1. HOME
  2. 暮らし
  3. 子供たち
  4. 育児休業を取ってみるって
子供たち

育児休業を取ってみるって

子供たち

47

人生は悩みの連続ですが、「誰も悩まない=誰もが安全だと思う道」を選んだところで、そこに幸せが待っているのでしょうか。これまで生きてきた自分たちの人生も、これからの子供と家族と自分の人生も、自分以外誰も責任は持ってくれないのです。

私は人生に何度もない子供の成長期を間近でみることができる、この制度をとってみたいなと素直に思いましたし、実際に育児休業を実践して見て本当に良かったと心底思っています。そして、いま取りたいけれど空気を読むと、取れないと悩んでいる方々の背中を押したいという気持ちで一杯です。

いずれにせよ、育児休業を取るという選択肢も、働くという選択肢もどちらも真剣に検討をして、よく考えた結果であるのなら、そこにこそ意義があると思います。そして、それを受け入れてくれる人にも、そうでない人にも、生かされているということに感謝の気持ちは忘れてはいけないですよね。

Point

□ 自分たちがどう考えどう生きてゆくか?という事に目を向ける。
□ 子供の成長を間近で感じるチャンスはそうそうない。
□ 育児休業を取るにしても取らないにしても、真剣に考える。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

こんにちは、SOです。SOGOODS.NET(ソーグッズドットネット)は僕が高校生の時から、ひっそりと続く超ロングランの個人ホームページです。

 

時には趣味の作品を並べたり。時には自分のお気に入りを共有する。もっぱら小さい我が子のお世話をする2回目の育児休業を取得中のお父さん。果たしてその実態は!?