国会よ、目覚めよ! イクメン議員を認めない「昭和」なおじさん感覚

国会よ、目覚めよ! イクメン議員を認めない「昭和」なおじさん感覚

国会議員が育児休業を取得したい。という話がでたのもつかの間、不倫騒動で逆効果になってしまった。そうはいっても制度としてどうなのかという点においては、大変にわかりやすく説明をしてくれている方がいます。瀬地山角(東京大学大学院総合文化研究科教授)さんの説明は以下のとおり。詳細は参考サイトにて本文を御覧ください。

少子化と男性の育児休業の関係について、少したとえを使ってみよう。いま植林をする林業者と、植林をしない林業者が、競争をしたとする。これは必ず植林をしない林業者が勝つ。相手の林業者が植林をしている間も木を伐り続けることができ、木1本にかかる工賃が安くなるからだ。消費者が何も知らなければ、植林をしない林業者の安い木のみが売れ、やがて日本中の山がはげ山になる。そして30年後に私たちはその保水力を失った山林からの大水害という形で、30年間植林の代金を払ってこなかったことのツケを一気に払わされる。実は、私たちは植林をする林業者の高い木を1本1本買うことで、30年後の大水害を防ぐコストを積み立てていたのだ。

 少子化と何の関係があるのかと思うかもしれないが、植林をしない林業者を男性労働者、植林をする林業者を女性労働者、植林を子育てと置き換えてみてほしい。なぜ企業が、女性よりも男性を雇う傾向があるかがわかる。つまり現状のように女性ばかりが育児をする状況を考えれば、企業は女性を雇ったときにのみ、家事・育児の時間があるために、夜遅くまで働かせることはできないと考える。育児休業もとるのは圧倒的に女性が多いので、共働き世帯でも育児全般を主に女性が担っている。ところが男性は、あたかも背後に子どもや要介護の高齢者はいないかのごとく働く。ほとんど家事をしないために、残業もさせやすい。植林、つまり子育てのコストは、女性労働者の肩の上にのみ加算されているように、企業には見え、したがって植林のコストがかからない、男性労働者を雇いたいと考える企業が多くなってしまうのだ。

 しかしこうした状況が長く続けば、植林のコストが払われないまま、労働力という木が売れている状態が続くのだから、日本中がはげ山になる。これが少子化という現象だ。

確かに、人それぞれ置かれた立場や環境は違う。育児休業が取れる取れないそれ以前の場合もあるでしょう。ただ誰かに休みを与えるだけに、自分が働いているわけではないと思うかもしれません。では、どこまでが良くてどこまでがダメなのか?という議論やこの人は良くてこの人はダメという指摘がたくさん巻き起るわけですが、一番大切なことは道の端ではなくて真ん中の話をしなくてはならないということです。日本国民の出生率を上げることが、いまの税金を払っている私たちにとっても大変重要なことで、そうしないと本当にまずからいろいろな制度をスタートさせているのです。そのための手段として、男性が育児休業をするようにもなるし。女性がますます社会で活躍する場も増えるのです。

育児休業を取るということが偉いわけではなく、取ったから褒められるべきだ。というものでもないのは、これまでそんな制度がない中で、実践されていた名もなき方々が大勢いらっしゃることを考えれば明白です。そうではなくて、我慢したなら子供が増えて日本が豊かになればいいのですが、そうじゃないからこういう制度ができて、育児休業の取得が一つの選択肢になれば良いと思うわけです。

戻ってこの国会議員の育児休業の話ですが、そもそも重箱の隅をつつくようなことでこれをもって男性の育児休業が良い悪いという話題へシフトすることがおかしいと思います。そもそも労基法によって定められている育児休業なのです。この法律は、約6000万人の労働人口の数多くの運命を決めることだから大変に意味があるのです。

しかし声なき少数者にとってもこの問題は重要ですから、せめて国民に選ばれた声の大きい国会議員という少数者には、この国をどうしたいからという点でそれこそ立法という形で制度を整える必要があると思います。

< 参考>
http://ironna.jp/article/2794?p=1
http://ironna.jp/article/2797
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/