スクリーンショット 2014-12-06 15.56.38【ドイツプロダクツデザインの父“ディーター・ラムス”の世界】「“Less but better “(より良いデザインは、より少ないデザインである)」BRAUNデザインチームのチーフとして40年間に渡り、500を超える名作を世に送り出した巨匠 “ディーター・ラムス”。バウハウスデザインの流れを組む“ 機能が決定するデザイン”はディートリッヒ・ルブスらに継承され、クロックやウォッチ等多くの製品がMoMAにも所蔵されています。プロダクツデザインの心得とした、彼の哲学とも言える“良いデザインの10カ条”が現代のデザイナー達にも大きな影響を与えていることを世界中ので愛用されている携帯電話や音楽家電を通じて確認することが出来ます。
視認性の使いやすさと重視したシンプル且つ合理的なデザインは当時のままに、ケース径やデイト表示の位置などを見直し、より現代的で使いやすいデザインへ。