秘密の味つけ―びっくりするほどおいしくなる 料理書が教えなかったコツのコツ280品

秘密の味つけ―びっくりするほどおいしくなる 料理書が教えなかったコツのコツ280品 (21世紀ブックス)

秘密の味つけ―びっくりするほどおいしくなる 料理書が教えなかったコツのコツ280品

秘密の味つけ―びっくりするほどおいしくなる 料理書が教えなかったコツのコツ280品 (21世紀ブックス)

好奇心の源泉 21世紀こども百科 もののはじまり館

21世紀こども百科 もののはじまり館 私たちの生活にあふれる、さまざまな道具(もの)や、社会のきまりなど(こと)のはじまりを、豊富な写真やイラストを用いながら、視覚的に楽しく且つ説得力のある構成にて解説する、ビジュアル図鑑です。豊富な写真やイラストで、「はじまり」をわかりやすく解説。「なぜ?」の視点~「はじまり」の理由や意味も考える。学校、歳時記の特集など、生活に密着した「はじまり」を紹介。

好奇心の源泉 21世紀こども百科 もののはじまり館

21世紀こども百科 もののはじまり館 私たちの生活にあふれる、さまざまな道具(もの)や、社会のきまりなど(こと)のはじまりを、豊富な写真やイラストを用いながら、視覚的に楽しく且つ説得力のある構成にて解説する、ビジュアル図鑑です。豊富な写真やイラストで、「はじまり」をわかりやすく解説。「なぜ?」の視点~「はじまり」の理由や意味も考える。学校、歳時記の特集など、生活に密着した「はじまり」を紹介。

本当の冒険を始める前に 冒険図鑑―野外で生活するために

冒険図鑑―野外で生活するために (Do!図鑑シリーズ) 歩く、食べる、寝る、作って遊ぶ、動・植物との出会い、危険への対応の6章からなる野外生活の案内書。薬草、応急手当、料理の基本、観天望気など、家でも役立つページがたくさん。

本当の冒険を始める前に 冒険図鑑―野外で生活するために

冒険図鑑―野外で生活するために (Do!図鑑シリーズ) 歩く、食べる、寝る、作って遊ぶ、動・植物との出会い、危険への対応の6章からなる野外生活の案内書。薬草、応急手当、料理の基本、観天望気など、家でも役立つページがたくさん。

釣りと言う人生の最良 私の釣魚大全

私の釣魚大全 (文春文庫 か 1-2) これまでの釣魚随筆の枠をはるかに超えた、無類の愉しさ。卓抜な文明批判と自然観。釣魚をめぐる独自の思索を展げる名エッセイ。装画を多数収載した新編集決定版

釣りと言う人生の最良 私の釣魚大全

私の釣魚大全 (文春文庫 か 1-2) これまでの釣魚随筆の枠をはるかに超えた、無類の愉しさ。卓抜な文明批判と自然観。釣魚をめぐる独自の思索を展げる名エッセイ。装画を多数収載した新編集決定版

命有るものの不思議を詰め込んで ファーブル昆虫記

完訳 ファーブル昆虫記〈1〉 (岩波文庫) たゆまぬ努力と忍耐、そして深い愛情をこめて虫の観察を続けたファーブル。詩情あふれるその筆致は、数知れぬ熱烈な『昆虫記』ファンを生んできた。原書と同じく十分冊とし、各巻に虫名索引を付して好評を博した大型版をこのたび文庫版に縮小した。

命有るものの不思議を詰め込んで ファーブル昆虫記

完訳 ファーブル昆虫記〈1〉 (岩波文庫) たゆまぬ努力と忍耐、そして深い愛情をこめて虫の観察を続けたファーブル。詩情あふれるその筆致は、数知れぬ熱烈な『昆虫記』ファンを生んできた。原書と同じく十分冊とし、各巻に虫名索引を付して好評を博した大型版をこのたび文庫版に縮小した。

死から生をみる衝撃 メメント・モリ

メメント・モリ 書名の『メメント・モリ』とは、「死を想え」という意味で、ヨーロッパ中世末期にさかんに使われたラテン語の宗教用語だ。この本には、著者の短いコメントが付けられた74枚のオールカラー写真が収められ、生の光景に潜む無限の死の様相が極彩色で提示されている。たとえば、「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ」とのコメントがつけられた写真には、荒野に打ち捨てられたヒトの死体を野犬が貪るように食らい、それをカラスが遠巻きにしている光景が写し出されている。また、大河のほとりで遺体の野焼きをしている光景には、「ニンゲンの体の大部分を占める水は、水蒸気となって空に立ち昇る。それは、雨の一部となって誰かの肩に降りかかるかもしれない。何パーセントかの脂肪は土にしたたり、焼け落ちた炭素は土に栄養を与えて、マリーゴールドの花を咲かせ、カリフラワーをそだてるかもしれない」と、少し長めのコメントが付けられている。 もちろん、著者の提示している生と死がヒトに限定されるものではなく、他の生物や山川草木を含む、いわば森羅万象の生死を意味していることは明らかだ。この本に収められたすべての光景とコメントは、私たちの今生の「生」は、生と死が交錯する危ういバランス上で辛うじて生の側に立っているに過ぎないのだ、ということを示唆しているのかもしれない。 著者の藤原新也は1944年生まれ。アジア各地を400日漂白した記録『全東洋街道』で1981年度の毎日文化賞を受賞した。(水戸義継)

