勇気とは、見栄っ張りの事ではありません。だからお体裁で勇者ぶるような癖を付けないようにしましょう。子供が勇気を出して、臆病に打ち勝った時に、一緒に喜んであげましょう。ほめられたいからではなく自分の勇気がみんなの喜びを増やして気持ちがいいから、頑張るような強い子こそが、素晴らしいのではないでしょうか。その為には、親ばかの子供自慢になりたい自分の弱さと戦い続ける勇気を、親が鍛えなければなりません。

ね、おはなしよんで こどものすばらしさが心にしみる
子供に読み聞かせをする為に作られた本です。初版は1962年で今も改版を重ねています。すごくよく考えて童話を選定しています。子供にす...