1. HOME
  2. 暮らし
  3. 子供たち
  4. 100万人のお父さんに贈る 育児休業のススメ
子供たち

100万人のお父さんに贈る 育児休業のススメ

子供たち

52

こんにちは、イクメン新人の「so」です。私が育児休業を取ろう!と思い立ってからの手続き事や、つまづいた事を(他の育児休業希望の)世の中の男性たちに伝えたくて「男性会社員の育児休業」についての記事を書きました。

発行の動機の一つとしては、育児休業取得前には様々な本を読んだり、インターネットを漁りましたが、本当に知りたい内容が無かったということもありました。約100万人と言われる出生数ですから、順当に行けばその倍のお母さんとお父さんがいるはずです。100万人のお父さんに向けて、これを読んでもらって、育児休業を取ってみるのも悪くないなと思っていただければ幸いです。

私の場合にも、いざ奥さんが妊娠をして「育児休業」ってどんなんだろう?と思ってみても、周りには短い期間での育児休暇を取っている友人もおらず、ましてや、一年間という長期間の育児休業を夫婦で取得している人も知りません。テレビの中だけの話だと思っていました。

ちまたでは、イクメンだとか、女性労働人口を増やすための施策だとか、そういう風が一見吹いているように思いますが、まだまだ現実は理想と乖離しているのでしょう。

せっかく男性の育休に興味を持ったのですから、「周りはとっていないから」と諦めずに「男が育児休業なんかとって本当に食べて行けるのか?」という疑問や「実際のところのお金は大丈夫なの?」という実生活に直結した内容までありのままをお届けしたいと思います。また、育児休業を取得して、復帰後1年働いた感想などもあわせてお伝え致します。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

こんにちは、SOです。SOGOODS.NET(ソーグッズドットネット)は僕が高校生の時から、ひっそりと続く超ロングランの個人ホームページです。

 

時には趣味の作品を並べたり。時には自分のお気に入りを共有する。もっぱら小さい我が子のお世話をする2回目の育児休業を取得中のお父さん。果たしてその実態は!?