手法が違うだけで新しい「光でしらせるタイマー」

アラームは安いmのがたくさん売っていて当たり前の商品だけど、音から光でしらせる事で随分と利用用途が広がるような気がしてます。職場の中での自分の時間管理や図書館での勉強などアイディア次第。 簡単操作の7KEYタイプ。離れても安心の光と音(大音量80デシベル)でお知らせします。時計としても使えます。見やすい大型表示。マグネット・スタンド・つり下げ用フック穴付なのでいろいろな用途に使えます。

手法が違うだけで新しい「光でしらせるタイマー」

アラームは安いmのがたくさん売っていて当たり前の商品だけど、音から光でしらせる事で随分と利用用途が広がるような気がしてます。職場の中での自分の時間管理や図書館での勉強などアイディア次第。 簡単操作の7KEYタイプ。離れても安心の光と音(大音量80デシベル)でお知らせします。時計としても使えます。見やすい大型表示。マグネット・スタンド・つり下げ用フック穴付なのでいろいろな用途に使えます。

台湾で買えたおしゃれ万年筆「SKB文明鋼筆【RS-705】原點系列鋼筆」

台湾の高雄で、以前お世話になった病院の先生に子供を連れて挨拶に行ったら、おしゃれな文具店を発見した。何か良い旅行土産を物色していたら、見たことないようなおしゃれな万年筆を見つけたので買ってみました。コンバーター万年筆なんて使ったこともないけれど楽しめそう。 [google-map-v3 shortcodeid=”699ba8c6″ width=”100%” height=”350″ zoom=”12″ maptype=”roadmap” mapalign=”center” directionhint=”false” language=”default” poweredby=”false” maptypecontrol=”true” pancontrol=”true” zoomcontrol=”true” scalecontrol=”true” streetviewcontrol=”true” scrollwheelcontrol=”false” draggable=”true” tiltfourtyfive=”false” enablegeolocationmarker=”false” enablemarkerclustering=”false” addmarkermashup=”false” addm

台湾で買えたおしゃれ万年筆「SKB文明鋼筆【RS-705】原點系列鋼筆」

台湾の高雄で、以前お世話になった病院の先生に子供を連れて挨拶に行ったら、おしゃれな文具店を発見した。何か良い旅行土産を物色していたら、見たことないようなおしゃれな万年筆を見つけたので買ってみました。コンバーター万年筆なんて使ったこともないけれど楽しめそう。 [google-map-v3 shortcodeid=”699ba8c6″ width=”100%” height=”350″ zoom=”12″ maptype=”roadmap” mapalign=”center” directionhint=”false” language=”default” poweredby=”false” maptypecontrol=”true” pancontrol=”true” zoomcontrol=”true” scalecontrol=”true” streetviewcontrol=”true” scrollwheelcontrol=”false” draggable=”true” tiltfourtyfive=”false” enablegeolocationmarker=”false” enablemarkerclustering=”false” addmarkermashup=”false” addm

新しいストレス解消法「Fidget Cube」

貧乏ゆすりや、ボールペンのクリックなど、普段あまり意識していないストレスの逃げ道から、プチプチを潰したりと意識できるものまで、本人はいいけど周りの人はちょっと気になるストレス解消法を、おしゃれな6面キューブに様々なボタン類を詰め込んだおもちゃで行えるという優れもの。 テクノロジーが詰まっているわけでもなく、「たったのそれだけ?」と思う読者もいるかもしれない。ただ、Fidget Cubeのセールスポイントは、クリックしたり、円盤を回したり、ボールを転がしたりと、その時の気分に合わせて手の動きに変化をつけられることだ。滑らかなくぼみもあり、この部分をなでることで気を静めることもできるという

新しいストレス解消法「Fidget Cube」

貧乏ゆすりや、ボールペンのクリックなど、普段あまり意識していないストレスの逃げ道から、プチプチを潰したりと意識できるものまで、本人はいいけど周りの人はちょっと気になるストレス解消法を、おしゃれな6面キューブに様々なボタン類を詰め込んだおもちゃで行えるという優れもの。 テクノロジーが詰まっているわけでもなく、「たったのそれだけ?」と思う読者もいるかもしれない。ただ、Fidget Cubeのセールスポイントは、クリックしたり、円盤を回したり、ボールを転がしたりと、その時の気分に合わせて手の動きに変化をつけられることだ。滑らかなくぼみもあり、この部分をなでることで気を静めることもできるという

