1. HOME
  2. 暮らし
  3. 子供たち
  4. 育児休業を取ってみるって
子供たち

育児休業を取ってみるって

子供たち

47

男と女と関係なく、休職・休業するということは大きな決断ですよね。それに他の同じ職場で働く人たちにとって負荷が増すということになると思います。実際取得をする段階になると、実際に大変申し訳ない気持ちになると思います。誰も取っていないのに、自分だけお休みして、、、と。

特に、男性は「昇進に響くとか、ビジネスから離れるブランクは痛いとか、自分がいないと仕事が回らないとか、会社がつぶれるかもとか」本気で考えています。しかし、ここで思うのです「女性にできて男性にできないことは無いな」と。「もし、自分が今死んでも会社は動いてくなぁ。部署は潰れ無いなぁ」と。

女性の場合は、どんなポジションにいても出産は必ずお休みしますので、きっかけは作りやすいでしょうが、職場によっては「わかってるよね?」と暗黙のルールや雰囲気で、辞めさせられたり復帰後も時短が取れなかったりと言う話を耳にした事があります。

ですが「自分が来た道は、いつか誰かが通る道であり、自分が通った道は誰かが通った道」なのです。有給休暇がかつて夢のような制度だった時代がありましたが、今では浸透してきつつあります。将来を少し考えた時に、労働人口が減っている今、男女にとっての出産・育休・復帰の道はかなり整備されて来ています。この時代の風潮を追い風として、興味があるのだったら育児休業を試してみると言うのも大アリだと思います。

Point

□ 自分が急にいなくなっても組織は潰れない。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

こんにちは、SOです。SOGOODS.NET(ソーグッズドットネット)は僕が高校生の時から、ひっそりと続く超ロングランの個人ホームページです。

 

時には趣味の作品を並べたり。時には自分のお気に入りを共有する。もっぱら小さい我が子のお世話をする2回目の育児休業を取得中のお父さん。果たしてその実態は!?