僕が見た洋画の中でも、すごく好きなのがニコラス・ケイジ主演の「天使のくれた時間」(米題:The Family Man)。大変な大金持ちの男が、ある日昔に戻れたらというストーリです。人生の分かれ道を違う方向に進んでいたら、裕福ではないけれど、まさに絵に描いたような「家族」可愛い子供、綺麗な奥さん、庭があって友人がたくさん来て。それでも、男はお金を求めるわけですが、ある日気がつくのです。何が本当に価値のあることなのかと。

あらすじ:13年前、「ロンドン行きは考え直して」と反対する恋人のケイト(ティア・レオーニ)と別れ、仕事で成功するためにロンドン留学に旅立ったジャック(ニコラス・ケイジ)。その結果、13年後のジャックは、ニューヨークのウォール街で成功し、大手金融会社社長として優雅な独身生活を満喫している人物となっていた。クリスマスイヴを一人で過ごす彼は、立ち寄ったスーパーで不思議な黒人青年と出会う。その夜、豪華な高層マンションの自宅で眠りに入った彼は、翌朝起きると、自分が見知らぬ庶民的な家のベッドにいることに気付く。隣には13年前に別れたはずのケイトが寝ており、そして2人の子供までがいた。ジャックは留学を中止して、そのままケイトと結婚していたという、家族のいる庶民的な「もうひとつの人生」を経験していくことになる。(wikipedia)

映画の中で感動したシーン

1.ニコラスケイジが奥さんに送った誕生日の歌


※以下僕の意訳

Many guys have come to you
With a line that wasn’t true
And you passed them by
(Passed them by)

多くの男が言い寄っても
それはどれも本当の愛ではなかった
だからキミは目もくれず

Now you’re in the center ring
And their lines don’t mean a thing
Why don’t you let me try
(Let me try)

さあ、誰もがキミをまっている
あいつらの愛が信じれないのなら
だったら僕をためしてみないか?

Now I don’t wear a diamond ring
I don’t even have a song to sing
All I know is

僕はダイヤモンドも
君に捧げる歌もたくさん持っていない
だけど僕はしっている

La la la la la la la la la means
I love you

ラララ の意味は、
「キミを愛している」って

La la la la la la la la la means
I love you

ラララ の意味は、
「キミを愛している」って

The things I am sayin’ are true
And the way I explain them to you
yes to you
Listen to me

僕の言ってることは本当だから
だから、こうして君に言うんだ
聞いて

La la la la la la la la la means
I love you

ラララ の意味は、
「キミを愛している」って

La la la la la la la la la means
I love you

ラララ の意味は、
「キミを愛している」って

ーー
 
歌に乗せて自分の気持ちを伝えることは、したことがないけど。見てしまうといいなと思う。この中には、確かに幸せと愛情が詰まっているように感じるのです。もちろん映画の中で起こっていることと現実とは違うけど、映画の中に自分を置いて考えると、これもまた現実なのだと思う。お金というものは生きていく上では大切だけど、本当に価値のあることというのは、お金では買えないものの中にあるのだと思う。
 
 

2.奥さんが色々と悩んだ末にいろんなことを失っても私たち(家族)を選ぶとこ


これは、youtubeでは日本語吹き替えしかなかったんですが、是非英語版で字幕で見て欲しい。ケイトが「I choose us」という決断で必ず何か感じると思うから。そうか、私たちを選ぶということなんだ。