人生2回目、5泊6日で冬の沖縄に家族旅行。タクシーの運転手が言うようにここは「太陽と風の島」。冬であろうと太陽が出れば暖かいし、夏であろうと風が吹けば涼しいのだ。空模様は、曇天ばかりでダウンジャケットを羽織るほどだったが、それでも熱帯地方特有の植物が生い茂る魅力的な土地だった。

した事といえば、3日間レンタカーで島中を回り、2日間船で島に行く。たったそれだけだ。市場に行き、美味しそうなものを試してみる。友達に聞いたパワースポットに行き、写真を撮り空気を吸う。地元の人たちの様にそばを喰い、弁当を買いどこででも食べる。観光名所に念のために行き、旅行者らしいことをする。1時間ばかり船に乗って島に行き、何にもないことを確認する。たったそれだけのことなのに、大旅行をした様な気にさせるのは沖縄風土の妙なのかもしれない。

Okinawa−2016

◎訪問した主な所
国際通り(久高民芸店)、ポークたまごおにぎり本店、斎場御嶽(せーふぁうたき)、南城市 地域物産館、せーふぁキッチン、伊計島、沖縄そば 海底
、美ら海水族館、八重岳、古宇利島、田村窯、座間味島・・・等

◎泊まったホテル
ホテルリブマックス 那覇泊港、ゆくりなリゾート 沖縄、シーサイドスペースBB、パティオ ハウスリーフ、ヴィラコースト西町

◎レンタカー走行距離 約360km