今考えているよりも自分の潜在能力というものは、無限の可能性を秘めている。産まれたばかりのこどもが何にでもなれるように、自分の無意識はいつでも力を秘めている。

 

人の能力は無限にあり、
脳の機能の深淵はだれにも
覗きみることができない。

意識が無意識に言い聞かせるのだ。
今、この瞬間がおかしいと思うだけで。
この力が無限の可能性を生む。

私が心を使い、心が頭を使い、頭が体を使う。
なんでもできると。毎日奇跡が起こっているのだ。

 


例えばあなたが、自己啓発の本を何十冊、何百冊、何千冊読んだとしても、そこに書いてある内容は、ほぼ全てこの無意識(潜在意識)をどう味方につけるのか?という解説に過ぎない。

紙に書いたり、呟いたり、神様に頼んだり、人を許したり…色々な手法を取るだろうけれど、色々なことをやってみて、変化が出て正解だと気がつく。では何故良くなったのか?と考えれば、極めて当たり前のことだけど、自分の「何か」が変わったからだとしか言いようがない。その「何か」というものは行動が変わったからだ。何故、行動が変わったのかというと、あなたの考え方が変わったからに他ならない。何故考え方が変わったかというと、(顕在)意識を変えたからだ。顕在意識を使って、意識していない(潜在意識)全ての考え方を変えたからだ。

自分の意識というものは、過去の失敗の集大成で、絶えず失敗に恐れながら生きている。そんな潜在意識に、自分を信じて無限の可能性をたたき込めば、赤子が何にでも変化できるほどの力を、人の脳は持っているのだ。

 

豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!

 

人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。