10025-300x154

新太(あらた)が生まれてもう100日になりました。あっという間の出来事で、振り返ると生きてきた中で最も早く感じた100日でした。赤ちゃんが誕生してから100日目には、お食い初めというイベントがあります。意味としては、これから先、子供が一生食べるものに困る事が無いようにと、お食い初め用の決められたメニューにお箸をつけて食べさせる真似をするものです。奥さんのお姉さんの子供とうちの子は、出産日が1日違いなのでみんなで一緒にお祝いする事に!

DSC_1210_00019-001

http://matome.naver.jp/odai/2136166488276398001

木曽路でお食い初めしました「祝い膳(いわいぜん)」

自宅でするのもいいけれど、お店に行くときちんとしたセットで出してくれます。歯固め石も用意してくださって、一つ一つの料理の説明もしてくれて大変満足!意外だったのが、女の子が黒いお膳で男の子が赤いお膳という事。諸説あるようですが、女の子は控えた色で男の子は活発になるようにという意味というふうに説明をしていました。今では特に気にしなくても良いようですが、せっかく用意してくれるんならありがたい事です。あと、料理の内容も女の子と男の子で違うようでした。女の子は梅干し、男の子は勝栗(かちぐり)という事でした。

DSC_1263_00001
めでたい鯛が出てきました!持って帰って食べたら大変美味しいです。我が家はそのまま頂いて、お姉さんのところは鯛めしにしました。

DSC_1264_00002
男の子のお食い初め膳です。鯛、赤飯、お吸い物、煮物、香の物の5つが基本のようです。勝栗がありますね。

DSC_1265_00003

http://www.kisoji.co.jp

お食い初め料理の意味など

尾頭付の鯛:めで鯛として昔から慶事では出される。頭から尻尾までのもので切れ目なく、一貫しているという事。
エビ:腰が曲がるまで長生きしてほしい
お吸い物:吸う力が強くなるように
たこ:関西地方では硬いタコを歯固め石の代わりに(また多幸の語呂合わせも)
梅干し:極寒を超えて蕾をつけ春に花を咲かせる梅のように忍耐強く、梅干しのようにしわができるまで
:勝ち栗として、硬い栗もたべれるように
アワビ:硬いアワビもたべれるように
歯固め石:近くの神社で祈祷してもらい丈夫な歯になるように
ハマグリ:運命の伴侶に巡り会えるように
:健康を祈って
:竹のように勢い良く
赤飯:赤飯は宇宙をその中の小豆は星を

http://e-shirokiya.com/ot_mame_kui.html

お食い初め後の写真も上機嫌

DSC_1411_00063-001
お姉ちゃんの子供と一緒に記念撮影。何故かすごく喜んでいてゲラゲラ笑っていました。声を出して笑ってくれるなんてすごくかわいい!