普通の果樹を矮性のようにする選定方法

畑をやったり、ガーデニングをしていると、どうしても果樹を作りたいという思いがよぎることがあります。だけど、果樹は大きくなって手がつけられなくなるイメージがあって、結局断念する人が多いのですが、この剪定方法だと普通の果樹を極端にコンパクトに仕上げることができるということです!!

半矮性も含む多くの果樹は、簡単に4m以上に育つ。裏庭で大きな木を育てようとした人なら誰でも、小さな果樹の価値がすぐに分かる。スペースをほとんど必要とせず、世話が容易で、扱いやすい量の果実が採れる。小さな木を栽培することは、庭の隅もしくは小さな果樹園に、より多くの種類の果樹を押し込むことができるし、木の大きさよりも味や気候適応性で品種を選べることを意味する。標準や半矮性のほぼどんな木でも(梨や桃や梅からリンゴやアンズまで)、かなり小さなままでいるように仕立てることができる。本稿で概説する剪定処置は、矮性樹木くらい小さな、普通よりかなりコンパクトな果樹を作る(「なぜ矮性果樹を選ばないのか?」をご参照)。「剪定に対する果樹の反応は、切られた季節による。」ここに、ほとんど知られていない技術の鍵がある。木が活発に成長している(春)か、栄養分を集めている(初夏)か、休眠の準備をしている(晩夏)か、完全に休止している(秋冬)かどうかで、木の反応は決まる。剪定を行う時、このサイクルを覚えておこう。PDF

Many fruit trees — including semidwarf varieties — can easily grow to 15 feet and taller. Anyone who has tried to manage one of these large trees in a backyard will instantly appreciate the value of small fruit trees: They require less space, are easy to care for, and produce fruit in manageable quantities. Growing compact trees allows you to tuck more varieties of fruit into corners of your property or a small orchard, and means you can choose those varieties by flavor and climate adaptability rather than by tree size. Nearly any standard and semidwarf tree — from pears, peaches and plums to apples and apricots — can be trained to stay much more compact.

so

About so

おもしろいを原動力に。僕(SO)の作った作品“WORKS”と愛すべきモノ達“GOODS”の紹介とその他の情報共有をする場所。それが、ソーグッズ.ネット。