素材でもあり、デザインでもあり、バックや小物でもある。それが「ポリフ」

有馬温泉に訪れた時、セレクトショップで見た「ポリフ」というものにすごく惹かれたのでコネクトしておく。このポリフというのは(poRiffと英語で書くようですが)生地が独特でお店で何かを買った時にもらえるポリ袋を、切ってコラージュしてアイロンで熱圧着する作り方。着色をせずに素材の持っている色味を生かして作ることがポイントのよう。

詳しくは、ホームページをどうぞ!
top

制作は、岸和田・就労継続支援B型事業所オーロラと、東大阪・活動センターいっぽのふたつの福祉施設で、買い物袋のカットからミシンによる縫製まで、すべて障がいのあるひとの仕事として行われています。poRiffは、そのひとがそのひとらしく働きがいや幸せを感じられる仕事のスタイルを提案します。そして、手にとってくれた人が純粋に、「いいな」と思える商品づくりを目指しています。

こんな人たちが運営しているようです。
スクリーンショット 2015-11-30 20.17.39

インターネットで調べてわかったんだけど、どうやらこのポリフグッズを作っているのは、福祉センターのようです。素材のデザインに心惹かれたのは久しぶり。本当に面白い。

バックのLサイズがほしい。スクリーンショット 2015-11-30 20.17.59