家伝 偉大なアロエ化粧水

おばあちゃんから、教えてもらった「アロエ化粧水」の作り方を記します。 宝焼酎35度 一升瓶 アロエ   10本以上 ※アロエベラを用います レモン   3ヶ グリセリン 150cc これを梅酒用の瓶にいれ3ヶ月間、冷暗所で保管。その後、ガーゼを2枚重ねにしたもので絞って保存。これをおばあちゃんは20年以上愛用し、肌がピチピチと言う事なのです。僕のイメージはアロエベラ→食用/キダチアロエ→化粧水だと思っていたのでちょっと意外でした。 ウィキペディアによると アロエベラは、長い間民間療法で用いられてきたが、医薬用としての利用がいつ頃から始まったのかは定かではない。アロエベラの医薬用としての利用は、紀元前16世紀のエーベルス・パピルスには既に記述が見られる。また、1世紀中盤に書かれたペダニウス・ディオスコリデスの『薬物誌』やガイウス・プリニウス・セクンドゥスの『博物誌』にも記述が見られる。アロイン (en) という成分を除去したアロエベラは無毒で副作用も知られていないが、アロインを含むアロエベラを過剰に摂取すると様々な副作用が起こる。しかし、この種は中国、日本、ロシア、南アフリカ、アメリカ合衆国、ジャマイカ、インド等で伝統的な民間療法薬として広く用いられてきた。 アロエベラは怪我の治療に有効だと言われている。しかし、アロエベラの樹液が傷を治癒する効果に関する明確な証拠は少なく、議論を呼んでいる。例えば、ある研究ではアロエベラは傷が治癒する速度を上げるという結果が得られているが、一方で別の研究では、アロエベラゲル(英: Aloe vera gel)で処置した傷は、他の伝統薬で処置した傷よりも治りが遅かったという結果もある。2007年のレビューでは、1度から2度の軽度の火傷にアロエベラが治癒効果を持つということを指示する証拠が蓄積されてきていると結論付けている。第五福竜丸の被爆火傷の

家伝 偉大なアロエ化粧水

おばあちゃんから、教えてもらった「アロエ化粧水」の作り方を記します。 宝焼酎35度 一升瓶 アロエ   10本以上 ※アロエベラを用います レモン   3ヶ グリセリン 150cc これを梅酒用の瓶にいれ3ヶ月間、冷暗所で保管。その後、ガーゼを2枚重ねにしたもので絞って保存。これをおばあちゃんは20年以上愛用し、肌がピチピチと言う事なのです。僕のイメージはアロエベラ→食用/キダチアロエ→化粧水だと思っていたのでちょっと意外でした。 ウィキペディアによると アロエベラは、長い間民間療法で用いられてきたが、医薬用としての利用がいつ頃から始まったのかは定かではない。アロエベラの医薬用としての利用は、紀元前16世紀のエーベルス・パピルスには既に記述が見られる。また、1世紀中盤に書かれたペダニウス・ディオスコリデスの『薬物誌』やガイウス・プリニウス・セクンドゥスの『博物誌』にも記述が見られる。アロイン (en) という成分を除去したアロエベラは無毒で副作用も知られていないが、アロインを含むアロエベラを過剰に摂取すると様々な副作用が起こる。しかし、この種は中国、日本、ロシア、南アフリカ、アメリカ合衆国、ジャマイカ、インド等で伝統的な民間療法薬として広く用いられてきた。 アロエベラは怪我の治療に有効だと言われている。しかし、アロエベラの樹液が傷を治癒する効果に関する明確な証拠は少なく、議論を呼んでいる。例えば、ある研究ではアロエベラは傷が治癒する速度を上げるという結果が得られているが、一方で別の研究では、アロエベラゲル(英: Aloe vera gel)で処置した傷は、他の伝統薬で処置した傷よりも治りが遅かったという結果もある。2007年のレビューでは、1度から2度の軽度の火傷にアロエベラが治癒効果を持つということを指示する証拠が蓄積されてきていると結論付けている。第五福竜丸の被爆火傷の