タイの熱帯魚屋で熱帯魚の故郷を見る

  • wikipedia:熱帯魚とは、本来は南米や東南アジア、アフリカなど熱帯地域の淡水域に生息する美麗な魚類や奇特な魚類を飼育する趣味、およびその対象となる魚類を指す言葉であった。しかし、技術の進歩やそれによる普及などを通じ、次第にその対象が広まった結果、本来の意味を逸脱する例が増えている。今日では屋内鑑賞用の魚類のうち金魚、メダカなど一定のジャンルに属する魚類を除くもの全てを指すことも少なくない。すなわち熱帯魚とは、いわゆる屋内観賞魚一般を表す慣用語であり、すべてが熱帯原産というわけではない。
  • 海水魚の飼育は、古くは淡水魚の飼育に比べて格段にハードルが高く、元来は全く異なるジャンルと認知されていたが、これも技術革新による普及の結果、いつしか名称的には熱帯魚に飲み込まれた形である。現在の熱帯魚は、生息地の水質により分類すれば、海水魚、淡水魚及び河口などの汽水魚に分かれる。
so

About so

おもしろいを原動力に。僕(SO)の作った作品“WORKS”と愛すべきモノ達“GOODS”の紹介とその他の情報共有をする場所。それが、ソーグッズ.ネット。