明日はもっと素晴らしい

  優れた人間も、そうでない人間も、あなたも私も、生きとし生けるものの中で、人間として生まれた私は素晴らしいのだ。色々な過去があって誰かに責められたり、恥ずかしがったりしていたとしても、その時々を懸命に生きている結果が今なのだ。   誰がなんと言おうと、今日までの僕たちは素晴らしい。 明日からの僕たちはもっと素晴らしい。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。 初版 2018年3月10日

明日はもっと素晴らしい

  優れた人間も、そうでない人間も、あなたも私も、生きとし生けるものの中で、人間として生まれた私は素晴らしいのだ。色々な過去があって誰かに責められたり、恥ずかしがったりしていたとしても、その時々を懸命に生きている結果が今なのだ。   誰がなんと言おうと、今日までの僕たちは素晴らしい。 明日からの僕たちはもっと素晴らしい。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。 初版 2018年3月10日

自分という存在を認める

  あたり前だからこそ、人は価値に気がつかない。自分の素晴らしさを探そうとするほど遠くに行く。真の価値は今ここにあって、自分は今ここにいて考えているのだ。誰かに認められることを待つのではなく、まず自分が自分を認めるのだ。   自分という存在がこの世界の点であるならば この点は、色々な人や物と思考と関係を持った点である。 私という人間は、その点と点のつなぎ目をひとつまみした 部分に過ぎない。だけれども、その点に価値があるのだ。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

自分という存在を認める

  あたり前だからこそ、人は価値に気がつかない。自分の素晴らしさを探そうとするほど遠くに行く。真の価値は今ここにあって、自分は今ここにいて考えているのだ。誰かに認められることを待つのではなく、まず自分が自分を認めるのだ。   自分という存在がこの世界の点であるならば この点は、色々な人や物と思考と関係を持った点である。 私という人間は、その点と点のつなぎ目をひとつまみした 部分に過ぎない。だけれども、その点に価値があるのだ。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

成功の秘訣

  成功の秘訣はないか、コツはないかと聞く人はいるが。それが一瞬にして成功や富や幸せをもたらすのではないのだ。だけれども、このことを続けることができる、生み出し続けることができる人間はやはりそれが唯一のコツなのだと言う。   幸せになるには、成功するには、コツは1つしかない。 何もないと言う事を、何もしないことの言い訳にしないことだ。 私は皆が何もないという状態で、何が自分にあるかを考える。 今の状態で何ができるか考える。できることは無限にあって、 思いつく全てをやってみる。 気にも留めなかった普段の全てを真剣に考え 動いたのならば、成功しか道はないのだ。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

成功の秘訣

  成功の秘訣はないか、コツはないかと聞く人はいるが。それが一瞬にして成功や富や幸せをもたらすのではないのだ。だけれども、このことを続けることができる、生み出し続けることができる人間はやはりそれが唯一のコツなのだと言う。   幸せになるには、成功するには、コツは1つしかない。 何もないと言う事を、何もしないことの言い訳にしないことだ。 私は皆が何もないという状態で、何が自分にあるかを考える。 今の状態で何ができるか考える。できることは無限にあって、 思いつく全てをやってみる。 気にも留めなかった普段の全てを真剣に考え 動いたのならば、成功しか道はないのだ。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

ワクワクするために生きている

  どんな場合でも、人によって色々な見え方がある。表現の仕方がある。様々な表現があるが、やっぱりポジティブな考え方をするのだ。即行動にうつすのだ。いつも笑顔でいるのだ。暗い方向に進んでいって自分も周囲も成功した試しがない。   よりよく生きる為に、幸せになる為に、 ワクワクする為に、人生を楽しむ為に 何も変えずに今を変えるしかないのだ。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

