今更だけど、アジカンと巷で呼ばれていた時期を外してしまったこの僕にも、やっとブームが訪れてきました。どこか夏の夜のジトっとしたような まとわりつく空気が、気持ちの高鳴りを一方で抑えながらも、ふつふつと湧き立たせるよう。