スクリーンショット 2016-05-21 22.14.15

日本政府は2020年までに、男性の育児休業取得率13%、配偶者出産直後の男性の休暇取得率80%という目標を掲げています。そのため今後は様々な企業で、男性の育児目的の休暇取得推進が社会的に求められることが想定されるでしょう。リクルートコミュニケーションズは、その誰もが当たり前に育児休暇を取得できる職場環境の実現の先駆けとなったのかもしれません。

代表取締役社長である清水淳氏も、自身が第2子が誕生した際に1か月の休暇を取得した経験があることから、「育休を取得したことで育児・家事の喜びや負担を実感し、理解が深まったことが大きな礎となった」と話しています。

http://thevote.jp/tokushu/2016/05/recruit/