先日定時訪問で畑のチェックに行くと、沢山の人がいて珍しいなと思って聞いてみると。どうも僕の借りてる畑を含んだ土地の地主が貸し農園をやめたいという事で、今借りている人は継続して借りれなくなったという事で集まっていた様子。みんな他の空いている畑に移らなくてはいけない。。まあ仕方ないのだけど、そこで長年やってた人なんかは一からまた土作りしないといけないので不満が続出していた。

バーク堆肥と牡蠣殻石灰をまいて次の野菜に備えていたんだけど無駄になってしまいました。僕もまだ空いている畑を探しに次の日も畑を訪れると、運良くもう畑をやめるという方と出会ってその方の借りているところを引き継ぐことになりました!つきましては、これまでの農園日誌にまた一からの畑の様子を書くことになります。

次の場所は、農機具小屋も前の人が建ててついてるので、大変作業がしやすいです!いろんなことがあるけど、いいこともたくさんありますね!