死から生をみる衝撃 メメント・モリ

メメント・モリ 書名の『メメント・モリ』とは、「死を想え」という意味で、ヨーロッパ中世末期にさかんに使われたラテン語の宗教用語だ。この本には、著者の短いコメントが付けられた74枚のオールカラー写真が収められ、生の光景に潜む無限の死の様相が極彩色で提示されている。たとえば、「ニンゲンは犬に食われるほど自由だ」とのコメントがつけられた写真には、荒野に打ち捨てられたヒトの死体を野犬が貪るように食らい、それをカラスが遠巻きにしている光景が写し出されている。また、大河のほとりで遺体の野焼きをしている光景には、「ニンゲンの体の大部分を占める水は、水蒸気となって空に立ち昇る。それは、雨の一部となって誰かの肩に降りかかるかもしれない。何パーセントかの脂肪は土にしたたり、焼け落ちた炭素は土に栄養を与えて、マリーゴールドの花を咲かせ、カリフラワーをそだてるかもしれない」と、少し長めのコメントが付けられている。 もちろん、著者の提示している生と死がヒトに限定されるものではなく、他の生物や山川草木を含む、いわば森羅万象の生死を意味していることは明らかだ。この本に収められたすべての光景とコメントは、私たちの今生の「生」は、生と死が交錯する危ういバランス上で辛うじて生の側に立っているに過ぎないのだ、ということを示唆しているのかもしれない。 著者の藤原新也は1944年生まれ。アジア各地を400日漂白した記録『全東洋街道』で1981年度の毎日文化賞を受賞した。(水戸義継)

忘れかけていた心を揺さぶる アルケミスト―夢を旅した少年

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア) 羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。

忘れかけていた心を揺さぶる アルケミスト―夢を旅した少年

アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア) 羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。

美しくも厳しい自然と 旅をする木

旅をする木 (文春文庫) 広大な大地と海に囲まれ、正確に季節がめぐるアラスカ。1978年に初めて降り立った時から、その美しくも厳しい自然と動物たちの生き様を写真に撮る日々。その中で出会ったアラスカ先住民族の人々や開拓時代にやってきた白人たちの生と死が隣り合わせの生活を、静かでかつ味わい深い言葉で綴る33篇を収録。

美しくも厳しい自然と 旅をする木

旅をする木 (文春文庫) 広大な大地と海に囲まれ、正確に季節がめぐるアラスカ。1978年に初めて降り立った時から、その美しくも厳しい自然と動物たちの生き様を写真に撮る日々。その中で出会ったアラスカ先住民族の人々や開拓時代にやってきた白人たちの生と死が隣り合わせの生活を、静かでかつ味わい深い言葉で綴る33篇を収録。

誰も教えてくれない わたしたちの事 人類が知っていることすべての短い歴史

人類が知っていることすべての短い歴史 宇宙のはじまり、DNA、プレートテクトニクス、10-43秒という時間の長さ。テストのために丸暗記しただけの用語や数字の奥には、驚くべき物語が隠されていた。科学と無縁だったベストセラー作家が一大奮起し、三年かけて多数の専門家に取材、世界の成り立ちの解明に挑む。科学を退屈から救い出した大傑作。

誰も教えてくれない わたしたちの事 人類が知っていることすべての短い歴史

人類が知っていることすべての短い歴史 宇宙のはじまり、DNA、プレートテクトニクス、10-43秒という時間の長さ。テストのために丸暗記しただけの用語や数字の奥には、驚くべき物語が隠されていた。科学と無縁だったベストセラー作家が一大奮起し、三年かけて多数の専門家に取材、世界の成り立ちの解明に挑む。科学を退屈から救い出した大傑作。

モーニングサービス・ブランチ・休憩のイップク・仕事あがりの一杯まで最高のメニュー、空間、音楽!スタッフが待つ 新宿のオアシス「ベルク」が出来るまで  新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? (P-Vine BOOks)

新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? (P-Vine BOOks) ミシュランには載らない究極の大衆飲食店は、こうしてできた!!新宿駅徒歩15秒!! 日本一の立地にあるインディーズ・カフェ「ベルク」。「新宿」らしさを残しつつ、時代とともに変化し、サバイブしてきた店の歴史とチェーン店にはない創意工夫、ユニークな経営術が、この一冊で全てわかる。個人店がどのように生き残るかのヒントも満載。

モーニングサービス・ブランチ・休憩のイップク・仕事あがりの一杯まで最高のメニュー、空間、音楽!スタッフが待つ 新宿のオアシス「ベルク」が出来るまで  新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? (P-Vine BOOks)

新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? (P-Vine BOOks) ミシュランには載らない究極の大衆飲食店は、こうしてできた!!新宿駅徒歩15秒!! 日本一の立地にあるインディーズ・カフェ「ベルク」。「新宿」らしさを残しつつ、時代とともに変化し、サバイブしてきた店の歴史とチェーン店にはない創意工夫、ユニークな経営術が、この一冊で全てわかる。個人店がどのように生き残るかのヒントも満載。

一枚からできることの魅力 カンガ・マジック101―一枚の布で楽しむ東アフリカ・シンプルライフ

カンガ・マジック101―一枚の布で楽しむ東アフリカ・シンプルライフ カンガとは、鮮やかなデザインが施された長方形の1枚布のこと。東アフリカでは男女問わず様々な用途に使われている。カンガの着こなしや機能的な使い方などをイラストでわかりやすく紹介。95年刊の改訂版。

一枚からできることの魅力 カンガ・マジック101―一枚の布で楽しむ東アフリカ・シンプルライフ

カンガ・マジック101―一枚の布で楽しむ東アフリカ・シンプルライフ カンガとは、鮮やかなデザインが施された長方形の1枚布のこと。東アフリカでは男女問わず様々な用途に使われている。カンガの着こなしや機能的な使い方などをイラストでわかりやすく紹介。95年刊の改訂版。

毎日の暮らしに問いかける豊かになる考え方 暮らしのヒント集

暮らしのヒント集 内容紹介 『暮しの手帖』に人気連載中の「暮らしのヒント集」が、ついに一冊になりました。まいにちの暮らしを豊かに、楽しくする469のヒントに、書き下ろしの解説を加えました。料理の合間に、寝る前のひとときに、パラパラとめくってみてください。どのページからでも読み始められます。ご家族や友人への贈りものにも、ぜひ、どうぞ。 ◎編集長・松浦弥太郎によるまえがきと本文、社主・大橋鎭子によるあとがき収録 内容(「BOOK」データベースより)まいにちの暮らしを美しくする469の工夫とアイデア。新しくて、初々しく、素直である美しい暮らしを送るための、ちょっとした工夫や発見、そしてささやかな心持ちを、書き記した言葉の数々。

