shapeimage_2旅行に行くときに必要なんじゃないかな?と思う荷物のチェックリスト。現地で買える物も沢山あるので不用意に持っていかないほうが楽しい。ストール等普通のものがいろんな役に立つので、ぜひチェック。お金は非常に大事なので薄いポシェットに入れて携帯する?読むと思ってもって行った本は読まないので持っていかなくてもいい。所詮、実質1W程度ではどこでも楽しく過ごせる。※各項目での–––––より下は、必要な人のみ好みで選んでください。□□の使い方は、特に決まっていませんが、事前準備の時と、出発前最終チェックで利用してください。
 
まずは基本のタイ旅行などの東南アジア。暑い国編からみて、寒い国はそれに足す形でみます。

★★★★★これがないと話にならない!!必須編。基本的には身につける

□□お金・・・(お土産代を含む)___万円 ※多くて1万円*宿泊数。
□□クレジットカード ※推奨

(旅行保険自動付帯の物もあるので要チェック、VISAとMasterCardの2枚は持っておきたい。アメックスはお好みで。楽天カードは本当におすすめ!海外旅行保険付帯もついてあり、家族カードを無償で発行していたら家族も対応。しかも、同行者で楽天カードを保有している場合も適応とか。)

□□キャッシュカード 

銀行のカードにPLUSの文字があれば現地から現地通貨で引き出せます!不足の場合現地ATMで、日本の銀行のように使えます。海外ではATMが街中だとたくさん置いていますので、非常に便利です。手数料もある程度まで定額の場合が多いので、数万円まとまって下ろすのであれば、金額的にもオススメです。ただし、キャッシュカードが飲み込まれてしまったり慣れていないと操作画面がよくわからなかったりしますので、不安な場合は利用しなくてもいいでしょう。(おすすめは新生銀行)

□□e-チケット

格安航空券/コピーを必ず持ちましょう、おすすめはトラベル子ちゃんで!ただし、キャンセル発生のリスクやトータルコストを考えた場合、格安ツアーの方が安くなる可能性もあります◎両方チェックしましょう。トラブルに巻き込まれることもあるので必ずコピーをすること!

□□パスポート・・・これ無いと行けない帰れない/顔写真入りのページのコピーを必ず持ちましょう
□□ホテルのカード・・・現地で入手、もしも突然はぐれて1時間以上会えない時は、とりあえずホテルに電話or集合と決めておきましょう。
□□パスポートなどを入れるケース

パスポートや航空券や大事なものは、空港の中ではケースに入れましょう。100円均一のものでもいいし、防水性のあるものでもいいです。この中には、長期滞在の場合、予備の証明写真とボールペンも入れておきます。

□□連絡手段・・・緊急連絡先(海外旅行保険とクレジット紛失時とキャッシュカード紛失時のTEL)

一昔前の旅行と違うのは、この連絡手段が海外でも使えるという点だろう。これは大変革命的であります。先進国の携帯電話普及率が120%に対し、新興国は96.8%と固定電話の9.4%をはるかに上回っています。そのおかげもあって、大概の国ではSIMカードと呼ばれる電話番号のチップがコンビニなどで販売されていてSIMフリー携帯を持っていたら、簡単に現地の電話として使えるのです。持っていない場合はお使いのキャリアでグローバルサービスを受けてください。グループのうち誰か一人は必ず利用できるようにしてほしいものです。

★★★★行動用バックに詰め込むもの!!

□□現地行動用のカバン(軽くて暑苦しくないのが良い)

img59137023長い間ミレーから販売されていた、ポータブルの(パッカブルとうらしい)リュックサックを使っています。潰れては新しいモデルを使いを繰り返して、もう4代目?値段も5000円くらいで、サイドに水筒やメモを入れれるポケットがついてあって、大変重宝してましたが最新モデルではポケットがなくなってしまったので、次に破れたらどうしようかいまから悩んでます。一眼レフカメラと三脚とアウターと奥さん用のストールや、小腹が減った時のお菓子なんかも全部入ります!【参考】現行品