ペンを持つと言う事を満足させる4色ボールペン

ラミー Lamy2000 4色ボールペン L401 1966年に誕生したラミーの代表作。力強くも洗練されたデザインは、プレゼントにも最適。木炭のような質感の樹脂に削りだしのステンレスを組み合わせることによって重厚な雰囲気を演出しています。 商品の説明 Lamy2000 40年以上も前に、『西暦2000年になっても古さを感じないデザイン』をコンセプトのもとに作られたラミーを代表するモデルです。 バウハウスの影響を受けたデザイナー、ゲルト・アルフレッド・ミュラーの手による秀逸なデザインは、40年以上の時を経た今でも、ラミーデザインの原点を伝えるロングセラーとなっています。 ボディは樹脂とステンレスのコンビネーションで、樹脂の表面にはヘアライン処理が施されています。世界で初めてステンレス無垢材を用いて作られたスプリング入りクリップは、今なお人々の目を引きつけています。 そして、筆記具の中でも最も多くのデザイン賞を受賞しています。 【使用方法】ノックする箇所は一つです。クリップの付け根あたりに緑の印がある面と、赤、青のある面があります。緑の面を上にして1回ノックすると、緑の芯が出て、赤や青の面を上にしてノックすると赤や青がでます。黒を出すときは、クリップを上に向けてノックします。 消耗品(ラミーマルチカラー替芯)【LM21BK(ブラック)/LM21RD(レッド)/LM21BL(ブルー)/LM21GN(グリーン)】も一緒にご検討ください。 LAMY専用BOX・取り扱い説明書・保証書付きです。

ペンを持つと言う事を満足させる4色ボールペン

ラミー Lamy2000 4色ボールペン L401 1966年に誕生したラミーの代表作。力強くも洗練されたデザインは、プレゼントにも最適。木炭のような質感の樹脂に削りだしのステンレスを組み合わせることによって重厚な雰囲気を演出しています。 商品の説明 Lamy2000 40年以上も前に、『西暦2000年になっても古さを感じないデザイン』をコンセプトのもとに作られたラミーを代表するモデルです。 バウハウスの影響を受けたデザイナー、ゲルト・アルフレッド・ミュラーの手による秀逸なデザインは、40年以上の時を経た今でも、ラミーデザインの原点を伝えるロングセラーとなっています。 ボディは樹脂とステンレスのコンビネーションで、樹脂の表面にはヘアライン処理が施されています。世界で初めてステンレス無垢材を用いて作られたスプリング入りクリップは、今なお人々の目を引きつけています。 そして、筆記具の中でも最も多くのデザイン賞を受賞しています。 【使用方法】ノックする箇所は一つです。クリップの付け根あたりに緑の印がある面と、赤、青のある面があります。緑の面を上にして1回ノックすると、緑の芯が出て、赤や青の面を上にしてノックすると赤や青がでます。黒を出すときは、クリップを上に向けてノックします。 消耗品(ラミーマルチカラー替芯)【LM21BK(ブラック)/LM21RD(レッド)/LM21BL(ブルー)/LM21GN(グリーン)】も一緒にご検討ください。 LAMY専用BOX・取り扱い説明書・保証書付きです。

滑らかな書き味の多色ボールペン

ジェットストリーム4&1 ブラック 0.5 MSXE510005.24 クセになる滑らかなインク【ジェットストリーム】インクを搭載。黒・赤・青・緑の4色ボールペン0.5&シャープペン0.5の便利な多機能ペン 商品の説明 スリムな軸の中に4色ボールペン(インク色:黒・赤・青・緑)+シャープ(合計5機能)が搭載されているため、筆記・携帯にも便利な多機能ペンです。ボールペン0.5mm、シャープ部0.5mm。。【替芯】SXR-80-07。 なめらかな書き味のジェットストリームインクを搭載。ボールペンには、「クセになる、なめらかな書き味」のジェットストリームを採用しています。乾燥性に優れ、濃くはっきりとした線を描くことができます。 シンプルな外観。ノック部分を軸と同系色にしており、ビジネスシーンに馴染むシンプルな軸色です。