毎日の暮らしに問いかける豊かになる考え方 暮らしのヒント集

暮らしのヒント集 内容紹介 『暮しの手帖』に人気連載中の「暮らしのヒント集」が、ついに一冊になりました。まいにちの暮らしを豊かに、楽しくする469のヒントに、書き下ろしの解説を加えました。料理の合間に、寝る前のひとときに、パラパラとめくってみてください。どのページからでも読み始められます。ご家族や友人への贈りものにも、ぜひ、どうぞ。 ◎編集長・松浦弥太郎によるまえがきと本文、社主・大橋鎭子によるあとがき収録 内容(「BOOK」データベースより)まいにちの暮らしを美しくする469の工夫とアイデア。新しくて、初々しく、素直である美しい暮らしを送るための、ちょっとした工夫や発見、そしてささやかな心持ちを、書き記した言葉の数々。

かつて魔法と伝説が真実として在った、世界を変える少年の話 ゲド戦記

ゲド戦記 全6冊セット (ソフトカバー版) 『影との戦い』ゲドは、自分にふしぎな力がそなわっているのを感じ、真の魔法を学ぼうと、魔法使いの学校に入る.進歩は早かった.得意になった彼は、禁じられた呪文を唱え、死の国の影を呼びだしてしまう. 『こわれた腕環 』魔法使いのゲドが影と戦ってから数年後、ここアースシーの世界では、島々の間に争いが絶えない.ゲドは世の中を平和にする力をもつという腕環を求めてアチュアンの墓所へゆき、大巫女アルハと会う. 『さいはての島へ』魔法の館の長としてアースシーを治める大賢人ゲドのもとに、ひとりの青年が知らせをもってきた.彼の国では魔法の力が衰えて人々は無気力になり、まるで死を待っているようだと.いったい何者のしわざか? 『帰還』平和と秩序を回復するために全力をだしきった大賢人ゲド.久々に故郷の島に帰った彼は、心身ともに衰えた一人の初老の男になっていた.彼が受け継いだ太古の魔法はどうなるのか.ゲドのその後は……. 『アースシーの風』故郷の島でひっそりと余生を送るゲドのもとへハンノキというまじない師が訪れ、物語は再開する-.最近また竜が暴れ出し、緊張が高まるアースシー世界.顔に大やけどを負う少女テハヌーは、王宮に呼び出され、重要な使命を与えられる. 『ゲド戦記外伝』つの物語(「カワウソ」「ダークローズとダイヤモンド」「地の骨」「湿原で」「トンボ」)と、作者による詳しい解説を収める〈外伝〉.作者の構想したアースシー世界の全貌が鮮やかに見えてくる、「ゲド戦記」ファン必見の一冊. この世で最初の言葉を話したセゴイによって海中から持ち上げられ創られたと伝えられる、太古の言葉が魔力を発揮する多島世界(アーキペラゴ)・アースシーを舞台とした魔法使いゲドの物語。 アースシーのうち、主にハード語圏では森羅万象に、神聖文字で表記される「真(まこと)の名前」が存在し、それを

かつて魔法と伝説が真実として在った、世界を変える少年の話 ゲド戦記

ゲド戦記 全6冊セット (ソフトカバー版) 『影との戦い』ゲドは、自分にふしぎな力がそなわっているのを感じ、真の魔法を学ぼうと、魔法使いの学校に入る.進歩は早かった.得意になった彼は、禁じられた呪文を唱え、死の国の影を呼びだしてしまう. 『こわれた腕環 』魔法使いのゲドが影と戦ってから数年後、ここアースシーの世界では、島々の間に争いが絶えない.ゲドは世の中を平和にする力をもつという腕環を求めてアチュアンの墓所へゆき、大巫女アルハと会う. 『さいはての島へ』魔法の館の長としてアースシーを治める大賢人ゲドのもとに、ひとりの青年が知らせをもってきた.彼の国では魔法の力が衰えて人々は無気力になり、まるで死を待っているようだと.いったい何者のしわざか? 『帰還』平和と秩序を回復するために全力をだしきった大賢人ゲド.久々に故郷の島に帰った彼は、心身ともに衰えた一人の初老の男になっていた.彼が受け継いだ太古の魔法はどうなるのか.ゲドのその後は……. 『アースシーの風』故郷の島でひっそりと余生を送るゲドのもとへハンノキというまじない師が訪れ、物語は再開する-.最近また竜が暴れ出し、緊張が高まるアースシー世界.顔に大やけどを負う少女テハヌーは、王宮に呼び出され、重要な使命を与えられる. 『ゲド戦記外伝』つの物語(「カワウソ」「ダークローズとダイヤモンド」「地の骨」「湿原で」「トンボ」)と、作者による詳しい解説を収める〈外伝〉.作者の構想したアースシー世界の全貌が鮮やかに見えてくる、「ゲド戦記」ファン必見の一冊. この世で最初の言葉を話したセゴイによって海中から持ち上げられ創られたと伝えられる、太古の言葉が魔力を発揮する多島世界(アーキペラゴ)・アースシーを舞台とした魔法使いゲドの物語。 アースシーのうち、主にハード語圏では森羅万象に、神聖文字で表記される「真(まこと)の名前」が存在し、それを

