シンプルで小さめの手提げカバン「4号帆布切りっぱなし風」

最近カバン欲がちょっとあって、友人が持っていた「アースメイド」というメーカーのショルダートート(下画像リンク)が印象(間口が広くて荷物が入れやすく、ジッパーが付いていて安心、カバンの底からショルダーのひもを持ってきていて、大きさがちょうどよく、素材も硬すぎず柔らかすぎず発色も良いで)良かったんですが、なかなか買うには至らず。 ずいぶん前にバギーポートでいただいたグリーンの帆布で作った、深型の手提げトートを改造することにしました。カメラと三脚(はみ出る…)と小物類をいれるとパンパンだけど、最近は気に入って使っています。しばらく様子を見てみようかな。(材料:布地は4号か6号の帆布くらいかな?、持ち手はキップレザー)

シンプルで小さめの手提げカバン「4号帆布切りっぱなし風」

最近カバン欲がちょっとあって、友人が持っていた「アースメイド」というメーカーのショルダートート(下画像リンク)が印象(間口が広くて荷物が入れやすく、ジッパーが付いていて安心、カバンの底からショルダーのひもを持ってきていて、大きさがちょうどよく、素材も硬すぎず柔らかすぎず発色も良いで)良かったんですが、なかなか買うには至らず。 ずいぶん前にバギーポートでいただいたグリーンの帆布で作った、深型の手提げトートを改造することにしました。カメラと三脚(はみ出る…)と小物類をいれるとパンパンだけど、最近は気に入って使っています。しばらく様子を見てみようかな。(材料:布地は4号か6号の帆布くらいかな?、持ち手はキップレザー)

縫わない皮革の手帳

革を縫わないで、ボンドだけで作った手帳。縫わないと耐久性が問題あるのかと勝手な固定概念を持っていましたが、これが意外と丈夫です。黒のバイソンレザーを外にして、イエロー気味のオイルレザーを入れてます。僕が欲しいのは、ノートみたいな手帳で、紙(リフィル)の端と手帳の革の端が同じつらになっているのがいいのですが、これが意外と売ってなくて作るしかないのです。

縫わない皮革の手帳

革を縫わないで、ボンドだけで作った手帳。縫わないと耐久性が問題あるのかと勝手な固定概念を持っていましたが、これが意外と丈夫です。黒のバイソンレザーを外にして、イエロー気味のオイルレザーを入れてます。僕が欲しいのは、ノートみたいな手帳で、紙(リフィル)の端と手帳の革の端が同じつらになっているのがいいのですが、これが意外と売ってなくて作るしかないのです。

ティンバーランドの靴で作ったカードケース

ティンバーランドの靴がヘタって来たので捨てようと思っていたら、靴のベロをカードケースにする事を思いついたので作成しました。なかなか使い勝手が良いので、財布をやめてこれからの時代をこのカードケースをしばらく使っていこうと思います。 僕はいつも、できる限りミニマムな道具で過ごしたいと考えているんですが、これがなかなか上手くいかない。あれもこれもと必要なものを考えていくと、財布はパンパンになりカバンは荷物でごった返す。そんななか「無理にでも入れ物が小さいと、それに入れれるように自然となるんじゃないか?」と思って小さいカードケースを財布代わりにしてみました。不要なレシートなんかはすぐに整理をしなくてはならなくなったけど、今の所これだけの容量でなんとかやれてます。 本当に必要なものは何か?これは財布にも絶えず問い続けなければならないのだと思う。   財布に入れるもの ◻︎運転免許証&健康保険証・・・身分証明に必須ですね。 ◻︎クレジットカード(楽天master・YAMADAアメリカンエキスプレス・ファミマJCB)・・・海外旅行行くのも考えて、masterカードとアメリカネキスプレスを一応持っています。それから、ファミマは得点多いのでカードを一応作成しています。楽天カードに関しては、海外旅行保険が自動付帯なので海外に行く人は是非ですね◉ ◻︎現金(年齢×千円÷3)・・・昔は現金をたくさん持ち歩いている人が多かったのだと思いますが、最近では、電子マネーやクレジットカードの普及で随分と持ち歩く金額が少なくなっているようです。 ◻︎キャッシュカード(メインバンク)1枚 or 2枚 あと、必要に応じて ◻︎定期(ICOCA)・・・車を乗っている分にはあんまり活躍しないですが、通勤時には必ず必要なので入れっぱなしとなります。◻︎名刺・・・とっさに名刺を出されて持っていたらよかったなと思うことが

