタ外れの才能と唯一無二のグルーヴで、業界関係者・早耳リスナーを驚愕させ、各方面で話題のNulbarich。バンド初のフル音源となる本作に収録される新曲「Lipstick」がバンドのオフィシャルTwitter(@nulbarich)上で公開された。また、アルバム全10曲の内、シングル収録曲とイントロを除く計7曲の音源が今後1週間ごとに1曲ずつ公開される。

映画を見た後に興奮の最高潮が来る数少ない映画「オーケストラ!」

劇場清掃員として働くさえない中年男アンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)は、かつてはロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才指揮者だった。彼は、共産主義時代、“ユダヤ主義者と人民の敵”と称されたユダヤ系の演奏家たち全員の排斥を拒絶し、名声の絶頂期に解雇されたのだった。ある日、清掃中にアンドレイは、1枚のFAXを目にする。それは、演奏を取りやめたサンフランシスコ交響楽団の代わりに、パリのプレイエルに出演するオーケストラを2週間以内に見つけたいという内容だった。その瞬間、彼は、かつての仲間を集めて偽のオーケストラを結成、ボリショイ交響楽団代表としてパリに乗り込むことを思いつく。

映画を見た後に興奮の最高潮が来る数少ない映画「オーケストラ!」

劇場清掃員として働くさえない中年男アンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)は、かつてはロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才指揮者だった。彼は、共産主義時代、“ユダヤ主義者と人民の敵”と称されたユダヤ系の演奏家たち全員の排斥を拒絶し、名声の絶頂期に解雇されたのだった。ある日、清掃中にアンドレイは、1枚のFAXを目にする。それは、演奏を取りやめたサンフランシスコ交響楽団の代わりに、パリのプレイエルに出演するオーケストラを2週間以内に見つけたいという内容だった。その瞬間、彼は、かつての仲間を集めて偽のオーケストラを結成、ボリショイ交響楽団代表としてパリに乗り込むことを思いつく。

大人な青春と成功のつまったインド映画「きっと、うまくいく」

インド社会は“カースト制度”という言葉に代表されるように、人口11億の中で貧富の差が激しいとこで有名な国。だからこそ親達は何とか子供を優秀な学校に入れ、大企業に入社させて成功を収めさせようと必死。この状況を背景に、加熱するインドの学歴競争、教育問題に一石を投じ、真に“今を生きる”ことを問いかける笑いと涙に包まれた感動作。「Oricon」

大人な青春と成功のつまったインド映画「きっと、うまくいく」

インド社会は“カースト制度”という言葉に代表されるように、人口11億の中で貧富の差が激しいとこで有名な国。だからこそ親達は何とか子供を優秀な学校に入れ、大企業に入社させて成功を収めさせようと必死。この状況を背景に、加熱するインドの学歴競争、教育問題に一石を投じ、真に“今を生きる”ことを問いかける笑いと涙に包まれた感動作。「Oricon」

伝説のカンフーアクション映画、イップ・マン

スラムダンクの漫画のような臨場感。 Amazon:アクション映画の新たな歴史を作った伝説のカンフー・スター、ブルース・リー。彼に武術の心と技を伝えた師匠がいた。その名はイップ・マン。誠と誇りを守り通した静かな達人、イップ・マンの人生を演じるのは、ブルース・リー、ジャッキー・チェンの後を継ぐ香港映画界屈指のアクション・スター、ドニー・イェン。共演&アクション監督は、香港映画界を支え続け、『燃えよドラゴン』でブルース・リーとも共演したサモ・ハン・キンポー。

伝説のカンフーアクション映画、イップ・マン

スラムダンクの漫画のような臨場感。 Amazon:アクション映画の新たな歴史を作った伝説のカンフー・スター、ブルース・リー。彼に武術の心と技を伝えた師匠がいた。その名はイップ・マン。誠と誇りを守り通した静かな達人、イップ・マンの人生を演じるのは、ブルース・リー、ジャッキー・チェンの後を継ぐ香港映画界屈指のアクション・スター、ドニー・イェン。共演&アクション監督は、香港映画界を支え続け、『燃えよドラゴン』でブルース・リーとも共演したサモ・ハン・キンポー。