思いつきでライオンを飼い始めた二人が クリスチャンとロンドンで出会い、アフリカで再会するまで クリスチャン ザ ライオン

ライオンのクリスチャン―都会育ちのライオンとアフリカで再会するまで だれもがファッションに夢中だった1970年代はじめ、気ままな若い旅行者だった僕らは、ロンドンの百貨店で売られていた一頭の子ライオンに心を奪われる。ライオンを買い取ってクリスチャンと名付け、おしゃれな街区のアンティーク家具店に間借りし、僕らの楽しい共同生活は始まった。クリスチャンは気立ても頭も良く、毎日新しいことを覚え、遊ぶことが大好きだった。街の人気者になり、テレビに出たり、有名人が会いに来たり、夢のような日々。でも、そんなときも僕らは、いつかは彼と別れなければならないことを知っていた―。現地で野生生活に慣れる訓練を積み、クリスチャンはアフリカの荒野に帰っていった。自然は過酷だが、そこが彼の居場所なのだ。一年後、僕らは群れのボスになっているというクリスチャンに会いに行くことになった。名前を呼ぶと、倍にも大きくなったクリスチャンが岩陰から現れ、走り寄り、そして抱きついてきた!もちろん、彼は僕らを覚えていたのだ。2008年、この再会の場面は、40年近い歳月を経て、YouTubeを通じて世界中に知れわたり、何百万人もの人々を感動させることになった。それは予想外で驚くべきことだが、僕らの友情が永遠だってことは、ずっとわかっていたことなんだ。   野生のエルザ [DVD] アフリカの狩猟監視官アダムソン夫妻は、母親を殺された赤ちゃんライオンをエルザと名付け、我が子同然に可愛がったいた。 だがやがて月日が経ち、大きく成長したエルザをペットとして育てていくことに限界を感じる。 夫妻はエルザを動物園に送るかわりに、自然の生活に戻れるように訓練することを決意するが…。 世界的ベストセラーとなったジョイ・アダムソンの同名ノンフィクションを映画化した心温まる感動作。 映画音楽の名匠ジョン・バリーが贈る主題歌「ボーン・フ

思いつきでライオンを飼い始めた二人が クリスチャンとロンドンで出会い、アフリカで再会するまで クリスチャン ザ ライオン

ライオンのクリスチャン―都会育ちのライオンとアフリカで再会するまで だれもがファッションに夢中だった1970年代はじめ、気ままな若い旅行者だった僕らは、ロンドンの百貨店で売られていた一頭の子ライオンに心を奪われる。ライオンを買い取ってクリスチャンと名付け、おしゃれな街区のアンティーク家具店に間借りし、僕らの楽しい共同生活は始まった。クリスチャンは気立ても頭も良く、毎日新しいことを覚え、遊ぶことが大好きだった。街の人気者になり、テレビに出たり、有名人が会いに来たり、夢のような日々。でも、そんなときも僕らは、いつかは彼と別れなければならないことを知っていた―。現地で野生生活に慣れる訓練を積み、クリスチャンはアフリカの荒野に帰っていった。自然は過酷だが、そこが彼の居場所なのだ。一年後、僕らは群れのボスになっているというクリスチャンに会いに行くことになった。名前を呼ぶと、倍にも大きくなったクリスチャンが岩陰から現れ、走り寄り、そして抱きついてきた!もちろん、彼は僕らを覚えていたのだ。2008年、この再会の場面は、40年近い歳月を経て、YouTubeを通じて世界中に知れわたり、何百万人もの人々を感動させることになった。それは予想外で驚くべきことだが、僕らの友情が永遠だってことは、ずっとわかっていたことなんだ。   野生のエルザ [DVD] アフリカの狩猟監視官アダムソン夫妻は、母親を殺された赤ちゃんライオンをエルザと名付け、我が子同然に可愛がったいた。 だがやがて月日が経ち、大きく成長したエルザをペットとして育てていくことに限界を感じる。 夫妻はエルザを動物園に送るかわりに、自然の生活に戻れるように訓練することを決意するが…。 世界的ベストセラーとなったジョイ・アダムソンの同名ノンフィクションを映画化した心温まる感動作。 映画音楽の名匠ジョン・バリーが贈る主題歌「ボーン・フ

法外な値段で神業の手術を行う 命と金と苦悩がある ブラックジャック

Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1) (秋田文庫) 主人公は、黒いマント姿にツギハギの顔の天才無免許医師ブラック・ジャック。法外な料金を代償に、様々な怪我や難病を治療してゆく人間ドラマである。 本作は20ページ前後の一話完結型作品で、主人公のBJにまつわる話のほか、当時の医療現場の問題点、主人公の周囲の様々な人物の悲喜劇も描かれる。そのためBJが常に主役という位置づけではなく、狂言回しや端役となる事もある。 劇画を手塚流に消化し、高い物語性が評価され、ロングセラーとなった。また様々な映像化や舞台化が行なわれている。 本作には、医学的リアリティと大胆なフィクションが並存しているが、これは医学的事実よりも物語性を優先した、手塚の作劇術の一環である。異星人やミイラ、幽霊、感情を持つコンピュータを手術するなどという突飛な設定の話も存在する。

法外な値段で神業の手術を行う 命と金と苦悩がある ブラックジャック

Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1) (秋田文庫) 主人公は、黒いマント姿にツギハギの顔の天才無免許医師ブラック・ジャック。法外な料金を代償に、様々な怪我や難病を治療してゆく人間ドラマである。 本作は20ページ前後の一話完結型作品で、主人公のBJにまつわる話のほか、当時の医療現場の問題点、主人公の周囲の様々な人物の悲喜劇も描かれる。そのためBJが常に主役という位置づけではなく、狂言回しや端役となる事もある。 劇画を手塚流に消化し、高い物語性が評価され、ロングセラーとなった。また様々な映像化や舞台化が行なわれている。 本作には、医学的リアリティと大胆なフィクションが並存しているが、これは医学的事実よりも物語性を優先した、手塚の作劇術の一環である。異星人やミイラ、幽霊、感情を持つコンピュータを手術するなどという突飛な設定の話も存在する。

40年以上にわたって読み継がれて来た、生きると言う事の本 君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか (岩波文庫) 「どう生きていこうか」と考えたり、「どう生きていくのが正しいだろうか」と疑ったりするのは、人間である証拠ともいえるのです。 著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。

40年以上にわたって読み継がれて来た、生きると言う事の本 君たちはどう生きるか

君たちはどう生きるか (岩波文庫) 「どう生きていこうか」と考えたり、「どう生きていくのが正しいだろうか」と疑ったりするのは、人間である証拠ともいえるのです。 著者がコペル君の精神的成長に託して語り伝えようとしたものは何か。それは、人生いかに生くべきかと問うとき、常にその問いが社会科学的認識とは何かという問題と切り離すことなく問われねばならぬ、というメッセージであった。著者の没後追悼の意をこめて書かれた「『君たちはどう生きるか』をめぐる回想」(丸山真男)を付載。

