京大ユニセフクラブ 11月祭’99

  • 苛酷な農村からの出稼ぎ児童労働
  • フィリピンのスラムに住むストリートチルドレンの多くは、家族があり、仲間がおり、コミュニティに支えられたなかで、生きるための仕事に従事している。 一方、タイでは農村から地方への出稼ぎ児童労働が多く、いっそう苛酷な現実に向き合っている。というのは、家族の保護の目が届かない所で、親に支払われた前払い金の債務を負っている場合が多く、ほとんどただ働きに近い状態で長時間労働を強いられているのだ。
  • タイでは、子どもが働くことは貧困家庭以外でもあたりまえのこととみなされていた。農村では家事や農業を手伝うのは極普通のことであったが、農村の貧困から都市へと子どもの労働が移動するなかで、孤独のなかで、労働がより危険で、搾取的なものになっている。
  • 《バンコクに出稼ぎに行く過程》
  • 子どもたちがバンコクに出稼ぎにくる方法
  • ① 村々を回って、子どもたちを集めるブローカーに連れてこられるケース
  • ②すでにバンコクで働いている親戚や友人に連れられてくるケース
  • ③最後は自分ひとりでやってくるケースである。
  • →ひとりでやってきた子どもたちは、バンコクについて、駅やバスターミナルで待ち構えるブローカーから仕事を斡旋される。
  • 【職業斡旋所】 ブローカーたちが、駅やバスターミナルでさそってつれてきた子ども達に仕事を斡旋し、雇用主との契約を仲介する場所
  • 子どもたちの多くは、雇用主が親やブローカーに前払い金や斡旋料を支払っているために、負債を負っての就労となる。