1. HOME
  2. お気に入り / fav!
  3. 人生のヒント集
  4. 全てが運命で決まっていて、何も変えることはできないと主張する人でさえ、道路を渡るときには左右を確認する
人生のヒント集

全てが運命で決まっていて、何も変えることはできないと主張する人でさえ、道路を渡るときには左右を確認する

人生のヒント集

22

“I have noticed that even people who claim everything is predetermined and that we can do nothing to change it, look before they cross the road.” 

[“Black Holes and Baby Universes and Other Essays,” 1994]

ある日、「博士と彼女のセオリー」という映画をみた。”エディ・レッドメインが著名な科学者スティーヴン・ホーキング博士を演じ、称賛を浴びた。かつては若く健康で活動的だったスティーヴン。21歳の時、彼はケンブリッジ大学の学生であるジェーン・ワイルド(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちるが、時を同じくして余命宣告を受ける。ジェーンの献身的な支えを受け、スティーヴンは意欲的に研究に打ち込む。その内容は彼にとってまさに貴重なもの、時間についてだった。2人は力を合わせて絶望的な状況に立ち向かい、誰にも想像できなかった偉業を成し遂げる。© 2014 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.という内容の映画だったが、面白かった。誰かから言われた「余命2年」。それでさえ、病よりも大きな問題を抱えた人は、運命という身勝手さを相手にしなかったのだ。 生きて死ぬということは決まっていたとしても、だから全てが無意味だということには決してならない。神様という存在があったとして仮に運命を全て決めていたとしても、誰かに可能性の限界を決められるということにはならないのだ。

On free will

On free will

こんにちは、SOです。SOGOODS.NET(ソーグッズドットネット)は僕が高校生の時から、ひっそりと続く超ロングランの個人ホームページです。

 

時には趣味の作品を並べたり。時には自分のお気に入りを共有する。もっぱら小さい我が子のお世話をする2回目の育児休業を取得中のお父さん。果たしてその実態は!?