今この瞬間にも奴隷が生きて死んでゆく

グローバル経済と現代奴隷制 奴隷制はどこかよその国の過去の問題ではなく、現在も進行中の地球規模の現実だ 安価な商品の背景には2700万人に及ぶ「現代奴隷」の存在がある。 売春婦・レンガ工・炭焼き人夫・農夫として最底辺に生きる人たちの実態を克明に調査した、英社会学者の渾身のレポート。

今この瞬間にも奴隷が生きて死んでゆく

グローバル経済と現代奴隷制 奴隷制はどこかよその国の過去の問題ではなく、現在も進行中の地球規模の現実だ 安価な商品の背景には2700万人に及ぶ「現代奴隷」の存在がある。 売春婦・レンガ工・炭焼き人夫・農夫として最底辺に生きる人たちの実態を克明に調査した、英社会学者の渾身のレポート。

兄は戦争によって2度殺される 火垂るの墓

アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)昭和20年9月21日、神戸・三宮駅構内で浮浪児の清太が死んだ。虱だらけの腹巻きの中にあったドロップの缶。その缶を駅員が暗がりに投げると、栄養失調で死んだ四歳の妹、節子の白い骨がころげ、蛍があわただしくとびかった―浮浪児兄妹の餓死までを独自の文体で印象深く描いた『火垂るの墓』、そして『アメリカひじき』の直木賞受賞の二作をはじめ、著者の作家的原点を示す6編。

兄は戦争によって2度殺される 火垂るの墓

アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)昭和20年9月21日、神戸・三宮駅構内で浮浪児の清太が死んだ。虱だらけの腹巻きの中にあったドロップの缶。その缶を駅員が暗がりに投げると、栄養失調で死んだ四歳の妹、節子の白い骨がころげ、蛍があわただしくとびかった―浮浪児兄妹の餓死までを独自の文体で印象深く描いた『火垂るの墓』、そして『アメリカひじき』の直木賞受賞の二作をはじめ、著者の作家的原点を示す6編。

宇宙や地球の中にもう一つの地球を創る試み

バイオスフィア実験生活―史上最大の人工閉鎖生態系での2年間 神戸にある中央図書館で何気なく手に取った「バイオスフィア2」そのまま借りて一気に読んだんだけど、全国模試の英語の長文に出るわ、理系の教授の話に出るわ、で僕の短い人生の中でも意外に引用されている計画です。なにせ、やることのスケールがおおきい。地球をそのまま創ってしまおうというものなのだから。 具体的に言うと、科学者8名が閉鎖空間で生活をするというもの。概要は《砂漠の中にそびえ立つガラス張りの巨大な空間に、熱帯雨林、海、湿地帯、サバンナなどの環境を世界各地から持ち込んだ動植物で再現している。日光によって空気が膨張し気圧が変化するのを防ぐために、巨大な気圧調整室が設けられた。また温度の上昇は防ぐべくもなく、冷却と照明に関しては外界からの電源供給に頼っている。実験はこの中で農耕、牧畜を行い食料と水分、そして酸素を自給自足することを最大目的としている。目的達成のために様々な科学的分析なども自らの手で行わなければならないが、廃棄物はすべて狭い生態系を循環するため、通常考えられないほど高濃度で自らの口に食料を介して入る可能性がある。従って試薬なども安全性に十分な配慮を要する。》と言うものである。 日本においても、同様の実験を規模は小さいが財団法人環境科学技術研究所 (http://www.ies.or.jp/) と言うところで行っているらしい。 この話で最も興味深かったのは、バイオスフィアの熱帯雨林の中には巨大な木があったのだが、それが何故かかれてしまった。その原因は、風にあったらしい。木々がたくましくまっすぐ天に育つために必要な、木が自らを支えようと幹を強くすることを怠ったのが原因だそうだ。 地球は私たちにとっては巨大な星だ。だからこそ、人間の行為に寛容であり続けられる。しかし、これから先人間の手で地球を模倣する限りはスペース

宇宙や地球の中にもう一つの地球を創る試み

バイオスフィア実験生活―史上最大の人工閉鎖生態系での2年間 神戸にある中央図書館で何気なく手に取った「バイオスフィア2」そのまま借りて一気に読んだんだけど、全国模試の英語の長文に出るわ、理系の教授の話に出るわ、で僕の短い人生の中でも意外に引用されている計画です。なにせ、やることのスケールがおおきい。地球をそのまま創ってしまおうというものなのだから。 具体的に言うと、科学者8名が閉鎖空間で生活をするというもの。概要は《砂漠の中にそびえ立つガラス張りの巨大な空間に、熱帯雨林、海、湿地帯、サバンナなどの環境を世界各地から持ち込んだ動植物で再現している。日光によって空気が膨張し気圧が変化するのを防ぐために、巨大な気圧調整室が設けられた。また温度の上昇は防ぐべくもなく、冷却と照明に関しては外界からの電源供給に頼っている。実験はこの中で農耕、牧畜を行い食料と水分、そして酸素を自給自足することを最大目的としている。目的達成のために様々な科学的分析なども自らの手で行わなければならないが、廃棄物はすべて狭い生態系を循環するため、通常考えられないほど高濃度で自らの口に食料を介して入る可能性がある。従って試薬なども安全性に十分な配慮を要する。》と言うものである。 日本においても、同様の実験を規模は小さいが財団法人環境科学技術研究所 (http://www.ies.or.jp/) と言うところで行っているらしい。 この話で最も興味深かったのは、バイオスフィアの熱帯雨林の中には巨大な木があったのだが、それが何故かかれてしまった。その原因は、風にあったらしい。木々がたくましくまっすぐ天に育つために必要な、木が自らを支えようと幹を強くすることを怠ったのが原因だそうだ。 地球は私たちにとっては巨大な星だ。だからこそ、人間の行為に寛容であり続けられる。しかし、これから先人間の手で地球を模倣する限りはスペース