ワクワクするために生きている

  どんな場合でも、人によって色々な見え方がある。表現の仕方がある。様々な表現があるが、やっぱりポジティブな考え方をするのだ。即行動にうつすのだ。いつも笑顔でいるのだ。暗い方向に進んでいって自分も周囲も成功した試しがない。   よりよく生きる為に、幸せになる為に、 ワクワクする為に、人生を楽しむ為に 何も変えずに今を変えるしかないのだ。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

たった今から幸せになる

  私はいつか幸せになれる。というのではなくて、今幸せになる努力をするのだ。新しい発見の連続を体感するのだ。自分に起った様々な困難も見方を変えると、いまの私を形成している。産まれてきてからこれまでに会った全ての忘れてしまった幸福を探し、あたりまえだと思っているすべての事柄が奇跡的なことであることにフォーカスをあてるのだ。降り注いでいる幸せを受け止めているかが人生感を左右している唯一のポイントだ。   ありのまま、そのままがありがたい。 見えかた、とらえ方を変えるのではなく、 変わるのだ。 お金も空気も水も、物質も心も虚構も ありとあらゆるものが目の前にある。世の中にある。 そのことを認識せず感謝しないのであれば いつまでも見えないままだ。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思

たった今から幸せになる

  私はいつか幸せになれる。というのではなくて、今幸せになる努力をするのだ。新しい発見の連続を体感するのだ。自分に起った様々な困難も見方を変えると、いまの私を形成している。産まれてきてからこれまでに会った全ての忘れてしまった幸福を探し、あたりまえだと思っているすべての事柄が奇跡的なことであることにフォーカスをあてるのだ。降り注いでいる幸せを受け止めているかが人生感を左右している唯一のポイントだ。   ありのまま、そのままがありがたい。 見えかた、とらえ方を変えるのではなく、 変わるのだ。 お金も空気も水も、物質も心も虚構も ありとあらゆるものが目の前にある。世の中にある。 そのことを認識せず感謝しないのであれば いつまでも見えないままだ。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思

行動しなければならない、考えなければならない

  どれだけ念じても、自らが石を投げないと池に波紋は広がらない。しかし、念じないことには石は投げられないのだ。動くことですべてが初まり、初めるには思わなければならない。どちらも大切だがそれでも動かなければ何も変わらないのだ。   何を見て考えて生きているのかで、 同じ物を見ても同じ事を経験しても 見えている事が、感じる事が、行動が、 感情が、出来事が違うのだ。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

行動しなければならない、考えなければならない

  どれだけ念じても、自らが石を投げないと池に波紋は広がらない。しかし、念じないことには石は投げられないのだ。動くことですべてが初まり、初めるには思わなければならない。どちらも大切だがそれでも動かなければ何も変わらないのだ。   何を見て考えて生きているのかで、 同じ物を見ても同じ事を経験しても 見えている事が、感じる事が、行動が、 感情が、出来事が違うのだ。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

常に未来が、今の自分を作っている

  過去の積み重ねが未来を創っているわけでは無い。タイムマシンができるまでは時間は戻らない、常に未来から現在、現在から過去に流れているのだ。だからこそ自分を変えるのに過去に縛られる必要はないのだ。   これまでの行いが、私の全てを決めるのではない。 これからの考え方が、今からの自分を決めるのだ。 考えが 魅力になる、現実になる。 考えが 行動になる、物質になる。 考えが 人を惹きつけ、自分を励ます。 考えが 家族や他人を幸せにする。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

常に未来が、今の自分を作っている

  過去の積み重ねが未来を創っているわけでは無い。タイムマシンができるまでは時間は戻らない、常に未来から現在、現在から過去に流れているのだ。だからこそ自分を変えるのに過去に縛られる必要はないのだ。   これまでの行いが、私の全てを決めるのではない。 これからの考え方が、今からの自分を決めるのだ。 考えが 魅力になる、現実になる。 考えが 行動になる、物質になる。 考えが 人を惹きつけ、自分を励ます。 考えが 家族や他人を幸せにする。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!   人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