□□一眼レフ

91CLC885abL._SL1500_

41lq816JqzLこれまでの趣味の買い物の中で、本当に買ってよかったと心底思えたのは、5年前のimac27インチと一眼レフD600でした。すごく高くて重たいからと躊躇していましたが、一眼レフデジタルカメラを手に入れてからは、コンパクトデジタルカメラを買っては、すぐ新しいものを売り場で眺める→1年か2年で購入ということの繰り返しがなくなりました。少しばかり覚えなければいけない操作とか、コンデジとはちょっと感覚が違うところもありますが、とにかく写真のうつりに間違いなく感動します。レンズもいろいろな人がいろんな事を言って、僕を誘惑しますが今の所、単焦点50mm 1.4fの一本でやっていけてます。※ローパスフィルターの問題があって、D600→D610に無償交換していただいたので、今のカメラはD610です。【参考】写真例

□□ウエットティッシュ & 洗顔ペーパー・・・ウエットティッシュは、できればノンアルコールで優しいものが好きだ。一方、洗顔ペーパーはGATSBY スーパーリフレッシュタイプとスーパーハードに決まっている。いずれにせよ素材が吸水性があるものが良い。ふわふわしたやつはどうも合わない。

□□長袖の上着・・・飛行機の中で羽織るもの。空港の中で快適に過ごせるように。

□□目薬・・・抗菌目薬とは違う、普段使いのものを用意。

□□セキュリティーポーチ・・・腹巻きや首下げ式があるけれど、個人的にはウエストポーチ型がなんとなく安心。

□□携帯電話 or iphone

スクリーンショット 2015-07-28 21.02.07iphoneを持っていない僕は、認めたくはないが新「旅行の三種の神器」=①パスポート②カード類(クレジット・キャッシュカード)③iphoneがあればほとんどなんでもできちゃうんじゃないだろうか。本を読むのも、パソコンの代わりにインターネットするのも、写真も結構綺麗に撮れる。デバイスとしての完成度もピカイチ!OSの直感性も最高!アプリケーションの充実もある!ということで、世界を股にかける男もこれを選んでいるようです。

□□しおり

スクリーンショット 2015-07-28 8.06.05旅行保険の番号や、ホテルの住所や念のためのパスポートのコピーなどをまとめたもの。僕は、個人的にこのしおりの作成を推奨しています。遠足でも釣りでもなんでも、行く前というのが一番ドキドキしてワクワクして、期待が膨らんでいるのです。その期待を文字にしながら、迫り来る旅行を楽しむ事ができるのがこのしおり作りです。また、誰かと旅行に行く時はしおりを渡してあげると大変喜ばれるでしょう。もう随分としおりをもらっていない人がほとんどですから。【参考】過去のしおり一覧

□□現地用財布

□□メモ・日記・ボールペン・・・必要最小限の筆記用具は要る

–––––

□□iPad or タブレット or 小型PC・・・旅先での情報収集や、SNS、ブログ更新など。長期でないのならなくても全然問題はない。前述の通り、iphoneやスマートフォンで大概のことはできますが、アウトプットや閲覧性を重視する場合や、PCではないとみれないサイトなどの時は重宝します。

□□移動用のアメ・・・ハチミツ100%やキシリッシュ、塩飴やエネルギーチャージ等に

□□ガイドブック

なんだかんだ言って、地球の歩き方が一番落ち着く。旅行者によっては「あんな見てたらダメだね、ゲストハウスのノートで良い」とかいう人はたまにいるかもしれないけど、長年蓄積された情報と、幅広い情報をうまくまとめられているので、やっぱり便利。リアルタイムではないかもしれないけど、先人達の情報の結晶でもあるのです。ただ、行く国のマニアックさとしおりの充実度によっては、なくてもいい場合もある。

□□デジカメの電池&充電器&SDカード・・・SDカードは今安いのでケチらない!