ブッダ 人はなぜ生き、死に、違うのか。モヤモヤをもっとモヤモヤにする一冊

”人は、なんで生まれた時からこんなにも切ないほどに差があるんだろうか。命は誰にも平等だと言う幻惑にだまされて、命の価値はなぜこんなにも儚いほどに違うんだろうか。” おそらく自分というものを考えた事のある人なら、もしくは自分以外というものを考えてみた事のある人であれば、何か自分の中に「生」というものと「死」というものへのモヤモヤを胸に抱えているのだと思います。 自分が生きる価値のある人間なのか、草木や小さな虫や色々な生き物と自分の生命とはどのくらいかけ離れているんだろうか。生まれながらにして、裕福であったり貧乏であったり、才能があったり天才であったり。きちんとした環境の中で育ったり、生まれてすぐに死んでしまったり。 僕たちはそこへフォーカスし、嬉しかったり悲しかったりするんだけれど、それって本当に現実をとらえてるんだろうか。僕らが知っている不幸や富というもはあくまで僕らの知っている世界にすぎないと痛感する。だから、知らない世界が来ると一気に自分の持っていた基準がどっかに飛んで行ってしまってわからなくなるんだよ。だけれどしている事と言えば、誰であっても、何かと比べて自分を判断するだけだ。その比較を近づいてみるのか、すごく遠くからみるのかという手法の違いはあっても、考え方は同じだと思う。 死ぬという事と生きるという事、究極の対比が僕のモヤモヤをさらにモヤがかったものにする。ただこの世界の混沌全てを奇麗に整理するなんて事は、できないんだと思う。    

ブッダ 人はなぜ生き、死に、違うのか。モヤモヤをもっとモヤモヤにする一冊

”人は、なんで生まれた時からこんなにも切ないほどに差があるんだろうか。命は誰にも平等だと言う幻惑にだまされて、命の価値はなぜこんなにも儚いほどに違うんだろうか。” おそらく自分というものを考えた事のある人なら、もしくは自分以外というものを考えてみた事のある人であれば、何か自分の中に「生」というものと「死」というものへのモヤモヤを胸に抱えているのだと思います。 自分が生きる価値のある人間なのか、草木や小さな虫や色々な生き物と自分の生命とはどのくらいかけ離れているんだろうか。生まれながらにして、裕福であったり貧乏であったり、才能があったり天才であったり。きちんとした環境の中で育ったり、生まれてすぐに死んでしまったり。 僕たちはそこへフォーカスし、嬉しかったり悲しかったりするんだけれど、それって本当に現実をとらえてるんだろうか。僕らが知っている不幸や富というもはあくまで僕らの知っている世界にすぎないと痛感する。だから、知らない世界が来ると一気に自分の持っていた基準がどっかに飛んで行ってしまってわからなくなるんだよ。だけれどしている事と言えば、誰であっても、何かと比べて自分を判断するだけだ。その比較を近づいてみるのか、すごく遠くからみるのかという手法の違いはあっても、考え方は同じだと思う。 死ぬという事と生きるという事、究極の対比が僕のモヤモヤをさらにモヤがかったものにする。ただこの世界の混沌全てを奇麗に整理するなんて事は、できないんだと思う。    

ロウソクの科学 のような興味関心と疑問を持つ事

私たちの身の回りには、当たり前の事だけれどすごく不思議で、よくわかっていない事が山のようにあるでしょう。わかった気になっているけれど、本当にわかっているのは、その事象が持つほんのわずかな部分というのがほとんどでしょう。子供だけの仕事ではなくて私たちは常に、一見当たり前のような事にも時には胸をときめかせて興味関心を持つ事が必要だと思います。そしてそれは素晴らしく輝かしい原理によって世の中に存在しているという事に感動をせずにはいれないでしょう。わかりきった世の中だと思っていたけれど、そこに何故か?という視点を持つ事が重要です。 その昔、1971年9月に生まれたマイケル・ファラデーという人は、高等教育を受けなかったが熱心に学び、様々な科学の分野での発見や近代の電気技術の礎を築いた。最も世界に影響を与えた科学者の一人とも言われている。英国王立実験所長を務めた彼は、1861年に行われたその研究所が主催するクリスマスイベントとしての講演会で全6回の講演を行いました。ファラデーは聴衆達がどんなにすごい講演をおこなってくれるか期待の渦の中で、一本のロウソクを取り出しそのロウソクについての考察を話し始めた。さぞ高尚な話が聞けるのでは無いかという期待を裏切られた聴衆は動揺したが、しかしファラデーは「この宇宙をまんべんなく支配するもろもろの法則のうちで、ろうそくが見せてくれる現象にかかわりをもたないものは一つもないといってよいくらいです。」と言って話を始めた。 ロウソクの科学 The Chemical History of a Candle 著者:マイケル・ファラデー (Michael Faraday) 翻訳: 山形浩生 第 1 章 ロウソク:炎はどこからきているんだろうか。 ここでの出し物を見にくることで、みなさんはわれわれに大いなる栄誉を与えてくれたわけですから、そのお返しに、このレクチャー

ロウソクの科学 のような興味関心と疑問を持つ事

私たちの身の回りには、当たり前の事だけれどすごく不思議で、よくわかっていない事が山のようにあるでしょう。わかった気になっているけれど、本当にわかっているのは、その事象が持つほんのわずかな部分というのがほとんどでしょう。子供だけの仕事ではなくて私たちは常に、一見当たり前のような事にも時には胸をときめかせて興味関心を持つ事が必要だと思います。そしてそれは素晴らしく輝かしい原理によって世の中に存在しているという事に感動をせずにはいれないでしょう。わかりきった世の中だと思っていたけれど、そこに何故か?という視点を持つ事が重要です。 その昔、1971年9月に生まれたマイケル・ファラデーという人は、高等教育を受けなかったが熱心に学び、様々な科学の分野での発見や近代の電気技術の礎を築いた。最も世界に影響を与えた科学者の一人とも言われている。英国王立実験所長を務めた彼は、1861年に行われたその研究所が主催するクリスマスイベントとしての講演会で全6回の講演を行いました。ファラデーは聴衆達がどんなにすごい講演をおこなってくれるか期待の渦の中で、一本のロウソクを取り出しそのロウソクについての考察を話し始めた。さぞ高尚な話が聞けるのでは無いかという期待を裏切られた聴衆は動揺したが、しかしファラデーは「この宇宙をまんべんなく支配するもろもろの法則のうちで、ろうそくが見せてくれる現象にかかわりをもたないものは一つもないといってよいくらいです。」と言って話を始めた。 ロウソクの科学 The Chemical History of a Candle 著者:マイケル・ファラデー (Michael Faraday) 翻訳: 山形浩生 第 1 章 ロウソク:炎はどこからきているんだろうか。 ここでの出し物を見にくることで、みなさんはわれわれに大いなる栄誉を与えてくれたわけですから、そのお返しに、このレクチャー