無意識が無限の可能性を生む

  今考えているよりも自分の潜在能力というものは、無限の可能性を秘めている。産まれたばかりのこどもが何にでもなれるように、自分の無意識はいつでも力を秘めている。   人の能力は無限にあり、 脳の機能の深淵はだれにも 覗きみることができない。 意識が無意識に言い聞かせるのだ。 今、この瞬間がおかしいと思うだけで。 この力が無限の可能性を生む。 私が心を使い、心が頭を使い、頭が体を使う。 なんでもできると。毎日奇跡が起こっているのだ。   例えばあなたが、自己啓発の本を何十冊、何百冊、何千冊読んだとしても、そこに書いてある内容は、ほぼ全てこの無意識(潜在意識)をどう味方につけるのか?という解説に過ぎない。 紙に書いたり、呟いたり、神様に頼んだり、人を許したり…色々な手法を取るだろうけれど、色々なことをやってみて、変化が出て正解だと気がつく。では何故良くなったのか?と考えれば、極めて当たり前のことだけど、自分の「何か」が変わったからだとしか言いようがない。その「何か」というものは行動が変わったからだ。何故、行動が変わったのかというと、あなたの考え方が変わったからに他ならない。何故考え方が変わったかというと、(顕在)意識を変えたからだ。顕在意識を使って、意識していない(潜在意識)全ての考え方を変えたからだ。 自分の意識というものは、過去の失敗の集大成で、絶えず失敗に恐れながら生きている。そんな潜在意識に、自分を信じて無限の可能性をたたき込めば、赤子が何にでも変化できるほどの力を、人の脳は持っているのだ。   豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひ

無意識が無限の可能性を生む

  今考えているよりも自分の潜在能力というものは、無限の可能性を秘めている。産まれたばかりのこどもが何にでもなれるように、自分の無意識はいつでも力を秘めている。   人の能力は無限にあり、 脳の機能の深淵はだれにも 覗きみることができない。 意識が無意識に言い聞かせるのだ。 今、この瞬間がおかしいと思うだけで。 この力が無限の可能性を生む。 私が心を使い、心が頭を使い、頭が体を使う。 なんでもできると。毎日奇跡が起こっているのだ。   例えばあなたが、自己啓発の本を何十冊、何百冊、何千冊読んだとしても、そこに書いてある内容は、ほぼ全てこの無意識(潜在意識)をどう味方につけるのか?という解説に過ぎない。 紙に書いたり、呟いたり、神様に頼んだり、人を許したり…色々な手法を取るだろうけれど、色々なことをやってみて、変化が出て正解だと気がつく。では何故良くなったのか?と考えれば、極めて当たり前のことだけど、自分の「何か」が変わったからだとしか言いようがない。その「何か」というものは行動が変わったからだ。何故、行動が変わったのかというと、あなたの考え方が変わったからに他ならない。何故考え方が変わったかというと、(顕在)意識を変えたからだ。顕在意識を使って、意識していない(潜在意識)全ての考え方を変えたからだ。 自分の意識というものは、過去の失敗の集大成で、絶えず失敗に恐れながら生きている。そんな潜在意識に、自分を信じて無限の可能性をたたき込めば、赤子が何にでも変化できるほどの力を、人の脳は持っているのだ。   豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひ

