たった今から幸せになる

 

私はいつか幸せになれる。というのではなくて、今幸せになる努力をするのだ。新しい発見の連続を体感するのだ。自分に起った様々な困難も見方を変えると、いまの私を形成している。産まれてきてからこれまでに会った全ての忘れてしまった幸福を探し、あたりまえだと思っているすべての事柄が奇跡的なことであることにフォーカスをあてるのだ。降り注いでいる幸せを受け止めているかが人生感を左右している唯一のポイントだ。

 

ありのまま、そのままがありがたい。
見えかた、とらえ方を変えるのではなく、
変わるのだ。

お金も空気も水も、物質も心も虚構も
ありとあらゆるものが目の前にある。世の中にある。
そのことを認識せず感謝しないのであれば
いつまでも見えないままだ。

 


 

豊かさのコンパス[解説]豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。古今東西この疑問は人々にとって永遠のテーマです。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、ひっそりと多種多様な手段で後世に伝えていたのです。新しい事に目を向けると見失いがちな豊かさに関する教訓を「コンパス」という形でまとめました。この豊かさのコンパスは、今よりももっと明るい、良い明日を示す為の方位磁石だと思っていただいて良いのです。どれだけ良い地図を手にしていても、自分の居場所と地図の向きがわからなければ先には進めないのです!

 

人生年表[解説]「豊かさのレシピ」がコンパスであるなら、「人生年表」は地図のようなものです。いま自分がどこにいて、どこに行きたいか、そしてどの方角に歩いていけばいいかを示す大変重要な存在です。過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。