外装革命といっても良いかも「ハマキャスト」

既存の外壁を生かした補修材料。ディズニーランドなどのアミューズメントパークでスタンプコンクリートはよく見るけど、ここの石の塗装も本当の石材を使っているみたい。

「超耐候性断熱複合圧送塗膜防水工法」が優れている理由は、次の6つの特長があるからです。
優れた水密性:
同防水工法は断熱ウレタンゴムを直接下地(コンクリートなど)に吹き付ける密着工法で施工するため、水密性に優れシームレスに仕上がります。
長寿命:
防水層の仕上げに断熱性・遮熱性に優れた超耐候性の特殊なトップコートを塗布します。同トップコートは、促進耐候性試験の結果、10,000時間(200時間=1年換算、50年相当)をクリアしました。
静かな工事/工期短縮:
既存防水層を撤去せず、断熱ウレタンゴムを吹き付ける工法なので騒音が少なく施工できます。また、断熱ウレタンゴムは硬化が早く、防水端部の施工もスピーディで工期短縮が可能です。
断熱効果:
同防水工法は、気泡を多く含む断熱ウレタンゴムと、断熱成分と高反射成分を含むトップコート仕上げのダブルの断熱性能により、優れた断熱効果が期待できます。
環境保護に貢献:
同工法は、既存防水層を撤去しないので産業廃棄物の発生が少なくて済みます。また、主材は無溶剤タイプなので、異臭が少なく工事中、工事後も安心です。なにより、長寿命商品なので、改修工事の回数を減らし、省エネ・省資源でCO2排出量を低減する、環境に優しい工法です。
低コスト:
超耐候性の特殊トップコートによる長寿命商品なので、改修工事回数が少なくて済み、ライフサイクルコストを、50年間で1/3にコストダウンします。また、工事の煩わしさからも開放されます。