丸くてぷっくりとした白磁のうつわ

凡愚で使われているうつわがどれもこれも雰囲気が良くて素晴らしいので、近くにあるという森岡さんの窯元(https://shige-yuri.net)に伺いました。僕は森岡成好さんの作るうつわにすごく惹かれるんだけど、奥さん

丸くてぷっくりとした白磁のうつわ

凡愚で使われているうつわがどれもこれも雰囲気が良くて素晴らしいので、近くにあるという森岡さんの窯元(https://shige-yuri.net)に伺いました。僕は森岡成好さんの作るうつわにすごく惹かれるんだけど、奥さん

素朴で優しい六角形のうつわ

淡路島に行った時に、近くに窯元がないかなぁと思って調べてみると、淡路島の土を使った窯元がありました。どれも素朴で優しいうつわばかりでした。樂久登窯(らくとがま) http://rakutogama.com(兵庫県洲本市五

素朴で優しい六角形のうつわ

淡路島に行った時に、近くに窯元がないかなぁと思って調べてみると、淡路島の土を使った窯元がありました。どれも素朴で優しいうつわばかりでした。樂久登窯(らくとがま) http://rakutogama.com(兵庫県洲本市五

かわいく味のある器「練り上げ焼きの器」掛谷康樹作

色の違う粘土を重ね合わせて色々な模様を作る、練り上げという手法でできた器。最高にかわいくて、貫入がはいり独特の透明感があって大変気に入っています。 惣堂窯 掛谷康樹(広島県福山市) 略歴 1969年 広島県福山市生まれ

かわいく味のある器「練り上げ焼きの器」掛谷康樹作

色の違う粘土を重ね合わせて色々な模様を作る、練り上げという手法でできた器。最高にかわいくて、貫入がはいり独特の透明感があって大変気に入っています。 惣堂窯 掛谷康樹(広島県福山市) 略歴 1969年 広島県福山市生まれ

沖縄の焼き物 やちむんの美しさ

沖縄旅行で買った読谷焼き。ぼてっとした素朴さの中に、ゆらりとした鮮やかさを潜めている。300年ほど前に琉球の王様が壺屋地区に陶工を集めて切磋琢磨したのかなぁと考えると面白い。”(参考 wikipeadia)壺

沖縄の焼き物 やちむんの美しさ

沖縄旅行で買った読谷焼き。ぼてっとした素朴さの中に、ゆらりとした鮮やかさを潜めている。300年ほど前に琉球の王様が壺屋地区に陶工を集めて切磋琢磨したのかなぁと考えると面白い。”(参考 wikipeadia)壺

練り込みの陶器「四角」

こちらの記事も よく読まれています ぐいのみ/2015年(四天王寺縁日) たまに行く四天王寺の21日の市場で見つけたぐいのみ。表の表情ではなくて裏の表情が面白かったので購入。機会があれば表側には漆をぬってみようかな。..

練り込みの陶器「四角」

こちらの記事も よく読まれています ぐいのみ/2015年(四天王寺縁日) たまに行く四天王寺の21日の市場で見つけたぐいのみ。表の表情ではなくて裏の表情が面白かったので購入。機会があれば表側には漆をぬってみようかな。..

八角形の皿

こちらの記事も よく読まれています ぐいのみ/2015年(四天王寺縁日) たまに行く四天王寺の21日の市場で見つけたぐいのみ。表の表情ではなくて裏の表情が面白かったので購入。機会があれば表側には漆をぬってみようかな。..

八角形の皿

こちらの記事も よく読まれています ぐいのみ/2015年(四天王寺縁日) たまに行く四天王寺の21日の市場で見つけたぐいのみ。表の表情ではなくて裏の表情が面白かったので購入。機会があれば表側には漆をぬってみようかな。..

模様のついたアルミ取っ手の耐熱グラスカップ

フリーマーケットでたまに見かけるアルミで模様のついた取っ手にグラスがはまっているタイプのコップ。これは神戸メリケンパークのフリマで5つで300円で購入。アルミの柄も大振りながらまあ可愛くて、何よりコップのサイズが小さくて

模様のついたアルミ取っ手の耐熱グラスカップ

フリーマーケットでたまに見かけるアルミで模様のついた取っ手にグラスがはまっているタイプのコップ。これは神戸メリケンパークのフリマで5つで300円で購入。アルミの柄も大振りながらまあ可愛くて、何よりコップのサイズが小さくて

インドネシアのバリ島で買った「おちょこ」

インドネシアの思い出は、雨ばかり。それでもこの「おちょこ」をみるとなぜかあの日が楽しかったように思えるから不思議です。 こちらの記事も よく読まれています ぐいのみ/2015年(四天王寺縁日) たまに行く四天王寺の21日

インドネシアのバリ島で買った「おちょこ」

インドネシアの思い出は、雨ばかり。それでもこの「おちょこ」をみるとなぜかあの日が楽しかったように思えるから不思議です。 こちらの記事も よく読まれています ぐいのみ/2015年(四天王寺縁日) たまに行く四天王寺の21日

堺市の陶芸家・中橋一彰の作品「白い平皿」

万博公園のロハスフェスで出会った器。中橋 一彰さんという方が作っている陶器で真っ白な平皿に見えますが、いろいろな色が混ざっていて大変綺麗です。綺麗な器というのは、えてして盛り付けが似合わなかったりしますが、独特な重厚感が

堺市の陶芸家・中橋一彰の作品「白い平皿」

万博公園のロハスフェスで出会った器。中橋 一彰さんという方が作っている陶器で真っ白な平皿に見えますが、いろいろな色が混ざっていて大変綺麗です。綺麗な器というのは、えてして盛り付けが似合わなかったりしますが、独特な重厚感が

ぐいのみ/2015年(四天王寺縁日)

たまに行く四天王寺の21日の市場で見つけたぐいのみ。表の表情ではなくて裏の表情が面白かったので購入。機会があれば表側には漆をぬってみようかな。 こちらの記事も よく読まれています 蒲井浜/2015年(花崗岩) 京都の外の

ぐいのみ/2015年(四天王寺縁日)

たまに行く四天王寺の21日の市場で見つけたぐいのみ。表の表情ではなくて裏の表情が面白かったので購入。機会があれば表側には漆をぬってみようかな。 こちらの記事も よく読まれています 蒲井浜/2015年(花崗岩) 京都の外の