大いなる目的地を持つ

  無謀でも良い現実的ではなくても良い、いまとかけ離れた自分ならなおさら良い。大いなる目的地を持つ。志し、夢、ゴール、希望、目標、使命など偉人が残した言葉の真意はここに集約している。   僕が、どれだけ遠くに行こうとするか。 今の自分では到達できない未来を持っているか? そして、それが心底実現できると信じているか? そこに「ゴール」がある。これが全てなのだ。   みんなが勘違いしているのが、このゴールという厄介な奴だ。なるべく身近で実現しそうな、いつまでにやるぞ!というものにしがちだ。あんまり今の自分と違うのは恥ずかしいなんて思うかもしれない。だけれども、おおいなる目的地を持つということは大それたことでは無い。随分昔に、アメリカに行きたい!なんて言ったら笑われていたかもしれない。今、宇宙旅行に行きたいと言えば笑う人がいるかも知れない。 本当にそうだろうか?何かに成りたかったり、どこかに行きたかったり、こういう人間でありたいと願うことは誰もが夢見ることのできる自由だ。これは、本当にそこに到達するに至らなくても、どういう方向を向いて自分は歩いてゆくのか。どう言った地図を心に広げて前に進むのか。ということに本質的に答えている。自分の人生を使って、人に言われた近所に散歩しに行くというのは悪くは無いけど、少しさみしい気がする。   豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい

大いなる目的地を持つ

  無謀でも良い現実的ではなくても良い、いまとかけ離れた自分ならなおさら良い。大いなる目的地を持つ。志し、夢、ゴール、希望、目標、使命など偉人が残した言葉の真意はここに集約している。   僕が、どれだけ遠くに行こうとするか。 今の自分では到達できない未来を持っているか? そして、それが心底実現できると信じているか? そこに「ゴール」がある。これが全てなのだ。   みんなが勘違いしているのが、このゴールという厄介な奴だ。なるべく身近で実現しそうな、いつまでにやるぞ!というものにしがちだ。あんまり今の自分と違うのは恥ずかしいなんて思うかもしれない。だけれども、おおいなる目的地を持つということは大それたことでは無い。随分昔に、アメリカに行きたい!なんて言ったら笑われていたかもしれない。今、宇宙旅行に行きたいと言えば笑う人がいるかも知れない。 本当にそうだろうか?何かに成りたかったり、どこかに行きたかったり、こういう人間でありたいと願うことは誰もが夢見ることのできる自由だ。これは、本当にそこに到達するに至らなくても、どういう方向を向いて自分は歩いてゆくのか。どう言った地図を心に広げて前に進むのか。ということに本質的に答えている。自分の人生を使って、人に言われた近所に散歩しに行くというのは悪くは無いけど、少しさみしい気がする。   豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい

豊かさの根本

  あれがない、これがない。ああだったら、こうだったら。延々と繰り返される、至らない自分。この考え方こそが、輝く未来を、希望の今を、楽しい過去を曇らせているのだ。これからは、これまで外に求めていた全ての豊かさを、実は全て内なる自分の心に問うのだ。   求めよ、さらば与えられん 尋ねよ、さらば見出さん 叩けよ、さらばひらかれん 愛せよ、さらば愛されん 信じよ、さらば放たれん   願いや夢をかなえる方法というか、自己啓発本関係というか、豊かさの秘密の究極中の究極・極意は、私たちの頭の中に(潜在意識・顕在意識、無意識・意識)に何を叩きこむかという一言に尽きる。意識や無意識が何で満たされているか。頭と心が何で満たされているのか。それが人生全てを変えるのだ。 幸せかどうかと言うこの一点に関しては、究極には自分がどう感じているか?と言う事に尽きる。そう言う意味では豊かさの根本は、幸せの原理だと言えると僕は考える。衣食住に困っていると言う訳では無いのであれば、やはり何か感じる所は、自分の頭であり心であり、考え方になるのだ。 無い無いと言う毎日の中で、本当に何かに向って情熱を持って生きているのだろうか?何かを求めない事には、何もはじまらないのだ。そしてそれは誰がくれるわけでもなく、自分が手に入れる責任を持っているのだ。 どうやったらいいか分からないと途方に暮れる日もあるだろう。誰かに聞いてまわっても教えてくれない。では誰にたずねるのか?と言えば内なる自分に尋ねるのだ。答えはいつも尋ねなければ、出てこない。何かを心から求めて、自分に真に尋ねさえすれば、自然と行動に現れるものだ。ドアを叩き、門戸を開かなければドアはくぐれ無いのだ。しかし、入ってしまえば道は開けている。 ついていないと嘆いて、愛されないと歎いて、自分の境遇を歎いてみても、何も変わりはしない。今の自分