ハッピー バースデーの歌「lala means I love you」(天使がくれた時間)

僕が見た洋画の中でも、すごく好きなのがニコラス・ケイジ主演の「天使のくれた時間」(米題:The Family Man)。大変な大金持ちの男が、ある日昔に戻れたらというストーリです。人生の分かれ道を違う方向に進んでいたら、裕福ではないけれど、まさに絵に描いたような「家族」可愛い子供、綺麗な奥さん、庭があって友人がたくさん来て。それでも、男はお金を求めるわけですが、ある日気がつくのです。何が本当に価値のあることなのかと。 あらすじ:13年前、「ロンドン行きは考え直して」と反対する恋人のケイト(ティア・レオーニ)と別れ、仕事で成功するためにロンドン留学に旅立ったジャック(ニコラス・ケイジ)。その結果、13年後のジャックは、ニューヨークのウォール街で成功し、大手金融会社社長として優雅な独身生活を満喫している人物となっていた。クリスマスイヴを一人で過ごす彼は、立ち寄ったスーパーで不思議な黒人青年と出会う。その夜、豪華な高層マンションの自宅で眠りに入った彼は、翌朝起きると、自分が見知らぬ庶民的な家のベッドにいることに気付く。隣には13年前に別れたはずのケイトが寝ており、そして2人の子供までがいた。ジャックは留学を中止して、そのままケイトと結婚していたという、家族のいる庶民的な「もうひとつの人生」を経験していくことになる。(wikipedia) 映画の中で感動したシーン 1.ニコラスケイジが奥さんに送った誕生日の歌 ※以下僕の意訳 Many guys have come to you With a line that wasn’t true And you passed them by (Passed them by) 多くの男が言い寄っても それはどれも本当の愛ではなかった だからキミは目もくれず Now you’re in the center ring An

ハッピー バースデーの歌「lala means I love you」(天使がくれた時間)

僕が見た洋画の中でも、すごく好きなのがニコラス・ケイジ主演の「天使のくれた時間」(米題:The Family Man)。大変な大金持ちの男が、ある日昔に戻れたらというストーリです。人生の分かれ道を違う方向に進んでいたら、裕福ではないけれど、まさに絵に描いたような「家族」可愛い子供、綺麗な奥さん、庭があって友人がたくさん来て。それでも、男はお金を求めるわけですが、ある日気がつくのです。何が本当に価値のあることなのかと。 あらすじ:13年前、「ロンドン行きは考え直して」と反対する恋人のケイト(ティア・レオーニ)と別れ、仕事で成功するためにロンドン留学に旅立ったジャック(ニコラス・ケイジ)。その結果、13年後のジャックは、ニューヨークのウォール街で成功し、大手金融会社社長として優雅な独身生活を満喫している人物となっていた。クリスマスイヴを一人で過ごす彼は、立ち寄ったスーパーで不思議な黒人青年と出会う。その夜、豪華な高層マンションの自宅で眠りに入った彼は、翌朝起きると、自分が見知らぬ庶民的な家のベッドにいることに気付く。隣には13年前に別れたはずのケイトが寝ており、そして2人の子供までがいた。ジャックは留学を中止して、そのままケイトと結婚していたという、家族のいる庶民的な「もうひとつの人生」を経験していくことになる。(wikipedia) 映画の中で感動したシーン 1.ニコラスケイジが奥さんに送った誕生日の歌 ※以下僕の意訳 Many guys have come to you With a line that wasn’t true And you passed them by (Passed them by) 多くの男が言い寄っても それはどれも本当の愛ではなかった だからキミは目もくれず Now you’re in the center ring An