1. HOME
  2. ライクワーク
  3. GOODS
  4. 兄は戦争によって2度殺される 火垂るの墓
GOODS

兄は戦争によって2度殺される 火垂るの墓

GOODS

7

アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)昭和20年9月21日、神戸・三宮駅構内で浮浪児の清太が死んだ。虱だらけの腹巻きの中にあったドロップの缶。その缶を駅員が暗がりに投げると、栄養失調で死んだ四歳の妹、節子の白い骨がころげ、蛍があわただしくとびかった―浮浪児兄妹の餓死までを独自の文体で印象深く描いた『火垂るの墓』、そして『アメリカひじき』の直木賞受賞の二作をはじめ、著者の作家的原点を示す6編。