奥さんのお姉さんが所属していた劇団「維新派」。松本さんという偉いおじいさんが開いた劇団で、白色に塗りたくった人たちが、壮大な野外セットを駆け巡るという感じ。NYでのオペラ座の怪人すら寝てしまう僕にはわからない世界だけど、この人たちや関係者が造り上げる舞台が本物かどうかはわかる。これは一朝一夕にできたものではなく、数多くの人たちに練り上げられた作品だ。