1. HOME
  2. ライフワーク
  3. SOGOODS
  4. 海中の光、子供と絵具で自由に描く
SOGOODS

海中の光、子供と絵具で自由に描く

SOGOODS

68

新太と僕の始めての水彩画。独創的な色使いで茶色く濃くなることを全然厭わない。これでもか!というほど一箇所で筆を動かして紙の質感が出てもなんのその。驚いたのは、出来上がって乾燥させた後一人でマスキングテープを使い窓に全部貼り付けたこと。

そして、太陽の光で後ろから光が入ると妙に絵が生き生きして独特の世界観が出たのです。何も考えずにぺったんした僕と、一心不乱に塗りたくった新太の絵がどうしようもないのではなくて、また一つ新しい発見をさせてくれたことに感謝の気持ちなのでした。

後ろから日が射すと、海の中の景色のような気がした。点々が岩場なのか魚なのかはよくわからないけど、生きているような雰囲気を醸し出したのでした。

美嶺ちゃんもお兄ちゃんの作品いいわね〜という感じで鑑賞していました。