滑らかな書き味の多色ボールペン

ジェットストリーム4&1 ブラック 0.5 MSXE510005.24 クセになる滑らかなインク【ジェットストリーム】インクを搭載。黒・赤・青・緑の4色ボールペン0.5&シャープペン0.5の便利な多機能ペン 商品の説明 スリムな軸の中に4色ボールペン(インク色:黒・赤・青・緑)+シャープ(合計5機能)が搭載されているため、筆記・携帯にも便利な多機能ペンです。ボールペン0.5mm、シャープ部0.5mm。。【替芯】SXR-80-07。 なめらかな書き味のジェットストリームインクを搭載。ボールペンには、「クセになる、なめらかな書き味」のジェットストリームを採用しています。乾燥性に優れ、濃くはっきりとした線を描くことができます。 シンプルな外観。ノック部分を軸と同系色にしており、ビジネスシーンに馴染むシンプルな軸色です。

手帳:iPad3スティーブ・ジョブズじゃなくて、yPad2 寄藤文平という選択

y Pad 2 1枚で全部わかる。1枚に全部書ける。1枚で全部わかる。今日の予定から、日にちをまたぐ仕事やイベントの流れまで1度に見渡せる。yPad2は2週間分が、yPad halfは1週間が「バーッと」「ササッと」わかります。また、日付記入式なので、いつからでもはじめられます。 頭のなかを整理整頓、そしてビジュアル化。タイムスケジュール(横ライン)とTO DOリスト(縦ライン)が1度に見渡せて、美しくつながります。スケジュールの整理がメンドクサイ雑用となるのではなく、自分の頭のなかを整頓する貴重な時間に変わります。 絵解きガイド。ポイントを押さえたユーザーズガイドです。チマチマした電子アプリには真似できない、単純かつ高機能なスペックを、絵解きでやさしく理解できます。 耐久性と高級感。使いこんでも味のでる表紙にこだわりました。製本も工夫して、前作のyPadよりも丈夫に、そしてページの開きもよくなりました。書きやすく、描きやすい紙にもこだわりました。 とってもカルい。アノPad2よりも、断然カルくできています。yPad halfは、さらに小さくて持ち運びに便利。おしりのポケットにもすっぽり入ります。 内容紹介 2010年、革新的なスケジュール管理シートを携えて大好評デビューをはたした『yPad』。 2年目を迎えた今年は、ユーザーの皆様のお声をもとに、ほんの少し(そしてゴージャスに)改良を施しました。『yPad』は実用性を追求します。ビジネスマンも、クリエーターも、お母さんも、 高機能、かつ使うのが楽しくなる本品をご活用ください。 1枚で全部わかる。1枚に全部書ける。1枚で全部わかる。今日の予定から、日にちをまたぐ仕事やイベントの流れまで1度に見渡せる。yPad2は2週間分が「バーッと」わかります。また、日付記入式なので、いつからでもはじめられます。 頭のなかを整理整頓、そして