豊かさの根本

  あれがない、これがない。ああだったら、こうだったら。延々と繰り返される、至らない自分。この考え方こそが、輝く未来を、希望の今を、楽しい過去を曇らせているのだ。これからは、これまで外に求めていた全ての豊かさを、実は全て内なる自分の心に問うのだ。   求めよ、さらば与えられん 尋ねよ、さらば見出さん 叩けよ、さらばひらかれん 愛せよ、さらば愛されん 信じよ、さらば放たれん   願いや夢をかなえる方法というか、自己啓発本関係というか、豊かさの秘密の究極中の究極・極意は、私たちの頭の中に(潜在意識・顕在意識、無意識・意識)に何を叩きこむかという一言に尽きる。意識や無意識が何で満たされているか。頭と心が何で満たされているのか。それが人生全てを変えるのだ。 幸せかどうかと言うこの一点に関しては、究極には自分がどう感じているか?と言う事に尽きる。そう言う意味では豊かさの根本は、幸せの原理だと言えると僕は考える。衣食住に困っていると言う訳では無いのであれば、やはり何か感じる所は、自分の頭であり心であり、考え方になるのだ。 無い無いと言う毎日の中で、本当に何かに向って情熱を持って生きているのだろうか?何かを求めない事には、何もはじまらないのだ。そしてそれは誰がくれるわけでもなく、自分が手に入れる責任を持っているのだ。 どうやったらいいか分からないと途方に暮れる日もあるだろう。誰かに聞いてまわっても教えてくれない。では誰にたずねるのか?と言えば内なる自分に尋ねるのだ。答えはいつも尋ねなければ、出てこない。何かを心から求めて、自分に真に尋ねさえすれば、自然と行動に現れるものだ。ドアを叩き、門戸を開かなければドアはくぐれ無いのだ。しかし、入ってしまえば道は開けている。 ついていないと嘆いて、愛されないと歎いて、自分の境遇を歎いてみても、何も変わりはしない。今の自分

ねがいをかなえたいのなら魔法を使う

  人とコミュニケーションを取るためには、言葉や文字を使う。自分の脳や心と会話していることは想像できないだろうが、やはり、文字と言葉を使うのだ。考えられる全ての望み、希望、夢、ゴールを紙に書いて、それを声に出して読む。   人は、魔法をつかう。 紙とペンを使って、望む善きこと全てを書き出すのだ。 そして、それを1日に何度もみて口に出す。 しっくりとこないならいつでも書き換える。 自分がそれを手にしているかのように感じる。   夢を叶えるのは魔法の力を借ります。リストという名の力です。巷に溢れている分厚い本がありますが、その中身はたった数行で「願いは書け」が説明されています。嘘のようですが、それが本当の力となるからなのです。 ああなりたい、こうなりたい、あれがほしい、これがほしい・・・世を生きていると欲求はとどまることを知りません。誰もがうらやむモノが欲しい。でも買えない、手に入れることができないもやもや。これの解決策は難しいようで実は簡単な事。欲しい物を紙に書く。たったこれだけ。そして、それを自分が思い描く欲しいものと目の前の紙に書かれたリストが、しっくりとくるまで日々更新。手に入れたものは打ち消し線で消す。一旦書いたけれど落ち着いて考えてみると今の自分に不要なものも消す。 なんだかまるで取扱説明書のようです。だから僕は、この本を夢の取り扱い説明書と呼んでいます。要点は次の3点。   1. 毎朝、毎昼、毎晩、あなたのほしい物を具体的に書いたリストを読み返しなさい。 2. 可能な限りそれについて考え、思い馳せなさい。 3. あなたのその想いが達成されるまでは、口外してはいけません。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今