風の谷のナウシカ 思想に新しい風を吹き込む

子供の頃、擦り切れて見れなくなるまで何回も何回も映画でナウシカ見ました。大学生になり友達からそのナウシカの漫画を借りました。ショックでした。なんてもったいない事をしたんだとを思いました。それからすぐに自分でもこのセットを購入し、何度も読んでいます。読むたびにこの漫画に注ぎ込まれたパワーを感じます。 宮崎駿の作品全般に言えることですが、その中でもナウシカは、人間愛や生命の尊さと言った重要なメッセージが強く出ており、読む者を深く考えさせます。子供でも大人でも一読必須。

風の谷のナウシカ 思想に新しい風を吹き込む

子供の頃、擦り切れて見れなくなるまで何回も何回も映画でナウシカ見ました。大学生になり友達からそのナウシカの漫画を借りました。ショックでした。なんてもったいない事をしたんだとを思いました。それからすぐに自分でもこのセットを購入し、何度も読んでいます。読むたびにこの漫画に注ぎ込まれたパワーを感じます。 宮崎駿の作品全般に言えることですが、その中でもナウシカは、人間愛や生命の尊さと言った重要なメッセージが強く出ており、読む者を深く考えさせます。子供でも大人でも一読必須。

ね、おはなしよんで こどものすばらしさが心にしみる

子供に読み聞かせをする為に作られた本です。初版は1962年で今も改版を重ねています。すごくよく考えて童話を選定しています。子供にすくすくと大きくまっすぐに魅力的な大人になってもらいたいという気持ちが込められています。 それだけでも魅力的な本なのですが、僕がヤラレてしまったのは、お話の途中途中にある、この本を読み聞かせているであろう大人へのメッセージです。このメッセージは、乾 孝さん(心理学者1911-1994)が書いており、220ページの内12回の見開きにあります。この見開きのメッセージが本当に素晴らしく僕の心を揺らしました。 子供の素晴らしさ、無限の可能性、そしてそこからみた大人の在り方、社会の在り方が短いメッセージの中に一文字の無駄も無く込められています。どうにかして、素晴らしいメッセージを伝えたいので、各見開きの要点をまとめました。   はじめのことば 子供はとてつもなく能無しだ。だけれどもそのたぐいまれなる能無しぶりこそが、常に大人を超える無限の可能性の現れでもある。子供らしさとは、大人を追い越してゆく素晴らしさ以外のものではありません。なぜ?とたずね、けれど、、、と考え、どうしようと相談する事の出来る子供は、完成された見事さではありません。いつも伸びていく、たえず新しい自分をつくりなおす、素晴らしさなのです。 愛すること まわりに、いつも興味と関心を持った大人がいてくれる事は大切です。けれどもその興味と関心とは、ただやたらに頬ずりをしたり、抱きしめたりでは困ります。そんな事をすれば『今』だけに閉じこもった、快い感覚的な愛し方しか知らない子供になってしまうでしょう。未来を子供に仲立ちしてやるような愛情が、必要なのです。親が、ただ、かわいらしい小さな生き物として、子供を愛し、ただ、そばにいる有益な生き物として愛される、などというのは、みすぼらしい話です。ただ

ね、おはなしよんで こどものすばらしさが心にしみる

子供に読み聞かせをする為に作られた本です。初版は1962年で今も改版を重ねています。すごくよく考えて童話を選定しています。子供にすくすくと大きくまっすぐに魅力的な大人になってもらいたいという気持ちが込められています。 それだけでも魅力的な本なのですが、僕がヤラレてしまったのは、お話の途中途中にある、この本を読み聞かせているであろう大人へのメッセージです。このメッセージは、乾 孝さん(心理学者1911-1994)が書いており、220ページの内12回の見開きにあります。この見開きのメッセージが本当に素晴らしく僕の心を揺らしました。 子供の素晴らしさ、無限の可能性、そしてそこからみた大人の在り方、社会の在り方が短いメッセージの中に一文字の無駄も無く込められています。どうにかして、素晴らしいメッセージを伝えたいので、各見開きの要点をまとめました。   はじめのことば 子供はとてつもなく能無しだ。だけれどもそのたぐいまれなる能無しぶりこそが、常に大人を超える無限の可能性の現れでもある。子供らしさとは、大人を追い越してゆく素晴らしさ以外のものではありません。なぜ?とたずね、けれど、、、と考え、どうしようと相談する事の出来る子供は、完成された見事さではありません。いつも伸びていく、たえず新しい自分をつくりなおす、素晴らしさなのです。 愛すること まわりに、いつも興味と関心を持った大人がいてくれる事は大切です。けれどもその興味と関心とは、ただやたらに頬ずりをしたり、抱きしめたりでは困ります。そんな事をすれば『今』だけに閉じこもった、快い感覚的な愛し方しか知らない子供になってしまうでしょう。未来を子供に仲立ちしてやるような愛情が、必要なのです。親が、ただ、かわいらしい小さな生き物として、子供を愛し、ただ、そばにいる有益な生き物として愛される、などというのは、みすぼらしい話です。ただ