手帳:iPad3スティーブ・ジョブズじゃなくて、yPad2 寄藤文平という選択

y Pad 2 1枚で全部わかる。1枚に全部書ける。1枚で全部わかる。今日の予定から、日にちをまたぐ仕事やイベントの流れまで1度に見渡せる。yPad2は2週間分が、yPad halfは1週間が「バーッと」「ササッと」わかります。また、日付記入式なので、いつからでもはじめられます。 頭のなかを整理整頓、そしてビジュアル化。タイムスケジュール(横ライン)とTO DOリスト(縦ライン)が1度に見渡せて、美しくつながります。スケジュールの整理がメンドクサイ雑用となるのではなく、自分の頭のなかを整頓する貴重な時間に変わります。 絵解きガイド。ポイントを押さえたユーザーズガイドです。チマチマした電子アプリには真似できない、単純かつ高機能なスペックを、絵解きでやさしく理解できます。 耐久性と高級感。使いこんでも味のでる表紙にこだわりました。製本も工夫して、前作のyPadよりも丈夫に、そしてページの開きもよくなりました。書きやすく、描きやすい紙にもこだわりました。 とってもカルい。アノPad2よりも、断然カルくできています。yPad halfは、さらに小さくて持ち運びに便利。おしりのポケットにもすっぽり入ります。 内容紹介 2010年、革新的なスケジュール管理シートを携えて大好評デビューをはたした『yPad』。 2年目を迎えた今年は、ユーザーの皆様のお声をもとに、ほんの少し(そしてゴージャスに)改良を施しました。『yPad』は実用性を追求します。ビジネスマンも、クリエーターも、お母さんも、 高機能、かつ使うのが楽しくなる本品をご活用ください。 1枚で全部わかる。1枚に全部書ける。1枚で全部わかる。今日の予定から、日にちをまたぐ仕事やイベントの流れまで1度に見渡せる。yPad2は2週間分が「バーッと」わかります。また、日付記入式なので、いつからでもはじめられます。 頭のなかを整理整頓、そして

色の数だけ楽しみがある 多色色鉛筆 スーパーマルチ8

世の中は便利になったと思います。ペンも発色が良くて滑らかで削ったりしなくて・・・とすごく便利な方向に進んできました。だけど、昔の色鉛筆のような暖かな色を無性に使いたくなる時があるのです。そんな時ふと筆箱の中を見るとこのスーパーマルチ8が入っていたらどうでしょうか。素敵です。1本に8種類の芯を内蔵したホルダータイプのシャープ。ケース入り。色芯6色、ノンコピー芯2種内蔵のデザイン編集に適したタイプ

色の数だけ楽しみがある 多色色鉛筆 スーパーマルチ8

世の中は便利になったと思います。ペンも発色が良くて滑らかで削ったりしなくて・・・とすごく便利な方向に進んできました。だけど、昔の色鉛筆のような暖かな色を無性に使いたくなる時があるのです。そんな時ふと筆箱の中を見るとこのスーパーマルチ8が入っていたらどうでしょうか。素敵です。1本に8種類の芯を内蔵したホルダータイプのシャープ。ケース入り。色芯6色、ノンコピー芯2種内蔵のデザイン編集に適したタイプ

子供が使う世界最高峰の滑らかさ Pelikano junior(ペリカノ・ジュニアー)

ペンに対して衝撃(ショック)を感じたのはおそらくこのペリッカーノジュニアが初めてであったと思います。ほんとうに千数百円で買える幸せです。これを買った理由はとても単純で、知り合いの人が手にいれたがっていたから買っておいたのです。もともと生産国のドイツでは小学生や初めてペンを持つような子供たちが使う事を前提に作られているようで、指の置き位置が決まっていたり、少し軸が太いのが特徴なのかもしれません。

子供が使う世界最高峰の滑らかさ Pelikano junior(ペリカノ・ジュニアー)

ペンに対して衝撃(ショック)を感じたのはおそらくこのペリッカーノジュニアが初めてであったと思います。ほんとうに千数百円で買える幸せです。これを買った理由はとても単純で、知り合いの人が手にいれたがっていたから買っておいたのです。もともと生産国のドイツでは小学生や初めてペンを持つような子供たちが使う事を前提に作られているようで、指の置き位置が決まっていたり、少し軸が太いのが特徴なのかもしれません。

心地よい重み 精巧なつくり Rotring 500 / 0.7(ロットリング500 / 0.7)

このロットリングと言うシャープペンとは、偶然の出会いでした。と言っても普通の人と文房具の出合いなんて大概がそうだとは思うのですが…。一見すると、ただの黒い棒のように思えるのですが、全てのバランスが絶妙です。前部分と大部分のパーツがアルミを中心として出来ておりますが、軸はプラスチックです。軸にプラスチックを用いることで重心が前に来ており手にとると自然と筆記するスタイルに収まります。長さと太さのバランスも美しく、キャップ部に入った赤のラインがこのシャープペン全体のシルエットをうまくまとめています。 コストパフォーマンスも素晴らしく、1000円と言う破格です。(注:文房具や道具に興味の無い人にしてみれば1000円のシャープペンシルは非常に高く感じるようですが…)このクオリティで1000円なのですから、1本は持っておく必要があるでしょう。 芯サイズについてですが、私は鉛筆の変わりに持っていますので0.7を選んでいますが、シャープなのがお好きな方は他のサイズを選択してください。