ねがいをかなえたいのなら魔法を使う

  人とコミュニケーションを取るためには、言葉や文字を使う。自分の脳や心と会話していることは想像できないだろうが、やはり、文字と言葉を使うのだ。考えられる全ての望み、希望、夢、ゴールを紙に書いて、それを声に出して読む。   人は、魔法をつかう。 紙とペンを使って、望む善きこと全てを書き出すのだ。 そして、それを1日に何度もみて口に出す。 しっくりとこないならいつでも書き換える。 自分がそれを手にしているかのように感じる。   夢を叶えるのは魔法の力を借ります。リストという名の力です。巷に溢れている分厚い本がありますが、その中身はたった数行で「願いは書け」が説明されています。嘘のようですが、それが本当の力となるからなのです。 ああなりたい、こうなりたい、あれがほしい、これがほしい・・・世を生きていると欲求はとどまることを知りません。誰もがうらやむモノが欲しい。でも買えない、手に入れることができないもやもや。これの解決策は難しいようで実は簡単な事。欲しい物を紙に書く。たったこれだけ。そして、それを自分が思い描く欲しいものと目の前の紙に書かれたリストが、しっくりとくるまで日々更新。手に入れたものは打ち消し線で消す。一旦書いたけれど落ち着いて考えてみると今の自分に不要なものも消す。 なんだかまるで取扱説明書のようです。だから僕は、この本を夢の取り扱い説明書と呼んでいます。要点は次の3点。   1. 毎朝、毎昼、毎晩、あなたのほしい物を具体的に書いたリストを読み返しなさい。 2. 可能な限りそれについて考え、思い馳せなさい。 3. あなたのその想いが達成されるまでは、口外してはいけません。     豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今

人の幸せを願う

物質的に豊かさを得た者を妬む者は、つまるところ自らの豊さを拒否しているのだ。特別な誰かを羨み嫉んでも自分が特別になれるわけはない。素直に今を認め、受け入れ、それを許せない自分を許すのだ。何かがなくても自分には、人間には、価値があるのだ。   人の幸せを願わない者が幸せになれるはずがない 人の幸運を妬む者に幸運が訪れるわけがない どんな自分でも真に価値があるのだ。その価値に気づいた時に、 どんな相手にも価値はあることに気がつくのだ。   こんなにも自分は辛いのに、どうすれば幸せになれるのか。お金があれば良いのか。誰からも羨ましがられるのが必要なのか。どんな仕事をして来たことが重要なのか? 答えは、人の幸せを願うこと。周りとの良い人間関係を築きあげることができる人は、人の幸福を自分の事のように感じ、また、自分の幸福も人と分かち合うことができるのです。まやかしでない健康的な幸せは、今周りにいる人とのつながりを求めることであるのです。 つまり、幸せを得るためには何も特殊なことをしなくても、今日から行えることがたくさんあるのです。誰も一人では生きてゆけません。求めて良いのです。   豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです! 人生

人の幸せを願う

物質的に豊かさを得た者を妬む者は、つまるところ自らの豊さを拒否しているのだ。特別な誰かを羨み嫉んでも自分が特別になれるわけはない。素直に今を認め、受け入れ、それを許せない自分を許すのだ。何かがなくても自分には、人間には、価値があるのだ。   人の幸せを願わない者が幸せになれるはずがない 人の幸運を妬む者に幸運が訪れるわけがない どんな自分でも真に価値があるのだ。その価値に気づいた時に、 どんな相手にも価値はあることに気がつくのだ。   こんなにも自分は辛いのに、どうすれば幸せになれるのか。お金があれば良いのか。誰からも羨ましがられるのが必要なのか。どんな仕事をして来たことが重要なのか? 答えは、人の幸せを願うこと。周りとの良い人間関係を築きあげることができる人は、人の幸福を自分の事のように感じ、また、自分の幸福も人と分かち合うことができるのです。まやかしでない健康的な幸せは、今周りにいる人とのつながりを求めることであるのです。 つまり、幸せを得るためには何も特殊なことをしなくても、今日から行えることがたくさんあるのです。誰も一人では生きてゆけません。求めて良いのです。   豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです! 人生

