ペンに対して衝撃(ショック)を感じたのはおそらくこのペリッカーノジュニアが初めてであったと思います。ほんとうに千数百円で買える幸せです。これを買った理由はとても単純で、知り合いの人が手にいれたがっていたから買っておいたのです。もともと生産国のドイツでは小学生や初めてペンを持つような子供たちが使う事を前提に作られているようで、指の置き位置が決まっていたり、少し軸が太いのが特徴なのかもしれません。