前回は、新太休暇の上半期でした。大変遅くなってしまったけど、下半期の写真集をついにやっつけることができました。あっという間に新太休暇が過ぎました。一生のうちに何度あるかないかという子供の誕生から始まって、濃密にもあっという間の日々を共にして、心から感謝の気持ちが湧き溢れてくるのでした。

幸いにも、身近な人たちに同じくらいの歳の子供がいて、様々なことを共感したり、相談したりできたことは本当にありがたいことでした。子供の成長だけではなく、親の今後の成長にも、子供を通したたくさんの人達との交流が大きく影響してくるでしょう。

生まれてきてくれてから1年。本当に濃厚で充実した1年。何もかもが初めての1年。そして、新太休暇が終わった一年でもありました。ありがとう。

子供の成長記録としての個人用写真集「新太休暇(上)」
一昔前だったら難しいことが、今ではとても容易い時代になりました。育児休業中の子供の成長を記録した本をこんなにも簡単に作れる...