□□スマホ or 電子辞書 or itouch・・・何かと役に立つ、wifiが使えるならGoogleの翻訳アプリ必須 アンドロイド版アップル版

□□カバン用の鍵・・・100円均一で十分かなと思っていたけど、心配なら是非きちんとしたトラベルグッズを使いましょう。
 

ー空港〜機内の時のみ追加ー

 
□□エアーピロー・・・飛行きや移動でどこが疲れるかというと一番はやはりネックです。
□□スリッパ
□□靴下・・・飛行きの中が寒いので必要
□□機内用のゆったりとした服・・・現地に着いた時元気に動けるように体力を温存しましょう。
 
 
ー現地では以下のものを追加(移動時はスーツケースの取り出しやすいところに入れる事)ー

 
□□帽子サングラス(皮膚がんを侮ってはいけない)
□□カメラ用の三脚

61tePYWX87L._SL1500_思い出はいつだって集合写真に凝縮される。できれば三脚も手荷物に詰め込みたいけど、以前台湾旅行の帰国時に手荷物NGだと言われたことがあり、それ以来は預け荷物となっています。本当はGITZOのトラベル三脚 GK1580TQR5が良いのですが、すごく高いので。現在は、使い捨てにもできるくらいの感覚でFotopro 三脚 DIGI-204 という三脚を使っています。これが良いのは、とにかく安い!チープな作りなので570gと軽い。120cmの(最低限ほしい)高さがあるというところです。風の強いところではちょっと揺れるので心配になりますが、動画&夜景撮影でなければ大丈夫です。

□□カメラ用の赤外線リモコンシャッター(安いのであれば重宝)
□□折りたたみ傘(日傘兼用、とにかく軽くて入れていることを忘れるくらい)
□□トイレットペーパー

ジップロックに入れて持ち歩き、たいていの国で嘘みたいに活躍する。本当はジップロックに入れる前に芯を抜いてぺちゃんこにするとかさが随分と減るけど、そうすると芯に紐を通して首からぶら下げて使えるようにしにくいので、芯は残して置いたままにすることが多い。ダブルがお好みだけど、量としてもちろんシングルの方が多く巻かれている。

★★★スーツケースに詰め込むもの!お金があれば現地で買えるけどね編

□□Tシャツ・・・日分  枚・・・宗教的なガラは危険みたい、あと大麻柄とかは当然やめたほうが良い
□□長ズボン・・・ 寺院見学時はストールを巻いてもOK
□□半ズボン・・・日分___枚
□□パンツ___日分___枚
□□くつした___日分___枚
□□小さく収納可能だけど暖かいアウター・・・これバスで移動するとき絶対使うと思う。冬なら当日着用。
□□サンダル

スクリーンショット 2015-07-29 10.23.49現地でも買えるけど、足の事を考えると愛用品が一番。今まで試した中では、チャコが重いけど良かった。それまでは、コンバースや普通のスニーカーを履いていたけど、このサンダルであれば足の裏が痛くなるという感覚は普通の靴と同じくらい。

□□スニーカー・・・お気に入りのものをどうぞ・軽いものを推奨
□□水着
□□腕時計・・・一つでいいよ・目覚し機能は携帯電話でいいかも
□□ハンカチ___日分___枚
□□小さい懐中電灯・・・LD15 R4の後継機、FENIX E12ThruNite Ti3で、キーホルダーにはABITAXで完璧!
□□ティッシュ
□□ウェットティッシュ
–––––
□□室内用のスリッパ(無くても良い!と言う場合は不要)
□□ポカリの粉

★★★スーツケースに詰め込むもの!清潔雑貨&身の回り品!!

□□ハンドタオル1枚(手ぬぐいみたいなのが、扱いやすい)
□□タオル 小___日分___枚(洗って干せるので最低限でカウントする事)
□□歯磨きセット・ブラシ(好みのヤツは現地調達しにくいとみた)
□□ヒゲ剃り(ブラウンM-90ブラウンM-90の二択)
□□常備薬

□□ビオフェルミン・・・腸関係のトラブルは、6割がたこのビオフェルミンが解決してくれる。少し食べ過ぎたりしたら、必ずたくさん服用。万能ではないので過信はしないが、人間における腸内細菌の存在をすごく感じさせてくれる。
□□綿棒・・・芯は固めのものにしてほしい。
□□風邪薬・・・パブロンSゴールド顆粒を愛用してるが、結構かさばる。
□□胃腸薬・・・青と白のやつ。新三共胃腸薬。
□□頭痛薬・・・はっきりエースを愛用。
□□ウコンの力・・・外国で飲むお酒はうまい!
□□バンドエイド・・・キズパワーパッドも何枚か入れておく。
□□爪切り・・・旅先に限って、爪が伸びてきたのが気になりだす。
 