心地よい重み 精巧なつくり Rotring 500 / 0.7(ロットリング500 / 0.7)

このロットリングと言うシャープペンとは、偶然の出会いでした。と言っても普通の人と文房具の出合いなんて大概がそうだとは思うのですが…。一見すると、ただの黒い棒のように思えるのですが、全てのバランスが絶妙です。前部分と大部分のパーツがアルミを中心として出来ておりますが、軸はプラスチックです。軸にプラスチックを用いることで重心が前に来ており手にとると自然と筆記するスタイルに収まります。長さと太さのバランスも美しく、キャップ部に入った赤のラインがこのシャープペン全体のシルエットをうまくまとめています。 コストパフォーマンスも素晴らしく、1000円と言う破格です。(注:文房具や道具に興味の無い人にしてみれば1000円のシャープペンシルは非常に高く感じるようですが…)このクオリティで1000円なのですから、1本は持っておく必要があるでしょう。 芯サイズについてですが、私は鉛筆の変わりに持っていますので0.7を選んでいますが、シャープなのがお好きな方は他のサイズを選択してください。

ツバメノートやライフノートのクリーム色と絶妙に合う PAPER MATEブルー

ペーパーメイトというこのサインペンは、チープ感がとても好きです。使い勝手も非常によく、特にペン先についてはなかなか頑丈なので従来のサインペンでありがちな「筆圧が強いのでペン先が壊れてしまう」といったことが少ないように思います。 プラスチックの本体に金属のクリップが付いていて、その金属部分にこのペンの名前が「PAPER MATE??」と書いてあります。なかなかカワイイロゴで気に入っています。 ここで紹介しているのはスカイブルーという色ですが、どうやらツバメノートとの相性がよく色がとても映えますツバメの少しクリームがかった色にペーパーメイトのさわやかな青色がマッチするのは当然と言えば当然なのでしょうが、一度試していただきたい組み合わせです。  

ツバメノートやライフノートのクリーム色と絶妙に合う PAPER MATEブルー

ペーパーメイトというこのサインペンは、チープ感がとても好きです。使い勝手も非常によく、特にペン先についてはなかなか頑丈なので従来のサインペンでありがちな「筆圧が強いのでペン先が壊れてしまう」といったことが少ないように思います。 プラスチックの本体に金属のクリップが付いていて、その金属部分にこのペンの名前が「PAPER MATE??」と書いてあります。なかなかカワイイロゴで気に入っています。 ここで紹介しているのはスカイブルーという色ですが、どうやらツバメノートとの相性がよく色がとても映えますツバメの少しクリームがかった色にペーパーメイトのさわやかな青色がマッチするのは当然と言えば当然なのでしょうが、一度試していただきたい組み合わせです。  

改良:フリクションプッシュ型ボールペン

種類:文房具 名称:フリクションボールペン 素材:メタリックボディのボールペン+フリクションインク 所在:自分用 年月:2011年3月 一言:ずいぶんと前から、フリクションボールペンを愛用してきたのです。最近になって、ビジネスシーンでもよく見かけるようになってきました。また、ビジネス用に金属製のスリムなタイプも出ています。ただ、プッシュ型のちょうど良いフリクションボールペンがないので手元にあったインクのでないボールペンを利用して合体させました。 方法:ボールペンの中身を抜きます。それとサイズが合うようにフリクションのプラスチック部分をカットします。ゴムの部分をてっぺんに付けます。

改良:フリクションプッシュ型ボールペン

種類:文房具 名称:フリクションボールペン 素材:メタリックボディのボールペン+フリクションインク 所在:自分用 年月:2011年3月 一言:ずいぶんと前から、フリクションボールペンを愛用してきたのです。最近になって、ビジネスシーンでもよく見かけるようになってきました。また、ビジネス用に金属製のスリムなタイプも出ています。ただ、プッシュ型のちょうど良いフリクションボールペンがないので手元にあったインクのでないボールペンを利用して合体させました。 方法:ボールペンの中身を抜きます。それとサイズが合うようにフリクションのプラスチック部分をカットします。ゴムの部分をてっぺんに付けます。