八十日間世界一周 世界中の旅行者を生み出してきた名作

世界一周をするという事でも、凄い事なのにそれを80日間という期限を持って行うというのだから凄い。そもそものきっかけはトランプでの賭け事だったのですが、やると決めてからの行動力や、立ちはだかる困難の解決策や、異国の雰囲気を想像して興奮してしまいます。 さらに面白いのが、この本の影響で色んな人が実際に、本書のルートに近い形で世界一周を行っている点です。このサイトでも紹介しています「深夜特急」の様に、この本が100年以上の間、数多くのバックパッカーや冒険家や旅行者を生んでいる事は間違いありません。100年前の人々でも現代の私たちでもワクワクしたり、旅行に夢を持つ事は同じなんですね。寝る前に読んで、胸が高鳴って寝付けなかったり、もし自分がと想像したり。本当に素晴らしい本であると思います。 wikipedia: 物語は1872年10月2日のロンドンに始まる。主人公フィリアス・フォッグは裕福で独身貴族的な人生を謳歌していた。彼には、物事を尋常ではない正確さで行う習慣と、トランプゲームに傾注する癖があった。それ以外の私生活は全く謎で、なぜ大金を持っているかも詳らかでない。が、ロンドンの紳士クラブ「リフォームクラブ」(The Reform Club) のメンバーは一部を除き気にしていないようだ。 そのせいで彼の元執事はフォッグのひげそりに使うお湯の温度を1℃間違えたために解雇されてしまい、新たにこれまた規則正しい生活を望んでいるフランス人のパスパルトゥーが雇われた。 パスパルトゥーが雇われた日の遅く、「リフォーム・クラブ」でフォッグは他の紳士らと『デイリー・テレグラフ』紙のある記事について議論をした。同紙に載っていた「イギリス領インド帝国に新たに鉄道が設けられた」という記事について、フォッグは「これで世界を80日で一周することが可能になった」と主張したのだ。そのスケジュールは次のとおり。

八十日間世界一周 世界中の旅行者を生み出してきた名作

世界一周をするという事でも、凄い事なのにそれを80日間という期限を持って行うというのだから凄い。そもそものきっかけはトランプでの賭け事だったのですが、やると決めてからの行動力や、立ちはだかる困難の解決策や、異国の雰囲気を想像して興奮してしまいます。 さらに面白いのが、この本の影響で色んな人が実際に、本書のルートに近い形で世界一周を行っている点です。このサイトでも紹介しています「深夜特急」の様に、この本が100年以上の間、数多くのバックパッカーや冒険家や旅行者を生んでいる事は間違いありません。100年前の人々でも現代の私たちでもワクワクしたり、旅行に夢を持つ事は同じなんですね。寝る前に読んで、胸が高鳴って寝付けなかったり、もし自分がと想像したり。本当に素晴らしい本であると思います。 wikipedia: 物語は1872年10月2日のロンドンに始まる。主人公フィリアス・フォッグは裕福で独身貴族的な人生を謳歌していた。彼には、物事を尋常ではない正確さで行う習慣と、トランプゲームに傾注する癖があった。それ以外の私生活は全く謎で、なぜ大金を持っているかも詳らかでない。が、ロンドンの紳士クラブ「リフォームクラブ」(The Reform Club) のメンバーは一部を除き気にしていないようだ。 そのせいで彼の元執事はフォッグのひげそりに使うお湯の温度を1℃間違えたために解雇されてしまい、新たにこれまた規則正しい生活を望んでいるフランス人のパスパルトゥーが雇われた。 パスパルトゥーが雇われた日の遅く、「リフォーム・クラブ」でフォッグは他の紳士らと『デイリー・テレグラフ』紙のある記事について議論をした。同紙に載っていた「イギリス領インド帝国に新たに鉄道が設けられた」という記事について、フォッグは「これで世界を80日で一周することが可能になった」と主張したのだ。そのスケジュールは次のとおり。

深夜特急全六巻 旅熱にあてられて

とにかく、衝動の集大成であり、旅行への興味・興奮・アクシデント・恐怖・怠惰・その他諸々が全て詰まった本。すごく有名な本でなおかつ、今でも続々と格安旅行者・バックパッカーを生み出しているのですが、僕はそんなこと全然知らずにフリマで買ってみただけでした。一人で海外へ行き、右も左もわからない。誰も信用できそうもない。物を買うことすらままならない状況。命の危険もあるかもしれない。 だけれども、その代償を払ってでも旅行をしたくなる。その気にさせる一冊です。 参:バックパッカー(英語: backpacker)は低予算で国外を個人旅行する旅行者のことを指して使われてきた言葉である。バックパック(リュックサック)を背負って移動する者が多いことからこの名がある。日本語では「パッカー」と略すこともある。 参:出版社から インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く―。ある日そう思い立った26歳の〈私〉は、仕事をすべて投げ出して旅に出た。途中立ち寄った香港では、街の熱気に酔い痴れて、思わぬ長居をしてしまう。マカオでは、「大小」というサイコロ博奕に魅せられ、あわや…。1年以上にわたるユーラシア放浪が、今始まった。いざ、遠路2万キロ彼方のロンドンへ。

深夜特急全六巻 旅熱にあてられて

とにかく、衝動の集大成であり、旅行への興味・興奮・アクシデント・恐怖・怠惰・その他諸々が全て詰まった本。すごく有名な本でなおかつ、今でも続々と格安旅行者・バックパッカーを生み出しているのですが、僕はそんなこと全然知らずにフリマで買ってみただけでした。一人で海外へ行き、右も左もわからない。誰も信用できそうもない。物を買うことすらままならない状況。命の危険もあるかもしれない。 だけれども、その代償を払ってでも旅行をしたくなる。その気にさせる一冊です。 参:バックパッカー(英語: backpacker)は低予算で国外を個人旅行する旅行者のことを指して使われてきた言葉である。バックパック(リュックサック)を背負って移動する者が多いことからこの名がある。日本語では「パッカー」と略すこともある。 参:出版社から インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く―。ある日そう思い立った26歳の〈私〉は、仕事をすべて投げ出して旅に出た。途中立ち寄った香港では、街の熱気に酔い痴れて、思わぬ長居をしてしまう。マカオでは、「大小」というサイコロ博奕に魅せられ、あわや…。1年以上にわたるユーラシア放浪が、今始まった。いざ、遠路2万キロ彼方のロンドンへ。