その他__________________________________________)

□□抗菌目薬・・・いつも東南アジアに行くと、空気が悪いせいか目がゴロゴロしてきます。ほっとくと目が腫れるので、ゴロゴロしてきて、やばそうだなと思ったら、早めに使っています。結構、使いたいと思うシーンが良くあります。
□□乾燥納豆・・・おやつ感覚で毎日摂取 カンロのプチがおすすめ
□□虫除けグッズ

51brJKXXpGL-2海外における虫さされ(感染症)というのは、本当に怖い。日本ではすでに撲滅された伝染病などに感染すると目も当てられない。特に蚊は、向こうから積極的に刺してくるので、マラリヤやデング熱にならないためにも、できる事なら虫除けグッズに関してはきちんと対策したい。ホテルに着いたらまず、おすだけノーマットを部屋の四隅にしておく。また、シーツなどが南京虫の発生など…不安な場合には虫除けシーツという大変便利で気持ちの良いトラベルグッズが売っている。

□□生理用品
□□マスク(なにせ空気が悪い。加湿マスクというのも飛行機ではGood!)
□□日焼け止め(アネッサが他のメーカーと比べ雲泥の性能)
□□洗面用具(石鹸/洗顔/シャンプー/___等 一応全部現地購入可能)

□□変換器・タコ足コンセント(タコ足はYazawa極小がやっぱり良い)
□□USBなどの充電器(安さでいけばPLANEX、性能でいけばAnkerの二択)
□□折りたたみ傘(日傘兼用、とにかく軽くて入れていることを忘れるくらい)
 
–––––
□□衣類圧縮袋・・・赤ちゃんいる場合はオムツを行きで圧縮、帰りには洗濯物圧縮
□□メガネ・・・やっぱりメガネが頼りになる時が来る
□□メガネ拭き
□□コンタクト・・・洗浄液とケース:手荷物用の小さい物と大きい物で
□□ブランケット・・・長距離バス移動の時、寒がりの場合は飛行機のブランケットのようなもの
□□エマージェンシーシート・・・もしもの時のために
□□携帯トイレ・・・もしもの時のために
□□フリース・・・パジャマ兼当日着用
□□パジャマ・・・充実の旅は、快適な睡眠から
□□


 

赤ちゃんいたら持っていきたいもの編

□□帽子
□□抱っこ紐
□□着替え__枚
□□オムツ__枚 × __日 = __枚(衣類圧縮袋に入れて持って行く)
□□おしりふき
□□ウェットティッシュ
□□タオル__枚
□□バスタオル__枚
□□ガーゼ
□□清浄綿(__枚 × __日 = __枚)
□□綿棒
□□体温計
□□爪切り
□□お薬(_____ / _____ / _____ / _____ )
□□魔法瓶
□□おしゃぶり
□□よだれかけ
□□煮沸消毒パック
□□粉ミルク(ほほえみ らくらくキューブ等)
□□レジャーシート(コンパクトになるもの、オムツ替えなどにも重宝)
□□日焼け止めベビー用(SPFが高すぎるものは肌に悪い)
□□石鹸(無添加せっけん等)
□□薄手のお包み(エイデンアンドアネイがやっぱり良い)
□□授乳紐
□□授乳ケープ
□□ビニール袋(ジップロック)__枚 × __日 = __枚
□□虫除け対策グッズ______________
–––––
□□使い捨て哺乳瓶
□□母乳パッド
□□折りたたみソフト洗面器
□□授乳紐□□洗剤・・・黒いゴム結んだだけ
□□洗濯用ロープ+洗濯バサミ
□□ベビーフード
□□こぼれない水筒 or ペットボトル用ストロー
□□ベビーカー
□□洗剤・・・アラウやサラサの試供品があれば良い

現地で必ず買うもの

□□お水(現地で買えるクリスタルガイザー・エビアンなどの軟水を事前にチェック)
□□お菓子(アメ・ガム・スナック菓子)

自分用持ち物リスト

□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□

★お土産 買い物リスト

□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□
□□