16世紀頃、カメラ・オブスクラと呼ばれる部屋を利用した映像を映し出す道具が発明された。さらに1840年頃からは、写真機の原点となる道具たちが次々と発明された。それから数百年が経ち、もちろんカメラは大変な進化を遂げている。持つ者を選ぶ時代は終わり、自由に最先端のカメラを手にすることができる。

一方で撮影の技術はどうかというと、これももちろん進化はしているのだが学習の意欲がなければ、満足のいく撮影はできない。どういった撮影方法があり、どのようにそれを行うのか追求しなくてはならないのだ。もちろん他のアート作品のように制作手法が独自であり公開していない場合もあるが、それらを除いたとしても、求めれば素晴らしい撮影手法は世の中にあふれている。
 
 

バルブ撮影=長時間露光

4955b35a0d752345af18f51ada7ef040202ffc0b1436278012ニュージーランドの写真家 ジョセフ・マイケル (Joseph Michael)の作品「LUMINOSITY」

バーナードショーが世界の八大不思議の一つに数えた「土ボタル」、神秘的な光を放つ生物です。日本のホタルとは違い、飛ぶのではなく湿った岩等に、くっついて生息しており、夜、真っ暗な中、青々とした光を発します。この土ボタルは現在まで、限られた場所でしか生息が確認されておらず、ここ、オーストラリア国内ではクイーンズランド州、ニューサウスウェルズ州、タスマニア州、また、お隣の国、ニュージーランドがその有名な場所です。(引用:http://www.australia-tatsujin.com/goldcoast/nature/glow/)

bb836a2206a9f92ed254900a2ad62094b5981a4d1363432673-s

I zoomed out mid picture not realizing my shutter was still open… Sometimes the best shots are the ones we don’t look for

2230f018414237e8957ab56e6adccfa9ddbddf471364752136カリフォルニアの写真家 David Orias
 
 

多重露光撮影

スクリーンショット 2015-07-09 8.35.25Mark Weaver(https://www.flickr.com/photos/markweaver/4045778801/)

スクリーンショット 2015-07-09 8.35.33Dan Mountford(http://danmountford.tumblr.com)

720x0_95_3_c_FFFFFF_45c0e5da37c8d721d50ef8547a4af524CHRISTOFFER RELANDER 

Nikon D700の多重露光機能で撮影し、コントラストとトーンを調整して仕上げたそうだ。(http://www.freeml.com/bl/9756929/77389/)

 
 

全方位写真、360度 球状撮影

5