1. HOME
  2. 暮らしのこと
  3. コンパス
  4. 幸福な人の思考・思想
  5. 豊かさのレシピ essence6
幸福な人の思考・思想

豊かさのレシピ essence6

essence6


誰がなんと言おうと、
今日までの僕たちは
素晴らしい。


明日からの僕たちは
もっと素晴らしい。


私はいつか幸せになれる。というのではなくて、ありのままの自分で幸せだと気付く努力をするのだ。新しい発見の連続を体感するのだ。自分に起った様々な困難も見方を変えると、いまの私を形成している。産まれてきてからこれまでに会った全ての忘れてしまった幸福を探し、あたりまえだと思っているすべての事柄が奇跡的なことであることにフォーカスをあてるのだ。降り注いでいる幸せを受け止めているかが人生感を左右している唯一のポイントだ。

ありのまま、そのままがありがたい。見えかた、とらえ方を変えるのではなく、変わるのだ。

お金も空気も水も、物質も心も虚構もありとあらゆるものが目の前にある。世の中にある。そのことを認識せず感謝しないのであればいつまでも見えないままだ。

あたり前だからこそ、人は価値に気がつかない。自分の素晴らしさを探そうとするほど遠くに行く。でも、真の価値は今ここにあって、自分は今ここにいて考えている。誰かに認められることを待つのではなく、まず自分が自分を認める。

優れた人間も、そうでない人間も、あなたも私も、生きとし生けるものの中で、人間として生まれた私は素晴らしいのだ。色々な過去があって誰かに責められたり、恥ずかしがったりしていたとしても、その時々を懸命に生きている結果が今である。

どんな自分でも真に価値があるのだ。その価値に気づいた時に、どんな相手にも価値はあることに気がつく。

自分という存在がこの世界の点であるならばこの点は、色々な人や物と思考と関係を持った点である。私という人間は、その点と点のつなぎ目をひとつまみした部分に過ぎない。だけれども、その点に価値があるのだ。

豊かさのレシピについて (エッセンス1〜6まで)

心の底から「豊かになるにはどうしたらいいのだろう。幸せになる為にはどうしたら良いのだろう。お金を稼ぐためにはどうしたらよいのだろう。」と思った。だけれども、その為に自分はこれまでに何をやってきただろうか?やったとして、正解があるんだろうか? 残念ながら、万人に対しての唯一の答えはないと思う。それでも、(本当に些細な)ちょっとした考え方を知っているか知っていないかで、人生が少しづつ(だけど)将来本当に大きく変わることってあると思う。そう。料理で言えば、良いレシピを知っているか知っていないかのように。◆古今東西この「幸せで、豊かで、(資本主義だったら)お金に困らない」は人々にとって永遠のテーマだ。だからこそ、そのエッセンスを様々な成功者が、多様な手段で、実は後世に伝えている。この豊かさのレシピは、その材料と作り方を端的に記したまさにrecipeだと思っていただいて良い。◆もちろんレシピと言うからには、自分が信じている事や感じていることを足したり引いたりしてアレンジしてからこその独自の味になるのだけれど。おそらくこれが全てではないと思う。冒頭で述べたように、万人にとっての一つの正解はないのだから。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

こんにちは、SOです。時には、獅子舞の兜をかぶり その隙間から情報をクリップし。時には、小さい我が子のお世話をする2回目の育児休業を取得中のお父さん。果たしてその実態は!?