色の違う粘土を重ね合わせて色々な模様を作る、練り上げという手法でできた器。最高にかわいくて、貫入がはいり独特の透明感があって大変気に入っています。

惣堂窯 掛谷康樹(広島県福山市)

略歴
1969年 広島県福山市生まれ
1992年 玉川大学芸術学科陶芸専攻卒業
1998年 惣堂窯設立
1999年 福山にて初個展
     日本クラフト展初出品・初入選(以降入選)
2002年 社団法人日本クラフトデザイン協会正会員
2006年 朝日現代クラフト展招待出品
2006年 日本民芸館展初出品・初入選