もやもやよ さようなら

もやもやよ さようなら。友人やあなたが言い知れぬ不安に陥っているのを見て、この内容を書きました。世の中には分厚い本は沢山あるけれど、「もやもやよさようなら」の即効薬になる事を祈って。とりあえず今できることは次の手順です。 ①思いつくところの「もやもや」をすべて残らず書き出すこと パソコンでも紙でもいいけど、とにかく頭の中のものを吐き出す、思いついたら吐き出す、常に書いていないことがないように!!(注意:人間の頭は不思議なもので、もやもやを頭の中でほおっておくと勝手に増幅してさらに悪さをします) ②それを、「悩み」と「不安」の二つに分ける 悩みは、今解決できる(状況にあるか)かはわからないけれど原因と結果があって、とにかく物理的に解消できるようなやつ。例えば、こんなことしたいけどできないとか、希望通りの就職したいとか、結婚したいとか。「不安」は、実際に気持ちの中ではわいているけれど、表には出てこない不確実なことや嫌な気持ちの情動。 ③不安の中で、悩みに変化できそうなものは「悩み」のグループに入れる 自分自身が不安なのか、悩みなのかわからないこともあるけど「例えば、お金がなくなったらどうしようという不安」があったとしたら→どうやったらお金を稼げるか?という悩みにする。 ④「不安」グループを見てみる。そうすると不安というものは、気持ちの状態を指していることや「起こっていないこと・起こらないこと・起こったとしてもみんな同じくらい致命的なもの」に集約されるということに気づく。 実際に、負の気持ちが沸き起こることを否定するのではなくて、そのものをどうとらえて考えるか視るかということに注目する。極論から言えば、おこっていないことに不安がるのは、地球が滅亡したらどうしようと。。考えているのと同じこと。起こったらしょうがないし、考えてもしょうがないでしょ。 ※不安なグループに人から受けた行為

もやもやよ さようなら

もやもやよ さようなら。友人やあなたが言い知れぬ不安に陥っているのを見て、この内容を書きました。世の中には分厚い本は沢山あるけれど、「もやもやよさようなら」の即効薬になる事を祈って。とりあえず今できることは次の手順です。 ①思いつくところの「もやもや」をすべて残らず書き出すこと パソコンでも紙でもいいけど、とにかく頭の中のものを吐き出す、思いついたら吐き出す、常に書いていないことがないように!!(注意:人間の頭は不思議なもので、もやもやを頭の中でほおっておくと勝手に増幅してさらに悪さをします) ②それを、「悩み」と「不安」の二つに分ける 悩みは、今解決できる(状況にあるか)かはわからないけれど原因と結果があって、とにかく物理的に解消できるようなやつ。例えば、こんなことしたいけどできないとか、希望通りの就職したいとか、結婚したいとか。「不安」は、実際に気持ちの中ではわいているけれど、表には出てこない不確実なことや嫌な気持ちの情動。 ③不安の中で、悩みに変化できそうなものは「悩み」のグループに入れる 自分自身が不安なのか、悩みなのかわからないこともあるけど「例えば、お金がなくなったらどうしようという不安」があったとしたら→どうやったらお金を稼げるか?という悩みにする。 ④「不安」グループを見てみる。そうすると不安というものは、気持ちの状態を指していることや「起こっていないこと・起こらないこと・起こったとしてもみんな同じくらい致命的なもの」に集約されるということに気づく。 実際に、負の気持ちが沸き起こることを否定するのではなくて、そのものをどうとらえて考えるか視るかということに注目する。極論から言えば、おこっていないことに不安がるのは、地球が滅亡したらどうしようと。。考えているのと同じこと。起こったらしょうがないし、考えてもしょうがないでしょ。 ※不安なグループに人から受けた行為