手帳:iPadスティーブ・ジョブズじゃなくて、yPad寄藤文平という選択

人気絶頂中のアップル社のiPad2(アイパッド)が発表されて、僕も欲しいと。何でも出来るし、薄くなって、カメラまでついていてまさにユビキタスだよと。そう思っていました。僕が生まれたのは、アナログな時代です。僕が育ってきたのはデジタルの世界です。僕らのような、アナログからデジタルへの変遷期を生きていると新しいものは絶対的な改善で、それを選ぶしか無いような考え方を一部持っています。つまり、新商品は必ず良いのでそれを買うのは善いことである。と。 確かに、どんどん進化して、何百冊もの本をipadに入れたり、インターネットを通じて瞬時に必要な情報が手に入ったり、スカイプ等で海外にいる友達とおしゃべりしたり、予定やタスクをいろんな機器で情報を一元化し手にする事は凄く理想的です。革命ですよ。 ただ、それが全てで、何でも最新機器のデジタル機器にしているとなんだか、しっくりこない時もあるのです。自分の考えをまとめたり、ハッとした時にすぐに書き留めたり、ピャッと開いて何かをすぐに確認したり、勘を頼ってみたりそんな思考的な事をするのにはどうやらアナログな自分とアナログな表現がしっくりきています。 その視点でみると、このypad(ワイパッド)という商品はアナログの良さの最たる物ではないのかと思います。よく「どうやっても予定を上手く立てれない。スケジューリングが下手だ。時間を有効利用できない。」と言う人たちがいます。そしてそんな方々は、能率手帳とか、パソコンの何メソッド〜〜とか、フランクリン〜〜とか、いろんな物を試しています。 それぞれに長所があって素晴らしいものであると思いますが、もっともっと簡単に考えれば森が見えていないだけなのだと感じます。そして山や地図が見えていないのだと思います。このypadで山や地図が見えるかはちょっと疑問ですが、森を見ようと思う時にはすばらしい効果があるかと思います。作

手帳:iPadスティーブ・ジョブズじゃなくて、yPad寄藤文平という選択

人気絶頂中のアップル社のiPad2(アイパッド)が発表されて、僕も欲しいと。何でも出来るし、薄くなって、カメラまでついていてまさにユビキタスだよと。そう思っていました。僕が生まれたのは、アナログな時代です。僕が育ってきたのはデジタルの世界です。僕らのような、アナログからデジタルへの変遷期を生きていると新しいものは絶対的な改善で、それを選ぶしか無いような考え方を一部持っています。つまり、新商品は必ず良いのでそれを買うのは善いことである。と。 確かに、どんどん進化して、何百冊もの本をipadに入れたり、インターネットを通じて瞬時に必要な情報が手に入ったり、スカイプ等で海外にいる友達とおしゃべりしたり、予定やタスクをいろんな機器で情報を一元化し手にする事は凄く理想的です。革命ですよ。 ただ、それが全てで、何でも最新機器のデジタル機器にしているとなんだか、しっくりこない時もあるのです。自分の考えをまとめたり、ハッとした時にすぐに書き留めたり、ピャッと開いて何かをすぐに確認したり、勘を頼ってみたりそんな思考的な事をするのにはどうやらアナログな自分とアナログな表現がしっくりきています。 その視点でみると、このypad(ワイパッド)という商品はアナログの良さの最たる物ではないのかと思います。よく「どうやっても予定を上手く立てれない。スケジューリングが下手だ。時間を有効利用できない。」と言う人たちがいます。そしてそんな方々は、能率手帳とか、パソコンの何メソッド〜〜とか、フランクリン〜〜とか、いろんな物を試しています。 それぞれに長所があって素晴らしいものであると思いますが、もっともっと簡単に考えれば森が見えていないだけなのだと感じます。そして山や地図が見えていないのだと思います。このypadで山や地図が見えるかはちょっと疑問ですが、森を見ようと思う時にはすばらしい効果があるかと思います。作