ティンバーランドの靴で作ったカードケース

ティンバーランドの靴がヘタって来たので捨てようと思っていたら、靴のベロをカードケースにする事を思いついたので作成しました。なかなか使い勝手が良いので、財布をやめてこれからの時代をこのカードケースをしばらく使っていこうと思います。 僕はいつも、できる限りミニマムな道具で過ごしたいと考えているんですが、これがなかなか上手くいかない。あれもこれもと必要なものを考えていくと、財布はパンパンになりカバンは荷物でごった返す。そんななか「無理にでも入れ物が小さいと、それに入れれるように自然となるんじゃないか?」と思って小さいカードケースを財布代わりにしてみました。不要なレシートなんかはすぐに整理をしなくてはならなくなったけど、今の所これだけの容量でなんとかやれてます。 本当に必要なものは何か?これは財布にも絶えず問い続けなければならないのだと思う。   財布に入れるもの ◻︎運転免許証&健康保険証・・・身分証明に必須ですね。 ◻︎クレジットカード(楽天master・YAMADAアメリカンエキスプレス・ファミマJCB)・・・海外旅行行くのも考えて、masterカードとアメリカネキスプレスを一応持っています。それから、ファミマは得点多いのでカードを一応作成しています。楽天カードに関しては、海外旅行保険が自動付帯なので海外に行く人は是非ですね◉ ◻︎現金(年齢×千円÷3)・・・昔は現金をたくさん持ち歩いている人が多かったのだと思いますが、最近では、電子マネーやクレジットカードの普及で随分と持ち歩く金額が少なくなっているようです。 ◻︎キャッシュカード(メインバンク)1枚 or 2枚 あと、必要に応じて ◻︎定期(ICOCA)・・・車を乗っている分にはあんまり活躍しないですが、通勤時には必ず必要なので入れっぱなしとなります。◻︎名刺・・・とっさに名刺を出されて持っていたらよかったなと思うことが

コンパスノートとコンパクト財布

ハンドメイドの小型財布のよこにある、カードケースを作成しました。このカードケースの中に必要な物は全て積み込んで人生の羅針盤のように方向を決める「コンパスノート」の作成を思いつきました。

コンパスノートとコンパクト財布

ハンドメイドの小型財布のよこにある、カードケースを作成しました。このカードケースの中に必要な物は全て積み込んで人生の羅針盤のように方向を決める「コンパスノート」の作成を思いつきました。

コンパクトキーケース

二人の幸せに、ささやかながら小さなキーケースを贈ります。それぞれイメージに合わせて作られています。

コンパクトキーケース

二人の幸せに、ささやかながら小さなキーケースを贈ります。それぞれイメージに合わせて作られています。

i-podやデジカメを入れるための革ケース

いま流行ってるちっさなデジカメやアイ・ポッドを入れるためにつくられたこのスエード・ケースは、この世にそう何個もない、えっと、確か同じようなものは4つくらいつくったと思うけど、それも全部違うサイズなのでホントに同じのがないんですよ。店長に贈ったデジカメケースは結構良いらしいので、鼻高々です。タイでなっちゃんにあげたのは、クッションつきのやつだっけか?感想あったら聞かせてほしいと思います。どこが、使いにくいとか、ここが良いとかカワイイとかね。あと、ボタンコレクターの僕としては、この木のボタンに革紐を引っ掛けてとめる方式も結構気に入っています。 作り方 簡単といえば簡単。技術的な問題は一切無いと思います。ただ、工業用ミシンが無いと思うので(普通の家庭にないよね?)縫う場合は手縫いとなるのでしんどい。(僕の場合、実際はそれほどしんどくないが、よし!やってやるというモチベーションが一気に下がることは間違いないです。) あと、今回は豚革で、ヘリまき(なんか、端の処理の事)しているのですが無い場合はお好きなもので◎ ①最初にヘリを豚革で巻いておく(縫う)。 ②表を内にして縫う。 ③裏返す。 ④ボタン等をつける。 ⑤出来上がり。 ※多分、革を切るところから、やっても一時間くらいで出来ると思います。

i-podやデジカメを入れるための革ケース

いま流行ってるちっさなデジカメやアイ・ポッドを入れるためにつくられたこのスエード・ケースは、この世にそう何個もない、えっと、確か同じようなものは4つくらいつくったと思うけど、それも全部違うサイズなのでホントに同じのがないんですよ。店長に贈ったデジカメケースは結構良いらしいので、鼻高々です。タイでなっちゃんにあげたのは、クッションつきのやつだっけか?感想あったら聞かせてほしいと思います。どこが、使いにくいとか、ここが良いとかカワイイとかね。あと、ボタンコレクターの僕としては、この木のボタンに革紐を引っ掛けてとめる方式も結構気に入っています。 作り方 簡単といえば簡単。技術的な問題は一切無いと思います。ただ、工業用ミシンが無いと思うので(普通の家庭にないよね?)縫う場合は手縫いとなるのでしんどい。(僕の場合、実際はそれほどしんどくないが、よし!やってやるというモチベーションが一気に下がることは間違いないです。) あと、今回は豚革で、ヘリまき(なんか、端の処理の事)しているのですが無い場合はお好きなもので◎ ①最初にヘリを豚革で巻いておく(縫う)。 ②表を内にして縫う。 ③裏返す。 ④ボタン等をつける。 ⑤出来上がり。 ※多分、革を切るところから、やっても一時間くらいで出来ると思います。