ナイフは色々と種類や嗜好があるけれど、実用性ということになると、安くて丈夫で切れが良いということになる。また、自分で研げるというのも重要ですね。このモーラナイフは、低価格で高品質なナイフを作っているスウェーデンのメーカー。僕はこれを木工などの時に、カッターの代わりに用いています。山の中、藪の中に行くのなら、この一本。刃の厚みは3.2mm
31CWElvXjYL魚もさばきたいのならこの一本。ステンレス製で、刃の厚みは2.5mm71s5XKodatL._SX522_

スウェーデン中部のモーラ地方は昔から痩せた土地で農作物があまり取れなかったので、豊富にあった木材と鉄を利用して家具などが盛んに作られ、作業に必要な道具としてナイフも作られるようになりました。1600年頃には切れ味の良いナイフが作られることで有名な地域となり、1891年にモーラ―地方の郊外でモーラナイフが設立されました。職人たちの手で伝統的に受け継がれてきた丈夫な刃造りの技法で生み出された刃と握り易いグリップを量産して組み合わせることで質の高いナイフを生み出すことに成功。赤い樺材で作られた印象的なグリップのナイフは現在でもナイフと言えばスウェーデンの多くの人がこのクラッシックモーラナイフを想いうかべる程、シンボル的な存在になりました。 2005年には系列の2つの会社が合併しMora of Swedenとしてさらに最新のテクノロジーを加えた幅広いラインナップのナイフを製造し続けており、その品質はスウェーデン国王からも高い評価を受け、スウェーデンを代表するメーカーのみに与えられる王室御用達の認定を受けています。