自分(自分達)の未来を書くと言う事は、凄く難しい事だと思います。行く先の見えない社会情勢や雇用関係、自分の健康や、家族の悩み、子供の事、勉強や学歴や趣味、その他様々な事に悩み、苦しみ、喜び、悲しみ、幸せを感じていて、今を生きる事に生一杯になっていると思います。だけれども、過去の自分を振り返り、今の自分を知り、その先へ希望がもてるのであれば、今を生きる事の意味や意義や気力が湧いてくるのだと思います。

不確定/不確実な事柄で悲観的にならずに「自分のしたい事・家族でしたい事・奥さんとしたい事・子供としたい事・これからの世の中の事・家族の健康の事・生涯学習・どういう生き方をしたいか・どういう暮らしをしたいのか・あなたの生き方にはどのくらいの収入がひつようなのか・より良く生きる為にどういう投資を行うのか・どこに旅行に行きたいのか・仕事との向き合い方はどうあるべきなのか・・・・・・」を思いつくままに、柔軟に変更しながら書き出してみてください。

書いてみる事でアウトプットし、それを再び自分の中にインプットしながら熟成された願いと言うものは、必ず叶います。It Worksという本に書かれていた通り、具現化した夢や目標はそれ自体が「夢実現の取り扱い説明書」であるのです。

あなたは、これから先の未来を思い描いた人生年表と言うものをつけていますか?もしまだ書いた事が無いのなら、これを機会に是非一度書いてみてください。僕が自分の為に作製した、人生年表の為のフォーマットを配布します。

 

★ エクセルのコンパス★人生年表.xls

★ PDFのコンパス★人生年表.pdf

★ numbersのコンパス★人生年表.numbers

 

●記入解説

まずは、オレンジ色の欄を記入してください。あなたの名前、配偶者の名前、第一子、二子(※いなければ、予定を記入)、続けて両親の年齢や兄弟の年齢を記入してください。足らなければ列を追加して記入してください。本当に身近な人達と自分と西暦の関係性を明らかにします。それが記入できれば、1行目に注目してください。一番左は、印刷した日付です。思いついた時に何度でも書き直してプリントアウトして肌身離さず毎日見返してください。右に行くと、夢・目標/家族/健康/仕事・趣味/勉強・学問があります。その下には達成という欄と年代が書かれています。その交差する箇所にそのタイミングで目指したい・ありたい自分達の姿を書いてください。さらに下に行くと、年ごとに記入をする欄が有りますので、記入してください。

 


要領は上記の通りと同じです。旅行・投資・収入・友人・世の中に関して、各タイミングと交差する所に叶えたい願いや目指すべき姿を記入してください。旅行はあなたの考え方を広げ、物事に素直に向き合う事や大きく見る事に必要な要素です。投資に関しては、別の記事の「この世の中のお金のしくみ投資という考えを実行する事について」の通りしたい事をする為に必要な要素です。収入の把握は、恐ろしいまでにないがしろにされていますが、どのように収入を得てどのくらい毎年使っていて、さらにどれだけ投資できているかを確認します。収入に関してだけ、細かく細分化されています。あなたと配偶者とその他の手取り年収を記入してください。また貯蓄と投資額からその年の消費を割り出して記入してください。M2と言うのは現金+預金と有価証券+流動性の高い資産の合計を記入します。つまり、どうしてもお金が必要になったときいったいいくらの資産が用意できるかの指針です。友人の結婚や出産等のイベントを記入しましょう。世の中で起るであろう未来年表を記入してください。世の中には、博報堂野村総合研究所など様々な未来年表がたくさん有ります。自分の関心と合ったイベントを抜粋し記載してゆきます。思いのほか近未来の色々な事が決まっている事がわかります。

人はそれぞれ、思うところや環境が違うと思いますので、項目や記入方法は自分なりにアレンジしてよりしっくりと来るようにしてください。一番大切な事は今のあなたの気持ちとその人生年表がリンクしている事です。しっくりと来ていれば問題ないですが、なにかちがうなあと思うようでしたらそう思わなくなるまで何度でも書き直してください。