1. HOME
  2. 暮らし
  3. 子供たち
  4. 育児休業を取るときになんて言うか?と心構え
子供たち

育児休業を取るときになんて言うか?と心構え

子供たち

4

ここからは、実際の取得に際してですが、人事部や上司に、父親も育児休業を取るというと、母親が育児に専念できない理由を必ずと言っていいほど聞かれます。まず間違いありません。

これに関しては、「奥さんが〜〜だから・・・」と言うよりは、自分が育児休業というものをとってみたいのだと訴えるべきです。育児休業を取るための「もっともらしい理由」ではなく本当のことですから。

巷でいうところのイクメンというイメージには、育児に参加する父親というものですが、組織・会社においては例えば育児休業を取得することに肯定的な人でさえ「イクメン=(昔の専業主婦のような)母親の代わり」という固定概念があります。つまり「子供を面倒見るのは女の人の仕事で、子供を産むのが女性だから仕方ないだろう」というものです。

イクメン≠母親代わり

どうやら僕らの上司や先輩の育児休業のイメージ像は、まさに専業主婦の仕事をただ男の人が行うというだけのものです。そう思っている方は、男が育児休業とってるんだから、専業主婦のように育児をすることが正しいと決めつけているので、考え方や口癖は「育児休業中なのに~~~するのか!(=暗黙の否定)」と続きます。

これには、ちょっと困っていまして、母親の代わりを父親がするのはそれはそれで非常に意義のあることだと思いますが「イクメンではなく、一歩進んだ父親として」積極的に育児ができるのではないかと思います。

まあ、ほとんどの場合は(育児休業なんかとって大丈夫か?と)真剣に相手のことを想っていっている場合がほとんどですのですが、これを受けて大丈夫かなぁと不安になったりもします。

ですが、僕たちはそこで「育児休業中だから~~~できる。させてもらえる!」と考える必要があると思います。こんなことしちゃダメだ!なんて思わずに、共働きで育児休業をいただくからできること・感じることに目を向けたいですね。

実際にお休みに入る前までは、上の世代の方々は「ジェネレーションギャップ」的な状態で思考がうまく回りません。まるで退職するかのように引き止めますが、こちらにかんしては特段経験をもとに話しているわけでは無いですから気にしなくても良いんです。

上司たちは、あなたと同じような働き盛り世代の男性がお休みに入られると周りにも一斉な影響があると感じて心配していますが、それは杞憂に終わりますのであなたが気にすることはありません。そんな一度のきっかけで、みんなが取得するんだったら、もうとっくに誰かがやっています。

やるのも自分、責任も自分

同僚や後輩は様子見というところですが、育児休業に入る前、とってからと、とった後がどうなってゆくのかということを、実際には大変興味を持って見守っています。その間に色々なことを周りの人と話を合わせていますが、ちょっととってみたいなぁと心の底では思っています。みんながとっているのだったらとってみたいのですね。

復帰した後は、みんなに羨ましがられるのを避けるために「あんなの取るもんじゃなかったです」とか「大変でしたよ〜」などネガティブな方向に持って行きがちですが「大変素晴らしい期間でした。感謝しています」と思ったのなら素直にそのように伝えられたら良いですね。

とにかく、育児休業を取ることがどうだこうだと言ってみたり、悩んでみたりするくらいなら自分で使ってみて判断すれば良いのです。やっぱり働きたいなと思ったら、それを相談をすれば良いのですから。

Point

□ 育児休業取得の理由は嘘でなくシンプルに。
□ 周りの方からの助言は気にせずに、自分をしっかりと持つ。
□ 良いか悪いか、必要か不必要か?は自分がとってみて判断する。
□ 期間の変更はできることを認識する。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

こんにちは、SOです。SOGOODS.NET(ソーグッズドットネット)は僕が高校生の時から、ひっそりと続く超ロングランの個人ホームページです。

 

時には趣味の作品を並べたり。時には自分のお気に入りを共有する。もっぱら小さい我が子のお世話をする2回目の育児休業を取得中のお父さん。果たしてその実態は!?