長いベンチの間

なんでも無いようなひと時を閉じ込めたような存在感。